• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,287アクセス

家賃年収1.1億円、自動車販売業を営む下山綾さんが不動産投資を始めた理由【第1回】

その道のプロ/下山綾さん_画像 その道のプロ/下山綾さん

2021/8/4 掲載

はじめまして、札幌市で車両販売事業と不動産賃貸業を行っている下山綾と申します。今回は全3回に分けて、「 大家さんのための賢い車の買い方 」について、皆さんにお伝えできればと思います。初回は私の自己紹介をさせていただきます。

■ 新車ディーラーを経て経営者に

私は現在、北海道で車両販売会社の役員を務め、札幌市内で「 BRIDGE 」という車両販売店3店舗の代表をしています。また、自分の会社以外にも複数の会社の役員や社外取締役を務めています。

不動産賃貸業も行っており、現在の投資規模は13棟147室で借入残高は11.8億円、満室時家賃収入は1.1億円、返済比率は47.7%です。

BRIDGEロゴ
BRIDGEロゴ

生まれも育ちも札幌で、車が好きなので新車ディーラーの営業職として、10年間の勤め人を経験しました。10年目でトップセールスになり、退職後2012年の春に1店舗目を開店しました。

不動産賃貸業を始めたのは、それから1年後の2013年です。会社を辞めたことで、収入面を安定させたい目的があったためです。影響を受けたのは祖父の存在。祖父は床屋を経営しており、それを辞めたタイミングで4室の木造アパートを購入しました。

月に約20万円の家賃収入と僅かながらの国民年金で、誰にも迷惑をかけずに101歳まで生きました。持ち家もあり、昔の人なので、それで十分暮らしていけたのだと思います。祖父は物件に非常に愛着を持っており、「 またやるの?」というくらい、よく屋根や壁を塗装していました。

祖父の晩年は、何も知識がないながらも私が祖父に代わって管理会社さんとやり取りをしていました。そういったこともあり、家賃収入は身近なもので、これが20万円ではなく、10倍、20倍あれば豊かに暮らせるなと漠然と感じていました。

所有物件は、新築/中古、RC/木造と様々ですが、直近の2〜3年は新築RCを中心に増やしています。投資エリアはほとんどが札幌で、釧路にも2棟木造アパートを保有しています。仕事の関係で年に2〜3回行く機会があり、なじみがあったためです。

今年竣工したマンション
今年竣工したマンション

新車ディーラーの会社を退職してから1年後に不動産賃貸業を開始しましたが、問題なく融資が付きました。おそらくですが、新車ディーラーから同じ自動車販売業への転身でしたので、キャリアアップとして見てくれていたのだと思います。

「 退職は怖くなかった?」と訊かれますが、怖かったです。しかし、北海道のカーディーラーで1,000万円プレイヤーは数えるほどもおらず、年収の天井を感じていました。もちろん大変なこともありましたが、自分のしたことに全く後悔はありません。

■ お金のために働いてしまうと、スタッフに対して余裕がなくなる

先ほど、リスクヘッジとして不動産賃貸業を始めたと書きました。しかし、もう一つ理由があります。お金のために自動車販売業を運営するとなると、自分がスタッフに対して余裕がなくなるだろうと危惧したためです。

スタッフのみなさんは、売上に応じて自分の収入が変わります。今の状況で車が売れなかったら困るのはスタッフ自身です。代表である私は、営業スタッフがどうすれば売れるようになるかアドバイスをするだけです。その時は、ある程度ですが客観的な視点で話をすることができます。

もし、自分の生活を会社からの売り上げ一つに頼っていたら、「 なぜ車が売れないんだ?」と感情的になってしまうかもしれません。しかし実際は、不動産収入という本業とは別のキャッシュポイントがあるので、気持ちに余裕があるのです。

所有物件-1 所有物件-2
所有物件

■ スタッフに対して最大限の敬意を持って接する

現在、札幌には3店舗あり、私が全ての代表を務めています。「 すごく忙しいのでは?」と言われますが、基本的に場所や時間を拘束されることはありません。現場を回すのは営業本部長で、彼が3店舗の店長の統括をしています。そして、店長が各店舗のスタッフをまとめるといった組織体制です。

スタッフへの指導は各店の店長がしており、各店長が困っていることについては本部長が相談に乗ります。私は毎日、本部長とは用事があってもなくても連絡をとりあい、現場に行かなくても起こっていることを把握できるようにしています。

私自らが店舗のスタッフに何か特別なことを依頼したり、ましてや叱ったりすることは一度もありません。私がやるのは、彼らの仕事のいいところを見て、ほめることくらいです。この体制を作り、それがうまく回るようになるまでは、採用を含めて色々とがんばりました。おかげで今があります。

経営のモットーは、人にやさしくすることです。人にされて嫌なことはしない、言われて嫌なことは言わないようにしています。逆に、自分がされたいことを先に行い、人にされてうれしいことを人にできるようにということを心がけています。

「 場所も時間も拘束されないなら、毎日、何をしているの?」と思う方もいるかもしれません。最近はゴルフをしていることも多いです

ゴルフは大好きです。それだけでなく、このゴルフ場での交流が仕事にも生きています。ゴルフの話になると長くなりそうなので、初回の自己紹介はこれで終わりにさせていただきます。次回は本題である、「 大家さんのための賢い車の買い方 」を紹介します。

プロフィール

■ 下山綾(しもやまりょう)さん

下山綾さん

BRIDGE札幌 代表
東部ダイハツ株式会社 常務執行役員
モデナスポーツカーズ株式会社 社外取締役
株式会社ブルーエステート 代表取締役
株式会社ブリッジエステート 代表取締役


■ 経歴

□1978年
北海道札幌市生まれ
スキーとサーフィンとバンドと車の学生時代を過ごす

□2001年 トヨタディーラー入社

□2012年
ディーラーを11年勤め退社、ジョイカル下手稲通り店開店

□2013年
任意売却の自宅近所木造アパートを購入し、不動産賃貸業開始

□2014年
株式会社ブルーエステート設立、代表取締役に就任
ジョイカル西宮の沢店開店

□2018年
モデナスポーツカーズ株式会社 社外取締役に就任

□2019年
ジョイカル石山通り店開店

□2020年
ジョイカル札幌3店舗の屋号をBRIDGEへ変更
株式会社ブリッジエステート設立、代表取締役に就任

□2021年
満室家賃年収1.1億円、返済比率約48%

ページの
トップへ