• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,912アクセス

失敗しないアクセントカラー・アクセントクロスの選び方

坂田夏水さん_画像 第6話

こんにちは。いよいよ関東も梅雨入り。傘が手放せない季節となって参りましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 夏水組の坂田です。
今日は、アクセントカラー・アクセントクロスについて少しお話ししてみようと思います。

ここ数年で、賃貸物件でもリビングなどの1面にアクセントクロスや、アクセントペイントが施工されている物件をよく見かけるようになりました。好みの壁紙や、塗装色を選べる物件も少しずつ増えてきましたね。

そんな中、物件によっては、「 どうしてこの色に…! 」という悲劇のアクセントカラー物件もたまに見掛けます・・・。今回はいくつかのポイントに分けて、インテリアにおけるアクセントの選び方をお伝えします。

■ Point1:どんな方が住むのか、そのペルソナをしっかりとイメージしてアクセントを選びましょう。

例えば、単身のビジネスマンが多い地域で、ワンルームマンションの1面をかわいいピンクをアクセントカラーにするよりは、女子大近くの物件でそのアクセントにする方が需要がありますよね。

これは極端な話になりますが、その建物がどんな人から必要とされるか、それを立地や建物の状態から判断し、「 ペルソナ 」を定めることはとても重要です。

ここに住む人はどんな人だろう、趣味は何だろう。職業は…? 等、ぜひ考えてみましょう。今までよりもきっと、アクセントを考えやすくなりますよ。



ここはキッチンのタイルとクロスの色合いを合わせて仕上げました。可愛いものが大好きな若い女性のハートをがっちりとつかむコーディネートに仕上がっています。



こちらは全体的に暖色系でまとめた事例。コーラル系のオレンジがアクセントとなっています。この色は、フリュイドメールという色。暖かい朱の色を基調とした柔らかな色が特徴です。ピンクだと少し照れくさい大人女子も、この色ならすんなり受け入れられるかもしれません。



■ PointA 小さなサンプルから色を選ぶなら想像している色より少しだけ濃い色を選びましょう。

色味は小さなサンプルで見るよりも、実際に貼った後の方が薄く感じるものです。これは色の面積効果によるものですが、小さなサンプルでちょうどよく感じた色は、実際に大きな面積に貼ると、想像よりも少し薄く感じられます。

アクセントとするならば、イメージよりも少しだけ濃い色を選びましょう。これがアクセントをイメージ通りに効かせるポイントです。



こちらがグリーンの壁紙を貼り終えた写真。



さて、この中のどれを実際に貼っているでしょうか? 正解は、一番右側のクロス。ローズマリーです。写真の映りにもよりますが、実際にこのくらいの色の見え方に違いがあります。大きな面積になればなるほど、色は明るく見えるのです。

■ PointB 色による効果を活用しましょう。

貼る場所によってアクセントの色を考えてみましょう。色の効果には様々なものがあります。例えば深いブルーは、心を穏やかに静める効果があると言われています。

書斎の一面に貼ると、集中力が増して、いつもよりデスクワークもはかどるかもしれませんね。ファミリー向けのダイニングには、明るくご飯がおいしく感じる暖色系を、リビングにはリラックス効果のあるグリーンを。



生活感をあまり出したくない男性向けワンルームのアクセントならば、モノトーンで仕上げるのもおすすめです。



■ PointC 色を複数色入れるなら、原色ではなく少しくすんだ色を。

ひとつ前の項目で色による効果をお話ししましたが、だからと言ってすべての部屋をいろんな色柄・テイストのアクセントにしてしまうと、まとまらず、どこかちぐはぐなお部屋になってしまいます。

特に原色などのはっきりとした色は多色使いには注意が必要。どれも主張が激しくて疲れる部屋になってしまってはせっかくのアクセントも台無しですね。初めてのアクセントカラーの場合は、原色はやめて、少しくすみがかったものなどにするのをおすすめします。



彩度が大きく変わらない色同士だと、色合わせもしやすく、違和感なくあわせられます。今回ご紹介した色味の塗料は、壁紙屋本舗からの購入も可能です。
http://item.rakuten.co.jp/kabegamiyahonpo/rkpk-tn-orn-5/



今回はアクセントカラーについてお知らせいたしましたがいかがでしたでしょうか? 沢山の色や、壁紙の中からアクセントを選ぶ際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 坂田夏水(さかたなつみ)さん

夏水さん

公式HP:夏水組
ネットショップ:MATERIAL

株式会社夏水組 代表
不動産投資家

□ 経歴

1980年生まれ

2004年
武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。
アトリエ系設計事務所、工務店、不動産会社勤務

2008年
夏水組設立

内装デザインのみならず不動産企画やコンサルティング業務、DIY商品企画、雑貨店GONGRIや飲食店LEMONNEのプロデュース等、女性特有のデザインが注目を 集めている。

□ 主な著書

『夏水組の パリ 風手作りインテリア』
(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

『夏水組インテリア・コレクション』
(けやき出版)

夏水さん

『夏水組の「家デコ」レシピ』
(学研パブリッシング)

夏水さん

『リフォーム&インテリア アイディアBOOK』(KADOKAWAメディアファクトリー)

夏水さん

ページの
トップへ