• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,631アクセス

融資を受けやすい立地とそうでない立地

岡元公夫さん_画像 岡元公夫さん 第90話

2016/6/20 掲載

大家が地震に備える方法として、前々回のpart1で「 地震保険 」、前回のpart2で広いエリアとしての「 立地 」について解説しました。

今回は、実際に物件とその隣接地の狭い範囲での「 立地 」について解説します。私が、物件を取得検討する際に、狭い範囲での立地で気を付けている点は次の2点です。

@隣接建物との間合い
A傾斜地かどうか


特に気を付けているのは、「 隣接建物との間合い 」です。なぜなら、駅からの距離や区分マンションだった場合の共用部と同様に、自分の思うとおりに改善することができないからです。

私が現在所有している物件でもあるのですが、同じ物件の同じ階で、ある部屋は窓から手を伸ばせば隣の建物の壁面に届き、室内も暗い部屋があります。対して別の部屋は道路に面しており、眺望が開け、陽当たりも良いです。どちらの部屋が、入居希望者に人気があるか言うまでもありませんね。

また、隣接物件と密集していると火災の延焼リスクがあります。最近では4月に起きた新宿ゴールデン街の火災が思い出されます。狭い路地奥に木造建物が密集していて思うように消火ができず、次々と延焼していきました。

大震災の時は、なおさらです。...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 岡元公夫さん

岡元さん

岡元公夫さんのブログ

年はアラフォー。
亡き父と2代続けての元メガバンカー。
銀行員時代は、東証一部上場の大手不動産会社から 個人の大家さんまで、融資主体に幅広く担当。 実家は祖父の代からの小規模ながらの大家さん。

■ 経歴

□2004年
実家の跡を継ぎ、東京城北エリアでマンション・アパート・戸建を取得開始。

□2008年2月
不動産賃貸業の修行の為、不動産開発・運営会社に転職し、プロパティマネジメントの責任者となる。

□2009年10月
不動産収入が年間6千万円ほどになり、デッドクロスもクリアできる目途がついたことから、サラリーマンを卒業。

□2011年
東京エステートバンク株式会社(東京房屋®)を設立。国内・台湾・中国の投資家・会社経営者の方にコンサルティングを行っている。

■ 所有物件

□築35年RCマンション
 1LDK×4戸、2K×8戸

□築20年RCマンション
 1R×10戸

□築13年鉄骨マンション
 2LDK×6戸、2DK×6戸

□築5年木造アパート
 1R×5戸、2DK×2戸

□登記上築52年(実態は新築同様)
 木造戸建 2LDK×1戸

□区分所有マンション 2LDK×1戸
  合計 45戸

□駐車場12台
 バイクガレージ26台

H22/9に築古戸建1戸取得
H23/9に築古戸建1戸取得
現在、料理中

■ 保有資格

・宅地建物取引主任者
・ファイナンシャルプランナー
・その他生損保等金融関連諸々

■ 税理士試験科目合格
 (簿・財・相・固)


ページの
トップへ