• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,224アクセス

空室を「じゃらん」に掲載する方法。旅館業はセミリタイア後の生きがい。

その道のプロ/三浦弘人さん_画像

■ 満室アパートの「 3倍儲かる 」旅館業の面白さ

旅館業の魅力は、宿探しの検索サイトに自分の部屋を掲載できることです。アパートなら、空室が出たら、仲介会社にお願いして空室の入居者募集を行いますが、旅館業は検索サイトに登録して、自分で直接、お客さんをとりこむことができるのです。

しかし、私は具体的にどうしたらよいのかがわかりませんでした。そこで、管理会社の社長に相談したところ、「 じゃらん 」「 楽天トラベル 」をすすめられました。

那覇市の商業地域にあるアパートの空室が埋まらなかったため、用途変更してホテルにした大家さんが、「 じゃらん 」と「 楽天トラベル 」に掲載してうまくいっているというのです。
早速、じゃらんの営業担当者に電話で相談し、部屋を見てもらいました。



商談の中で一番感心したのは、掲載費用が無料ということです。「 じゃらん 」は、じゃらん経由の宿泊が成立する事で手数料を得るというビジネスモデルで成り立っています。

そのため、じゃらんの営業担当者の方も自分たちの手数料収入をアップさせるために、私の部屋の特長や料金設定、アピール方法を一緒に考えてくれます。おかげで、素人が自己流で旅館業をスタートするのとは全然違う、プロならではのアドバイスをもらえました。

当初は、「 お部屋がアパートの一室だと、旅行会社の人に何か言われないだろうか? 」「 宿泊に来た旅行者が、宿がアパートで驚いてしまったらどうしよう・・・ と心配をしましたが、まったく問題はありませんでした。

宿探しをする人たちの条件はさまざまです。「 安い宿 」、「 目的地近く 」といった検索基準で、自分の目的に合致した部屋を選んで予約を入れます。それがアパートの1室であっても、事前に納得して予約しているので、文句は出ないのです。

担当者の力を借りて、空室を掲載してもらうと、いきなり多くの宿泊予約メールが届きました。専用ページを見れば、何名で、誰が、いくらで泊まるのかが一目瞭然。空室の数やキャンセルも常に把握できます。「 じゃらん 」の利用者は日本人が多いので、言葉の心配もありません。

そのうち、レビューが入り始めました。そして、驚くべきことがおこりました。「 普通の宿と違って過ごしやすい 」、「 洗濯機や電子レンジが嬉しい設備 」など、高い評価をいただき、じゃらんの「 沖縄・10室以内の宿 」の人気ランキングで2位になったのです。



今では数多くのリピーターもおり、クチコミによる宿泊客が利用してくれる自慢の部屋になりました。

■ 利益アップとセミリタイア後の楽しみに

「 旅館業を取得した 」という話をすると、「 面倒ではないですか? 」と質問されます。私は、旅館業を単なる利益アップのためだけでなく、セミリタイア後の楽しみとしてやっている部分もあるため、「 アパートよりは忙しいけれど、面白いですよ 」と答えています。

それに、1泊のお客さんばかりでなく、3泊から5泊の宿泊者もいますので、業務に追われる感じはありません。ただし、正直なところ遠隔地でアパート経営をしている方には不向きといえます。

鍵の受け渡しや、掃除やメール対応といった作業は、誰かがやらなければいけないからです。( どうしてもやりたい場合は、代行業者や現地の知人にお願いする方法もあります )。



やってみて手ごたえを感じたら、家族での経営や、支配人を育成してお任せするなどの道も広がります。地域の親しい大家仲間とスタッフを共有するなどの工夫をすれば、従来のアパート経営と同じくお任せの状態にすることも可能です。

管理会社に相談してみるのも一案です。アパートの場合、入居者クレームの対応や集金管理、建物の清掃などを家賃の5%前後でお願いしているのが通常だと思います。それにいくらかプラスすることで、旅館業の運営を手伝ってくれる管理会社もあると思います。

余談ですが、私が力を貸してもらっている不動産会社は、旅館業に用途変更させたワンルームマンションをたくさん預かっていて、運営を代行しています。推定で300戸はあるのではないでしょうか。「 詳細を教えて 」といったのですが、教えてもらえませんでした( 笑 )。

アパートを旅館業に用途変更する大家が増えたことが、地元の人材の活用( 清掃スタッフや問い合わせ対応のスタッフなど )につながり、結果的に、不動産会社にとっても新たなビジネスとなっているのです。



■ 住宅街でも「 ゲストルーム 」としてのニーズがある

住宅街だから無理、と考える人もいますが、その近くに住んでいる人が、友人や家族が泊まりにくるときの「 ゲストルーム 」として使いたいというニーズがあるかもしれません。最初から、諦めてしまうのはもったいないと思います。

楽しく取り組むことは、人生でもアパート経営においても、とても大切なことだと思います。そして今、私はお客さんからレビューをもらうのが楽しみで、ワクワクしながら旅館業に取り組んでいます。

皆さんも、マンネリ化している賃貸業界に風穴を開けられるアイデアとして、この旅館業を検討してみてはいかがでしょうか。

最後に、ひとつ宣伝させてください。私の経験をまとめた書籍『 満室の3倍儲かる非常識な投資法 』が2月に出版されました。アパートを用途変更して旅館業許可証をもらい、堂々と宿泊料をもらうノウハウを紹介しています。



また、賃貸経営で成功するためのポイント、セミリタイアを果たすために実行したこと、マンスリーマンションの運営についても紹介しています。よろしければご覧ください。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 三浦弘人(みうらひろとさん)

miurasan

不動産賃貸業
沖縄在住。妻と子供2人の4人家族。

■ 経歴

□1966年
東京都江戸川区生まれ

□1989年(22才)
都内の大手カツラメーカーにカウンセラー営業として就職

□1996年(29才)
沖縄県那覇市へ転勤になる

□1997年(30才)
沖縄で出会った女性と結婚

□2000年(34才)
大手ハウスメーカーの沖縄支店に転職
仕事を通じて空室を出さない賃貸経営術を学ぶ

□2004年9月(38才)
RC造3階建てを新築
1LDK×9戸、利回り7.7%(一括借り上げ)



□2007年3月(41才)
RC造4階建てを新築
1LDK×16戸、利回り10.1%



□2010年9月(43才)
RC造4階建てを新築
1LDK×8戸(売却)、利回り8.4%

□2012年3月(45才)
RC造4階建てを新築
1K×15戸+店舗2戸、利回り11.3%



□2012年4月(45才)
ハウスメーカーを退社し、セミリタイア生活を始める

□2014年1月(47才)
RC造6階建てを新築
1K×15戸+店舗1戸、利回り11%





□2015年12月(48才)
RC造6階建て(完成予定)
1K×10戸+店舗1戸、利回り11%予定。

完成からすべての物件で空室はほぼゼロ(常時満室経営)
平成26年度の不動産収入は約6,500万円
借入金額は約8.5億円、時価総額は約13億円(自己試算)

■著書


満室の3倍儲かる非常識な投資法――手取り1800万円らくらく稼ぐ合法的裏ワザ

↑今回のコラムに書いたマンスリーマンションや旅館業のことを詳しく紹介した内容です。

ページの
トップへ