• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

管理会社の経営を通してわかった「できる大家さんの特徴」

大家のプーさん_画像 大家のプーさん 第6話 著者のプロフィールを見る

2021/12/30 掲載

私、大家のプーさんの連載6回目をご覧頂き、ありがとうございます! 今回は、「 管理業務を通して気がついた、不動産の失敗パターン( 前編 )」をテーマに、お話をさせて頂きます。

■ 管理会社の経営を通してわかった「 できる大家さんの特徴 」

管理会社を経営しているときに感じた「 できる大家さん 」の特徴は、「結論を出すのが早いこと」です。結論が早いというのは、「 良い回答の結論が早い 」ということだけではありません。「 悪い回答 」であっても同じです。

投げられたボールに対して、「 ちょっと考えさせてください 」という明確な理由のない保留の状態を作り、それが長引くと、「 判断力がない/判断スピードが遅い 」大家さんであると思われます。

とはいえ、瞬時に答えが出ない事もあるでしょう。その時は「 回答期日の目途 」と「 今、回答を保留にする理由 」を共有しましょう。とにかく、結論が早いことが重要ですし、結論が出ない場合は、「 状況共有を随時すること 」が大切です。

これは大家さんに限った話ではなく、ビジネスマンとしても必要な資質だと思います。良い回答は早いけれど、悪い回答は遅くなったり、保留になったり...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

大家のプーさん

大家のプーさんおおやのぷーさん

専業大家
宅建士
横浜在住、家族は妻と二人の娘

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • ■ 主な経歴

    □1988年
    東京都に生まれる

    15才~22才まで音楽に明け暮れる

    好きな事だけして生きていきたいとずっと思っていた

    □2010年(22才)
    大学卒業後、お金について学ぶため金融機関に就職

    □2013年(25才)
    不動産投資について学ぶため、収益不動産を扱う不動産会社に転職

    主に不動産仕入の営業マンとして働く

    やり方がわかったところで自分自身も不動産投資を始める

    □2016年(27才)
    収益物件専門の仲介・買取会社を起業

    相談を受けた不動産投資家が失敗して自殺したことにショックを受ける

    □2018年(30才)
    管理会社を起業
    地方の不動産会社の会社役員等を兼務
    業者としての売買・仲介実績が100億円を超える

    □2019年(31才) プライベートカンパニー以外を全て清算
    専業大家となる

    □2020年(32才)
    SNSやセミナー等で情報発信を始める

    □2021年(33才)
    北関東を中心に、保有資産を大幅に追加

    □2022年1月時点
    家賃CFは約3,000万円
    借入は公庫の無担保枠約1,700万円のみ
    長期保有は、北関東のアパート、戸建に特化

閉じる

ページの
トップへ