• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

19,960アクセス

節税するための確定申告の作り方

その道のプロ/渡邊浩滋さん_画像 その道のプロ/渡邊浩滋さん

2014/2/22 掲載

こんにちは。大家さん専門税理士の渡邊浩滋です。大家さんの確定申告について、知っておいてもらいたいことや知らないと損をすることを3回にわたって書いていきます。

第1回目:「 お尋ね 」されない確定申告の書き方
第2回目は、「 節税するための確定申告の作り方 」です。

誰もが節税をしたいと考えていると思いますが、やみくもに経費を使うのも経営としては上手くありませんし、明らかに経費にならないものを入れたりするのは、脱税です。では、どのように節税をしたらよいのでしょうか?

節税の方法は大きく3つあります。

1.経費を上手く使う

不動産所得で支出が大きくなりがちなのは、リフォームや設備費用です。しかし、この支出も、その区分によってはその年の経費にならない場合がよくあります。

まず、修繕のための支出は「 資本的支出 」と「 修繕費 」に区分しなければいけません。資本的支出とは、価値が上がるような修繕などで、資産に計上し、耐用年数で減価償却していかなければなりません。一方、修繕費は、現状回復のための修繕などで、その年に一括で経費にしていきます。

「 資本的支出 」か「 修繕費 」かの判断は難しいところがありますが...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

渡邊浩滋(わたなべこうじ)さん

渡辺税理士

税理士・司法書士・大家
渡邊浩滋総合事務所代表

ブログ「がけっぷち大家の挑戦」
メルマガ『大家さんのための超簡単!青色申告』「読者用メルマガ」
※メルマガでの税務相談は3月末まで無料

■ 経歴

大学在学中に司法書士試験に合格

大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当

商社を退職後、税理士試験に合格
その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する

資産税専門の税理士法人に勤務する

2011年12月、独立開業

2011年、「行動する大家さんの会」を設立

2013年、「一般社団法人節税大家さんの青色申告会」代表理事就任

資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演等、幅広い分野で活動中

■ 著書


「大家さんのための超簡単!青色申告」


「税理士が教える 節税Q&A」

ページの
トップへ