• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,020アクセス

自主管理する物件と管理会社に任せる物件を分ける基準。自主管理をしていてよかったこと。

西野浩樹_画像 西野浩樹 第32話

2021/4/18 掲載

皆さんこんにちは!波乗りニーノです。繁忙期が終わりましたね。今年は20室の退去( 既存物件 )と3部屋の空室( 新規物件 )を抱え、一時は130室中23室が空室という空室緊急事態宣言発動状態でした。

しかし、終わってみれば3月末に退去した一部屋を除き22室の入居が決まりました。空室の23室中15室が管理会社を入れている物件で、8室が自主管理物件でした。自主管理物件では入退去の立ち合いが必要になりました。

■ 自主管理をする物件とそうでない物件の分け方

自主管理物件は、戸建て9戸とアパート4棟( 29室 )で、合計で38室あります。トータルでは130室所有していますので、僕の物件の約30%が自主管理物件という事になります。

戸建は、すべて自主管理です。理由は、管理する手間がほとんどなく、入退去も少ないため、自主管理でも時間がとられず管理料分、お得だからです。ほとんどが法人契約で、入金が遅れたり滞納したりすることも滅多にありません。

アパートの方は、滋賀県の自宅からチャリで5分以内に駆けつけられる物件を自主管理しています。お家賃の4%から6%程度で管理してくれるなら丸投げしたほうが良いという考えもあ...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 西野浩樹さん(波乗りニーノ)


不動産投資家、ファイナンシャルプランナー
滋賀県彦根市在住
妻と息子二人の4人家族

大家列伝「前編・後編」
ブログ:波乗りニーノさんのブログ
Facebook:西野浩樹


■ 経歴

□1973年
石川県金沢市に誕生

流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得

□2007年
社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
その後、新築を中心に物件を買い進める

□2017年
長年勤めた流通系の企業をセミリタイア


■所有物件

□2007年
富山市内にアパートを新築(7室)売却済み
物件-1

□2008年
富山市内にアパートを新築(6室)
物件-2

□2009年
富山市内に借家を新築(2棟)
物件-3

□2010年
富山市内に借家を新築(2棟)
物件-4

□2011年
中古戸建購入

□2014年
富山市内にアパートを新築(8室)
物件-5

□2016年
彦根市内に中古アパート購入(8室)

□2017年
富山市内にアパ―トを新築(10室)
物件-6

彦根市内に中古アパートを購入(8室)

彦根市内にアパートを新築(8室)
物件-7

彦根市内に中古戸建購入

□2018年
彦根市内にアパートを新築(8室)
物件-8  物件-9

□2019年
アパートを2棟新築(10室×2)
物件-10  物件-11

□2020年
アパートを新築(12室)
物件-12

□2021年
満室家賃年収約8,500万円、返済比率は45%

ページの
トップへ