• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,583アクセス

サラリーマン大家さんが「手取りを増やす」ための給与明細の見方とアクション

西野浩樹_画像 第2話

健美家不動産投資コラム

こんにちは、波乗りニーノこと西野浩樹です。今回は、給料明細の見方と仕組みを理解し、可処分所得を増やす方法を紹介します。

お金に関する情報というと、オフェンス( お金を増やす )の記事が圧倒的多数を占めますが、サラリーマン投資家にとっては、それ以上にディフェンス( お金を減らさない )が大切です。そして、ディフェンスの強化に活用したいものの代表が、「 給与明細 」です。

サラリーマンの多くは、これまで給与明細の見方を勉強する機会はなかったと思います。そんな人に言いたいのは、ぜひ、自分の給与明細を読み解いて、手取りが増えるための方法を模索してほしいということです。



■ 必死で働いて給料を増やしても、手残りはそれほど増えないという現実

日本の国家は、「 源泉徴収 」というシステムを使い、会社に社会保険料などを計算させて差し引いたものの残りを、給料として社員に支払います。サラリーマンは通常、その内容が書いてある給与明細を毎月、決まった日にもらえます。

( 最近の企業ではペーパーレス化が進み、明細ですらWEB管理する会社も増えてきて給与明細書もなくなりつつあります。)

新入社員の時は、総支給額と控除額と差し引き支給額を見比べて、手取りの少なさにショックを受けるものです。ところが、段々と総支給額と差し引き支給額しか見ないようになり、最終的には、差し引き支給額以外は気にしないようになっていきます。

例外として、昇給した時は、「 差し引き支給額の増加 」を期待して、久しぶりに給与明細を見ることになります。しかし、実際には支給額は増えません。なぜなら、昇給分と同じかそれ以上に、控除額合計が増えているからです。



ただがむしゃらに働いて、給料を上げても、手残りはほとんど増えないのが、日本のサラリーマンの実情なのです。まず、その事実を知りましょう。

■ 給与明細の控除額とは何か?

この、差し引き支給額を減らす、「 控除 」の正体とは、何なんでしょう? まず、直接税( 所得税、住民税 )と社会保険料( 厚生年金、健康保険、介護保険、雇用保険 )があります。

ここで一つ目のポイントです。直接税である所得税と住民税は、サラリーマンの「 課税所得 」に対して課税されます。そして、課税所得は、「 収入金額 」と、「 そこからいくら差し引かれたか 」で決まります。

例えば、収入金額( 年収 )が1,000万円の人が2人いたとして、Aさんの課税所得が600万円で、Bさんの課税所得が195万円だった場合、同じ収入金額( 年収 )1,000万円でもAさんの方が所得税も住民税も多くなります。

なぜ、AさんとBさんの課税所得に違いがでたのしょうか? その答えは「 控除 」を使ったかどうか、にあります。では、控除とは何でしょうか?

控除とは、特定の条件を満たすともらえるクーポン券みたいなものです。居酒屋でクーポン券を使うと、割引等があり、通常よりも財布に残るお金が増えますよね。それと同じで、「 控除 」を使うと、「 同じ給料で手取りを増やす 」ことができるのです。



■ 課税所得を下げるにどうすればいいの?

では、どうしたら「 控除 」を活用して、課税所得を下げることができるのでしょうか?

まず、サラリーマンには、「 給与所得控除 」というものがあり、これは、ほぼ全員がすでに引かれています。この金額を自分でいじることはできません。



ポイントは、それとは別の「 14項目の所得控除 」にあります。その14項目を最大限に使うことができれば、課税所得を下げられるのです。

この控除は、併用することが可能です。ですから、なるべくたくさん使ったほうがお得です。所得控除とは大別すると、@保険料に関するもの、A社会的立場を是正するためのもの、B家族に関するもの、Cその他のもの、に分かれます。



@保険料に関する控除

・社会保険料控除 
国民健康保険料や国民年金保険料、後期高齢者医療保険料、介護保険料

・小規模企業共済等掛金控除
小規模企業共済法で定められた掛金がある場合に適用される控除( 該当するサラリーマン大家さんもいそうです )

・生命保険料控除
生命保険料や介護医療保険料、個人年金保険料を支払った場合に適用( 使っていないならぜひ使いましょう )

・地震保険料控除
地震保険料や( 旧 )長期損害保険料の支払いがある場合に適用( 自宅の保険に付帯されている場合は是非使いましょう )

A社会的立場を是正するための控除

・寡婦・寡夫控除
シングルマザーとシングルファザーに適用されます

・勤労学生控除
働いている学生に適用されます

・障害者控除
あなた自身だけでなく、条件に当てはまる配偶者や扶養親族に障害がある場合にも適用されます

B家族に関する控除

・配偶者控除
配偶者が控除対象=扶養内である場合に適用されます

・配偶者特別控除
配偶者が控除対象外となってしまった場合でも、所得金額に応じて税金が優遇される控除です

・扶養控除
あなたの収入で生活している家族や親戚が、控除対象である場合に適用されます

Cその他

・基礎控除
収入がある人であれば、誰でも適用されます

・雑損控除
災害や盗難、横領などによって資産に損害を受けた場合に適用されます( 今年の台風での自宅の災害も対象です。罹災証明書を取っておきましょう

・医療費控除
支払った医療費が一定金額以上の場合に適用されます( 去年からセルフメディケーション税制によって病院に通っていなくても対象になります )

・寄付金控除
ふるさと納税など、寄附金控除に該当する寄付金を支払った場合に適用されます



■「 損益通算 」はサラリーマン大家の伝家の宝刀

普通のサラリーマンなら、上の14項目の控除( クーポン券 )で終わりです。しかし、サラリーマン不動産投資家には「 損益通算 」という伝家の宝刀( クーポン券と併用できる割引券のようなもの )があります。

損益通算とは、所得の黒字( 給与所得の黒字 )と赤字( 不動産所得の赤字 )を相殺する計算のことです。損益通算が認められている所得は事業所得、不動産所得、総合課税の譲渡所得、山林所得の4つだけです。これは大きな魅力といえます。

使い方ですが、例えば、個人の不動産所得の確定申告をして減価償却費をたくさん取ったため、赤字になったとします。この、実際は出ていかない減価償却による赤字を活用することで、課税所得を圧縮して手取り額を増やすことが可能となります。

( 余談ですが、不動産所得の赤字となると融資に響きそうですが、減価償却による赤字の場合は、実際のお金が出ていかない経費のため、融資には響きません )。

ただし、ここでも注意点があって、「 住宅ローン控除 」という税額控除を受けていて、所得税と住民税をほとんど払っていない人は、そもそも税金を払っていないので、損益通算すると住宅ローン控除を受けられなくなります。そこはきちんと計算してください。

■ 源泉徴収制度を勉強することは、資本主義の奴隷から抜け出す第一歩

そもそも、源泉徴収制度とはナチスドイツのヒットラーが考えた国民を無知にして奴隷化するための政策です。きちんと勉強しないと資本主義の奴隷にされてしまいます。

給与明細を読み込んで、今まで控除できていなかったものを控除していきましょう。控除を使えば、可処分所得は確実に増えます。( まれに、給与明細が間違っていることもありますので、しっかりとチェックしてください )。

「 可処分所得( 自由に使えるお金 )を増やす 」ことが目的で不動産投資を始めたサラリーマン大家さんは多いはず。物件や収入を増やすことばかりに邁進するのではなく、サラリーマン収入の手残りを増やすという作業にも、ぜひ取り組んでほしいと思います。

支出を伴わずに収入アップができるのですから、やらない理由はありませんよ。
健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)



不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝⇒前後編
西野さんのblog
Facebook西野浩樹

■西野浩樹さんのプロフィール

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア
家賃収入は約4,400万円、全体の返済比率は約45%

■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み


□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)


□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)


□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)


□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)


彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)


彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内のアパートが完成予定(8室)





ページの
トップへ