• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

「出刃包丁で傷害事件」+「盗電事件」+「全裸・木刀で奇声を上げ徘徊」〜これ同じ入居者の話です〜

ぺんたさん_画像 ぺんたさん 第82話 著者のプロフィールを見る

2022/9/5 掲載

こんにちは、ぺんたです。
本格的に規模を拡大し始めてもう8年以上になりますが、その間いろんな事件に直面しました。幸いまだ孤独死には遭っていませんが、これまでで最もヘビー級だった事例を今回はご紹介します。

■ 脚を骨折して生活保護に

ある単身アパートで生活保護者が入居申込をしたという話が来ました。うちはアパートによっては生活保護者を受け入れていますがその際、

・高齢の身寄りのない方
・精神障害者手帳を持つ方

は基本的にお断りしています。前者は孤独死されたときに大家の負担が重すぎるからであり、後者は奇声を上げたり暴れたりされると他の入居者にご迷惑がかかるからです。

本当はそういう恐れのない軽度な精神障害者は受け入れてあげたいのですが、役所が病名や症状を一切開示してくれないので精神障害者手帳の有無だけで判断せざるを得ません。なんとかならないものでしょうか…。

申し込んで来たかたは60歳前後の男性。精神障害者ではないということです。「 どうして生活保護に?? 」と仲介業者さんに質問しました。

すると、「 職人さんなのですが事故で両足を骨折されて就業不能になったため生活保護を受けておられます。内見時にお会いしましたが穏やかな方ですよ 」ということだったので入居に同意しました。

■ 傷害事件の被害者に・・・

最初の事件はその方が入居されてほどなくして起こりました。ある日管理会社さんから電話があり、「 あの生活保護の方が刺されて警察沙汰になっています 」というのです。

耳を疑いました。詳しく経緯を伺うと、その入居者さんには彼女さんがおられたようで、その方が犯人とのこと。玄関のスペアキーを彼女に渡していたそうです。

事件のあった日の真夜中に、彼女さんがお部屋にやってきてチャイムを鳴らしても応答がない…、スペアキーを使って入室し、寝ている入居者を揺り起こすも目を覚まさない…。

そこでたぶん腹を立てたのでしょうね。何を思ったか、キッチンから出刃包丁を取り出し、寝ている入居者さんの腹を刺したという信じられない経緯でした。

いや〜、私の想像を遙かに超えてぶっ飛んだ彼女さんです。目を覚まさせるために水をぶっかけるのならばまだしも、いきなり腹を刺すとは異常な行動です。



幸い入居者さんの命に別状はなく、彼女さんは警察にお縄になりました。この事件では入居者さんは傷害事件の被害者ですので当然ペナルティを課すわけにはいきません。

■ うるさいと苦情が来るように

傷害事件が一段落したころ、同じアパートの方から「 あの人がうるさいのでなんとかして欲しい 」と苦情が来るようになりました。どうやら大酒呑みの方らしく、酔うと大声を上げたり真夜中に歌を唄ったりしていたようです。

この時は管理会社さん経由で注意してもらったのですが、またしばらくした頃、管理会社さんから連絡がありました。

「 あの方、入居以来一度も賃料を払っていないそうです。保証会社が立ち退き訴訟をやるそうなので同意書と委任状にハンコをいただけないでしょうか? 」

もちろん、すぐに捺印しました。実はご入居の際、生活保護費から直収するように指示していたのですが、保証会社さんの方針で直収はしないということだったんです。

「 ほら、言わんこっちゃない... 」と思いましたが、こちらの腹は痛みませんので保証会社さんにお任せしました。そして、ちょうどこのころ、このアパートを売却しました。

購入した時には空室率50%だった物件を満室でお引き渡し出来ましたし、なにかとお騒がせなこの入居者も立ち退き手続きに入るので、すべて丸く収まると思っていました。

■ 今度は入居者本人が逮捕

無事に売却できたものの、「 あのおっちゃん、近所迷惑になっていないかな〜? 」と気になっていたので、管理会社さんに立ち寄った際に近況を聞いてみました。すると、「 実は先日警察に逮捕されました… 」と言います。

「 お隣の部屋の給湯器コンセントから電気を長期間盗んでいたそうなんです 」


(※画像はイメージです)

お隣の部屋の方が「 最近、どうも電気代が高いな… 」と思って調べたところ、給湯器のコンセントから延長ケーブルが隣りの部屋に伸びているのを発見。この入居者さんがお隣の電気を盗んでいたのです。窃盗罪で警察に拘留されたとのこと。

普通、生活保護者は最低限度の生活が営めるようお金を支給されているのでこんなことをしなくても電気は契約できるのですが、何らかの理由で電気の供給を止められていたそうです。

詳しくはわかりませんがもしかしたら生活保護費をパチンコやギャンブルなどで散財してしまっていたのかもしれません。「 買主さんに迷惑をかけてしまって申し訳ないな… 」と思っておりました。

■ ご近所の恐怖の的に

警察の拘留は短期間で終わり、お部屋に戻ってこられました。この頃から夜中に大声を上げる行動がエスカレートしていきました。

大酒を呑んでも以前は室内に留まっていたのですが、徐々に共用廊下に出るようになったそうです。しかもどういうわけか全裸です。同じアパートの方が注意すると追いかけ回す始末。何度も警察が出動したそうです。

そのうちに木刀を持ってアパート外の道路にも出るようになりました。真夜中に全裸で木刀を持った男性が徘徊していたら恐怖でしかありません。

アパート住民の方や近隣の自治会からも、「 あの男をなんとか退去させて欲しい 」と再三の要請があったそうです。

そのうち裁判所の強制執行が行われることになったものの、当日になって執行官がビビってしまい一方的に執行を延期。再度の強制執行を経てようやく退去となりました。

■ アルコール依存症は精神疾患だけど・・・

飲酒でこのようなトラブルを起こすということはアルコール依存症の疑いが強いですが、アルコール依存は立派な精神疾患で、精神障害者手帳の交付対象になっています。

ではなぜ、この方は精神障害者手帳を持っていなかったのでしょうか?

これは後で分かったのですが、アルコール依存症は確定診断を受けてから一定期間経過しなければ精神障害者手帳は交付されない仕組みになっているそうです。たぶんその経過期間中に骨折してしまったので一般的な生活保護を受けていたと思われます。

私が「 精神障害者手帳を持っている方の入居をお断りしている… 」と書くと、血も涙もない因業大家のように思われる方もいるかもしれません。

しかし、精神障害の詳しい病状を開示してもらえない以上、大家としては他の入居者さんの生活を守るためにも、そうせざるを得ない現状があるのです。

■ メンタルをやられないために

私が本格的に大家業をはじめてから8年以上たちますが、こういうヘビー級の入居者に出くわしたのは初めてです。

今回はアルコール依存症の生活保護者のエピソードでしたが、上場企業にお勤めの方や公務員といった外形的にちゃんとしてそうな方でも、トラブルを起こすことはあります。やたら神経質だったり、威圧的だったりする人がいますもんね…。

そういう多様な入居者に大家さんが直接応対していると、メンタルをやられてしまって経営意欲をなくしてしまいかねません。実際そういう話をちらほら耳にします。

大家さんの中には、管理会社に対して、

「 管理会社はなんにもせずに管理料だけ取って、とんでもない存在だ 」
「 自主管理に切り替えるつもりだ 」

という方がいらっしゃいますが、私自身は管理会社さんというのは必須の存在だと思っています。

実際、今回のヘビー級入居者についても私や買主さんはほとんど何もやっておらず、すべて管理会社さんにご対応いただきました。( 本当に感謝しています )

日々の管理や入居付けで不満を漏らすことの多い私ですが、入居者へのクレーム対応だけでも管理委託する意味が十分あると思っております(^^ )

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

ぺんたさん

ぺんたさんぺんた

不動産賃貸業
平日は物件のある山口県、週末は家族のいる福岡県在住
家族は妻と二人の息子

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □1966年
    福岡県北九州市で誕生
  • □1989年
    大阪大学人間科学部卒業
    東京の大手電機メーカーに就職
  • □2000年
    3才の長男に発達障害があることがわかり、妻と「この子が20才になるまでにファミリービジネスを作っておこう」と決める
  • □2005年
    義両親の介護のために長年勤めた会社を退社し、福岡へUターン
    退職金で生活しながら、義両親の介護と長男の療育の体制を整える
    そののち、福岡市内の球団に就職する
  • □2009年
    福岡の球団を辞め、東京に単身赴任
    数社の事業再生にかかわり全て業績改善を達成
  • □2014年
    不動産賃貸業で起業(サラリーマンを卒業)
  • □2015年
    物件のある山口県と家族の住む福岡県の二重生活を始める
不動産投資歴
  • □2000年
    『金持ち父さん・貧乏父さん』を読み、不動産投資に興味を持つ
  • □2004年
    千葉県九十九里に中古アパートを購入するも空室が続き、持ち出し状態に
  • □2007年
    千葉県九十九里のアパートを売却し、いったん撤退
  • □2008年〜
    福岡の区分マンションを現金で購入
    福岡の中古戸建を現金で購入
    千葉県山武市の中古戸建を現金で購入
  • □2012年
    福岡県内に2LDK×8戸で1,150万円の中古木造アパートを購入(利回り29%)
  • □2013年
    岐阜県恵那市に3DK×16戸で4,000万円の中古RCマンションを購入(利回り24%)
  • □2014年
    不動産賃貸業で起業。サラリーマン時代の経験を活かし、空室の多い物件の再生に的を絞る。

    岐阜県恵那市に3DK×12戸の中古S造マンションを購入(利回り21%)

    三重県松阪市に1R×40戸で1億円の中古RCマンションを購入(利回り17%)
  • □2015年
    山口県宇部市に中古S造アパ―トを初購入(利回り27%)
    平日は宇部市、週末は福岡県という二重生活がスタート
  • □2016年〜
    山口県宇部市で物件を買い進める
    恵那市の2棟のマンションと松阪市のマンションを売却し、山口県を主戦場と決める
  • □2022年
    山口県宇部市でドミナント化を進め、所有物件22棟・217室はすべて宇部市で購入。
    満室時の家賃年収は1億2,000万円程度。借入れは約8億円(返済比率38%)

閉じる

ページの
トップへ