• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

11,110アクセス

後編:毎月40万円の持ち出し! ピンチから一転、「外国人向け賃貸業」という天職を見つけたアンロック伏見さん

不動産投資-大家列伝/アンロック伏見さん_画像


昨日の前編に続き、1棟目の物件で毎月40万円以上の持ち出しというピンチを体験したアンロック伏見さんに登場いただきます。不動産投資を始めて2年でセミリタイアを決意した理由、現在取り組んでいる「 外国人向け賃貸業 」の話、これから不動産投資を始める人へのメッセージなどをうかがいました。


■ 高利回りの2棟目と3棟目を満室にして、脱サラ起業

華子
月に40万円以上の持ち出しがあった1棟目を満室にした後、短期間で次の物件を買われたそうですね。2棟目、3棟目について教えてください。


アンロック伏見さん
2棟目は群馬県足利市にある4,800万円の20世帯の中古マンションで、利回りは15.75%です。築38年ですが、RC造で固定資産評価が7,000万円近くあったので、某公的金融機関で融資を受けられました。プロパンガス会社の変更や、設備の故障など、最初はトラブルもありましたが、満室で運営できています。



3棟目は、千葉県東金市の木造アパート。2DK×4戸と1DK×6戸の全10世帯で、指値が通って2,950万円で買いました。築24年ですが、利回りは14%以上あり、19年の融資を受けられました。



この2棟が満室になった後で、1棟目で融資を受けたS銀行に交渉をして、金利ダウンに成功しました。金額が大きいので、少しの金利でも手残りが大きく変わってきます。3棟すべてが安定したところで、会社を辞めました。

華子
脱サラ・起業を決めたのは、何かきっかけがあったのですか?


アンロック伏見さん
日本に住む外国人向けのビジネスをやりたいという目標ができたからです。実は、2棟目のマンションに複数の外国人が住んでいたのですが、彼らから「 仲間が住むところがない 」という話を聞き、外国人を積極的に受け入れるようになりました。

外国人なら誰でもOKなわけではなく、全員の顔を見て、約束を守れないような人は断っています。ただ、ほとんどの人はマジメで、家賃の遅れもありません。それなのに、地方に外国人の住めるまともな部屋がないという現実をなんとかしたい、と思ったんです。




■ 地方では外国人の住むまともな家がないという現実

華子
東京では海外の方も歓迎という部屋が増えていますが、地方ではまだ保守的な大家さんが多いのでしょうか。


アンロック伏見さん
はい。以前、ある外国人カップルの引越しを手伝ったのですが、前の家は山の上なのに駐車場がなく、エントランスのガラスも割れたひどい状態でした。リフォームもクリーニングもほとんどされていない状態で入居したそうです。ようやく見つけた住居がそこしかなかったと聞いて、驚きました。

こんな状態では、日本は外国人に選ばれない国になってしまいます。アジアの多くの人は、本当はオーストラリアに住みたいと言います。入居者の一人は、オーストラリアは「 Living Country 」、日本は「 Business Country 」と話していました。

オーストラリアのビザが下りず、仕方なく日本に来ているということです。そんな彼らがまず目指すのが東京。しかし、学生だと希望した場所の学校のビザが下りないケースも多いので、結果的にビザのおりやすい学校がある地方に住むことになります。

それでも、彼らの多くは、自分を受け入れてくれた町で勉強したり、技術を身につけるという夢を持ってやってきます。それなのに、まともな家に住めないなんて、残念です。若い女性が、汚い部屋を紹介されて泣いたという話も聞きました。

華子
大家業を通じた人助けですね。


アンロック伏見さん
いえいえ、お金をもらっていますし、そんな立派なものではありません。ただ、このやり方で成功したいという気持ちはあります。

自分の物件では受け入れができる数に限界があるので、最近は、人の物件を借り上げて、外国人に紹介するということも始めました。転貸も入れると、全部で50人くらいの外国人に部屋を貸しています。

例えば、3万円で部屋を借り上げて、外国人に3万7,000円で貸すという格好です。家具家電や火災保険もこちらで負担するので、初期費用に6万円ほどかかりますが、地方ではどこも「 住居困難者 」の外国人が多いので、入居募集には困りません。

ちなみに、足利の物件は、これまで仲介会社を通して入った人はおらず、全員が紹介です。その足利市では約3割が空室と言われ、困っている大家さんが多くいます。一方で、外国人は部屋を借りられない。その間に自分が入ることで、両方にメリットが生まれます。

このビジネスが成功してマネをしてくれる人が増えれば、夢を持って日本を訪れる外国人も増えるでしょう。地元の大家さんにも、マネをしてほしいと思っています。




■ 外国人向け賃貸は、会員制ビジネスのようなもの

華子
印象的なエピソードがあれば教えてください。


アンロック伏見さん
スリランカ人の留学生から、サンフランシスコ平和条約が締結されたとき、スリランカの大統領が「 この戦争で悪い人はいない 」と日本の味方をしてくれたという話を教えてもらいました。スリランカ人はみな知っている事実なのに、自分は彼らのことを何も知らないことを恥ずかしく思いました。

今、スリランカ、バングラデシュ、インド、ベトナム、ペルーの方が住んでいます。年齢は主に20〜35才くらいで留学生も社会人もいます。日本は外国人観光客を増やすのに必死ですが、すでに日本に来てくれている外国人に対しても、やるべきことがあるように感じています。

華子
もともと、外国の方と縁があったのですか?


アンロック伏見さん
外国は好きです。今まで、25カ国以上を訪問しましたし、家族も自分以外は海外に住んだ経験があるので、実家にも外国人が出入りしていました。だから、親しみを感じるのかもしれません。

引越しを手伝ったり、彼らの部屋で飲み会をしたり、僕は普通の付き合いをしているつもりですが、「 お前みたいな日本人は初めてだ 」と言われます。ただ、さっきも言いましたが、ボランティアではありません。

入居者に、中古車が欲しいといわれて探したり、店を開きたいといわれて代わりにオーナーと交渉したりと、次々と仕事を頼まれますが、彼らとは対等な気持ちでいます。「 貧困ビジネス 」は絶対にやりません。自分では、会員制ビジネスのようなものだと思っています。




■ 苦労もしたけれど、大家業は自分の天職

華子
今後の目標を教えてください。


アンロック伏見さん
繰り返しになりますが、海外から日本に来てくれる方が快適に生活できる環境を作りたいです。数年先の夢としては、優秀な外国人と一緒に仕事をして、収入を上げていけたら嬉しいです。

日本で学び、自分の国で起業する若者に投資するのも面白いと思います。外国人向けのポータルサイトを作って、部屋や仕事を紹介したいという気持ちもあります。

それと、最近は自分の経験を大家さん向けに話す機会も増えてきました。失敗談が中心ですが( 笑 )、どんな形でも人の役に立てれば嬉しいです。この仕事が天職だと感じているので、サラリーマンに戻る気はありません

会社員の頃と違い、今の仕事はどんなに忙しくても体が動くんです。北関東や東海地方など、外国人の多いエリアで物件を探しているのですが、嬉しいことに、地方でも私の活動を面白いと思って支援してくれる人が出てくるようになりました。

華子
これから不動産投資を始めたいという人に、メッセージをお願いします。


アンロック伏見さん
不動産投資を始めて2年の間に、様々な苦労もしましたし、この先も何があるわかりません。でも、自分の経験上、不動産投資をすることで新しい世界が開けたので、サラリーマンの方にはやってみることをおすすめします。

リスクもありますが、動いた分だけ成果が得られるので、やりがいは大きいです。ただし、不動産投資は、買うまでは投資でも、買った後は実業です。今後、人口が減っていく中で成功するには、実業のマインドを持つことが大事だと思います。

それと、失敗した私がいうのも何ですが、最初から大きな借金をするのはキケン。最初は小さな規模から始め、自分らしいやり方を見つけていくのがいいのではないでしょうか。


華子の編集後記
外国人向け賃貸業の話となると、目を輝かせて、様々なエピソードや今後の計画を話してくださるアンロック伏見さん。入口は厳しいものでしたが、今では不動産投資を「天職」と感じているといいます。人生って面白いですね。全国の外国人向け賃貸業に興味のある方は、伏見さんに連絡をとってみてはいかがでしょうか。アジアから日本を訪れる外国人たちに対するイメージが変わると思いますよ。


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ アンロック伏見(あんろっくふしみ)さん

fushimisan

不動産起業家
都内在住
アンロック伏見さんのブログ
http://unlockit.co.jp/ja/blog/fushimi/

伏見さんも参加するFBの勉強会
地方高利回り絶対主義グループ

■ 経歴

□197X年
東京都生まれ、3人兄弟の末っ子として、ぬくぬくと育つ

□199X年
1年浪人した後、北関東のとある大学に入学。寮のぼろさとバスの運賃が距離に応じて変わること、方言が全く理解できないことにカルチャーショックを受ける

□200X年(20代前半)
外資系コンピュータメーカーにSEとして就職。外資なので外人と働くのかとおもいきや、先輩上司の80%が関西人。突っ込まれキャラとなる。世間知らずのため苦労するが、何故か偉い人とお姉さまに可愛がられる

□200X年(20代後半)
体調を崩し同社を退社。留学でもしようかと思っていたが、知り合いのプロジェクトを手伝うように依頼を受け、イスラエル製ソフトウェアの日本総代理店立ち上げ業務をフリーランスで受ける

□200X年(30代前半)
会社の本業が傾いたため、クビを切られる。フリーで仕事をする難しさを知り、同時に海外関連の仕事をしたかったため、サラリーマンに戻る

海外関連の仕事をする予定が、なぜか当時立ち上がったiPhoneアプリを作ってくれという依頼を受ける。新規事業で人が足りなく、企画、マーケティング、営業、開発プロジェクトマネージャ等々面倒くさいことすべてを引き受けてしまう

□200X年
担当したアプリがApp Storeの年間売上ランキング1位に輝くが、本人も会社もその価値に全く気が付かず。。。(今で言うと、パズドラなどと同じポジション)

同時に、アジア圏のスマホサービスの立ち上げ、構築に携わる。会社で亜流の仕事を引き受けてばかりいたため、いつしか“イロモノ担当”の評価を受ける

□2013年(30代後半)
とある金融セミナーで33才ですでにセミリタイアしている人に出会い衝撃を受ける。その人が不動産投資を行っていたことから、大家業に興味をもつ

□2014年
宇都宮市にマンション一棟を購入、大家業開始、いきなり毎月40万円の持ち出しとなり、貯金が激減して落ち込む

不動産賃貸業界が「マーケティング」をほとんどやっていないことに衝撃を覚える。IT業界で学んだマーケティングを賃貸経営に生かし、無事に満室へ。収支もプラスになる

足利市にマンション一棟を購入 、同市は空室率30%以上にも関わらず、外国人が住居を見つけるのにとても難儀している状況を知り、強い違和感を覚える

□2015年
体調を崩したことを期に、会社勤めが向いていないことをサラリーマン15年目でようやく気が付く。同時に、宇都宮で感じた衝撃や、足利で感じた違和感に立ち向かうため、サラリーマンを卒業し、起業を決意する

東金市にアパート一棟を購入

地方外国人向け賃貸業・不動産賃貸マーケティングコンサルティングを行うアンロック合同会社を設立

■ 所有物件の概略

2014年
栃木県宇都宮市 RC 1K×58戸 11.6%

2014年
栃木県足利市 RC 2DK/3DK×20戸 15.75%

2015年
千葉県東金市 木造 1DK/2DK×10戸 14.6%

■海外から帰国できない!
 旅先で困った出来事ベスト3

1位:オランダで2ユーロしか持ち金がなくなった(20代前半)

夏休みのヨーロッパ一人旅中、帰国直前にアムステルダムのスキポール空港行きの電車の中で置引きされ、パスポートや飛行機チケット、現金、クレジットカードなど貴重品の一切を盗難される

ポケットにある2ユーロが全財産となり、帰国できない状態になる。この時の現地警察や大使館の対応で、国家はあてにならないことに気がつく

2位:9.11テロの際のシリコンバレー滞在(20代前半)

勤めていた会社の本社がシリコンバレーにあったため、新入社員研修で滞在していたところ、9.11テロが発生する

朝、CNNを漫然と眺めていて飛行機がビルに突っ込むシーンで映画の宣伝だと思い込んでいたが、研修に参加していたアメリカ人の同僚が泣き叫んでいるのを見て、事態を初めて把握した

西海岸だったため、無事帰国する

3位:アイスランドの火山噴火(30代前半)

ヨーロッパ出張中、アイスランドの火山が噴火し、ヨーロッパの空中に舞う火山灰の影響で飛行機が飛べなくなり、帰国できなくなる

当時、いち早く南回りの帰国ルートが開通したため、テルアビブに住むユダヤ人の友人のところに避難し、東南アジア経由でゆっくりと帰国する

当時の会社の上司、先輩、同僚に気の毒がられるが、本人は出張中に合理的な理由で休めると死海でプカプカ浮きながら密かに喜ぶ

ページの
トップへ