• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

出口戦略ってどうやるの? 3つの売り時と3種類の売り方。

西野浩樹_画像 西野浩樹 第34話 著者のプロフィールを見る

2021/6/16 掲載

いよいよウッドショックの影響が自分の周りにも出始めました。着工済みの分の木材は確保できているそうですが、来年用のプランについての見積もりが出てきません。9月以降の木材の輸入がどうなるか、分からないため見積もりが出せないそうです。

購入した古家を解体してアパートを建てるつもりですが、土地として売りに出すか、利回りが低くなっても木造以外で新築することを考えないといけないかもしれません。その時に利回りが何%ならやるのか等、経営者としての判断が求められます。手腕が問われそうです。

■ 出口を考えていますか?

さて、不動産投資には入口と出口があります。物件の購入は入口であり、運用後に売却するのが出口です。不動産投資を事業として安定的に続けていくためには、タイミングを見計らって売却することが必要です。

売却のパターンには、資産の組み換えなど、自分の事業の都合で売りに出す自分要因と、融資が緩くなって物件価格が高くなったタイミングに手放すといった外的要因の2つがあると思います。

1番良いのは、自分の事業の都合で売却したいときに市場の売買価格が高くなっていることです。不動産売買では、ほとんどの人がローンを使います...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

西野浩樹(波乗りニーノ)さん

西野浩樹(波乗りニーノ)さんにしのひろき

FPと簿記1級の資格を持つ不動産投資家・西野浩樹さんが、知らないと損をする社会とお金の仕組みについて紹介します。

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □1973年
    石川県金沢市に誕生
    流通系会社で労働組合の書記長として、組合員たちの相談に乗る中で、お金の知識の必要性を感じ、ファイナンシャルプランナーの資格を取得
  • □2007年
    社宅について調査する中で、富山市の土地値の安さと家賃の高さの歪みに気づき、富山市内で不動産投資をスタート
    その後、新築を中心に物件を買い進める
  • □2017年
    長年勤めた流通系の企業をセミリタイア
不動産投資歴
  • □2007年
    富山市内にアパートを新築(7室)売却済み
  • □2008年
    富山市内にアパートを新築(6室)
  • □2009年
    富山市内に借家を新築(2棟)
  • □2010年
    富山市内に借家を新築(2棟)
  • □2011年
    中古戸建購入
  • □2014年
    富山市内にアパートを新築(8室)
  • □2016年
    彦根市内に中古アパート購入(8室)
  • □2017年
    富山市内にアパ―トを新築(10室)
    彦根市内に中古アパートを購入(8室)
    彦根市内にアパートを新築(8室)
    彦根市内に中古戸建購入
  • □2018年
    彦根市内にアパートを新築(8室)
  • □2019年
    アパートを2棟新築(10室×2)
  • □2020年
    アパートを新築(12室)
  • □2021年
    満室家賃年収約8,500万円、返済比率は45%

閉じる

ページの
トップへ