• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,211アクセス

【新連載】2億円大家のはじめの一歩。職場を変えても「お金の奴隷」のままだった過去。

防人レボリューションさん_画像 防人レボリューションさん 第1話

2020/9/18 掲載

皆様、こんにちは。今月からコラムを書かせていただく防人レボリューションです! 先月の失敗告白が好評だったそうで、今後は毎月、私の豊富な失敗談を書いていきますので、よろしくお願いします。

最初に、よく訊かれる名前の由来を紹介します。数年前、加藤ひろゆきさんから「 防人( さきもり )1号 」という名前を頂戴しました。そして去年、「 おかげ様で公務員(消防士)を卒業しました 」と報告に行くと、記念( ? )に「 防人レボリューション 」へと改名していただきましたw

次に、私の不動産投資について紹介します。2008年から不動産投資を始め、45棟596室を購入し、12棟144室を売却しました。現在は33棟452室を保有し、家賃年収は約2億6,000万円です。

これまでの売却益は3億円を超えています。昨年は6.5億を投資し、10棟121室を購入しました。勤め人を卒業した今年に入ってからも、8月末までで6.4億、4棟102室を購入しています。

今年買った102室の間取りは1Kロフト×14戸、2DK×20戸、3DK×40戸、3LDK×28戸。木造は1Kロフト×14戸の1棟だけで、残り3棟はRCのファミリー物件です。最近は立地を重視しています。

去年と一昨年に得た売却益の3億強の多くを、これらの頭金と購入後の大規模修繕に当てています。このあたりの話は過去に登場している大家列伝と失敗告白もご参照ください。

参照:大家列伝「前編・後編」
参照:失敗告白「前編・後編」


所有物件で壁が崩れた時の写真

■ 上司の働き方に希望を見いだせず消防士に転職

簡単に自己紹介をさせて頂きます。1974年生まれの団塊ジュニア世代。小さい頃から野球が好きで、小学校で主将、中学校で副主将を務めました。今も続けています。

高校生の頃は目立つのが嫌で、熱く一生懸命やる事をダサいと思って、全く情熱のない、死んだように生きている青年でしたw。他人の目や評価を気にして、失敗や傷つくことを極度に恐れた情けない男だったのですw

今思うと、中学2年生の時に3年生の最後の中体連で平凡なフライを落球し、1-0で負けた挫折を引きずっていたのかもしれません。高校時代も2年でレギュラーになったものの、すぐに怪我をして、不完全燃焼でした。

自業自得ですが、その時、何事にも情熱を持って挑戦しなかったのは、大人になってもずっと後悔していました。そのおかげもあり、今では、いくつになっても童心を忘れない、チャレンジ精神旺盛なオヤジになりましたw

高校時代は勉強も全くしなかったので、4流大学に入って、周りと同じようになんとなく就職活動をして、内定をもらったフォークリフトの会社に就職しました。そこでは営業職に就きました。

長時間労働、飛び込み営業、土曜日の仕事、全て嫌でした。50代の上司も同じ状況だったので、「 このままではうだつの上がらないサラリーマンとしてつまらない人生を送ることになる 」と思いました。

と同時に、「 これは自分が楽をしようと逃げてきた結果だ 」と反省し、「 人のために命を掛ける警察官か消防士になろう 」と決意。1日16時間勉強して20倍以上の倍率を突破し、消防士になりました。


管理がずさんでハトがベランダで卵を産んでいたマンション

■ 職場を変えても「お金の奴隷」のままだった

ところが、憧れの消防士になっても、見える景色は変わりませんでした。人命救助の仕事にはやりがいがあったものの、そうでない部分は勤め人と変わらなかったのです。

・予算を使い切るための仕事( 必死にやらないと出世できない )
・上司が考えたくだらない仕事( 必死にやらないと出世できない )
・市民のためではなく上司に怒られないための仕事( 必死にやらないと出世できない )
・出る杭にならないような振る舞い( 必死にやらないと出世できない )

出世なんてしなくていいじゃん、という人がいそうですが、当時の私は出世以外に収入を増やす方法を知りませんでした。そして、私にはお金が必要だったのです。

消防士の年収は500万円くらい。手取りだと約400万円でした。保険の営業マンに「 子供一人が成人するまでに2千万〜3千万円必要 」と言われて、「 うちは子供一人しか育てられないのか! 」とショックを受けました。

節約家だったので、私の給料を年に100万円、妻の給料はほぼ全額貯金していました。しかし、車を買ったり、家賃がもったいないと自宅マンションを買ったり、それに伴い家具家電などを新調したりしていたら、あっという間になくなりました。

節約している時も、「 好きな旅行もできず、美味しい外食にも行けず、何のために生きているんだろう 」と思っていました。何を見ても「 もったいない 」と感じ、お金を使えない人間になってしまっていました。

それなのに、貯めたお金さえも、すぐになくなってしまう…。お金じゃなくて、人のために働きたいと消防士になったのに、常にお金に振り回されている自分は「 お金の奴隷 」だと感じました。


主張が強すぎて共用部に掲示物が溢れている入居者が住む物件

■ 自宅を賃貸に出したのに入居が決まらない…

不動産投資を知る前の自分は、お金が欲しいと思いながらも、「 借金は悪 」「 お金持ちは悪いことをしているに違いない 」「 お金の話をするなんて卑しい事 」と思っていました。

その結果、節約しまくって、27歳( 2001年 )の時に購入した2,300万円のマイホーム( マンション )のローンを6〜7年で完済しました。そんなある日、同じ棟の別の部屋が13万円で賃貸されていることを知りました。

「 完済した部屋を貸し出せば、うちにも13万円が入ってくるのか! 」と思い、別の新築の家を買うことにしました。ところが、いざ、新居に引っ越して元自宅を賃貸に出しても、全く入居が決まりませんw

ローンがないとはいえ、管理費と修繕費で毎月2万円近く出て行きます。「 これはヤバい 」と焦りましたw。そこで、勉強のために図書館で「 アパート経営 」「 マンション経営 」などで検索して、本を借りました。

その時の1冊目の本が、加藤ひろゆきさんの「 ボロ物件でも高利回り、激安アパート経営 」でした。読み終わる頃には、「 オレも不動産投資をしよう 」と決めていました。

続けて、「 金持ち父さん・貧乏父さん 」を読み、衝撃を受けました。「 この中に書かれているラットレースって、そのまんま俺やん!俺、貧乏父さんになるやん! 」。自分の一生が見えた気がして恐怖さえ覚えました。

それ以来、不動産投資の勉強を続けています。その結果、家賃は2億円を超えました。あの時、「 一人しか育てられないのか! 」とショックを受けた子供は4人もいますw

■ 今も毎日が勉強、読書は脳の筋トレ

もちろん今も日々、勉強です。消防士の現役時代はベンチプレスを100kg挙げていました。筋肉はトレーニングしないと、すぐに筋力が低下します。寝たきりにでもなるとあっという間に骨と皮だけになります。

毎晩、晩酌しながらテレビを観るような生活をしていたら、脳みそも使い物にならなくなるように思います。今も脳の筋トレのイメージで本を読み、機会を作って尊敬できる人の話を聞くようにしています。

ちなみに、20年間の消防士時代は7年間は救急隊員で13年間は消防隊員でした。多くの凄惨な現場、悲しい現場を見ました。世の中に、あって当たり前のものは一つもありません。機会があればそんな話もできればと思います。


札幌で極東船長さんと

■ オンラインセミナーのお知らせ

9/22 (祝)の20時〜23時に、ニーノの部屋(健美家パートナーセミナー )でお話しさせていただきます。オンラインですので全国から参加いただけます。私がどうやって家賃年収2億6,000万円の大家になれたのか、興味のある方はお越しください。

詳細・申し込み
https://www.kenbiya.com/sm/ol/t-g/pt-2/dt_37968wzk/

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

プロフィール

■ 防人レボリューション(加藤ひろゆきさん命名)

sakimorir

□不動産投資家
□福岡在住
□家族は妻と子供4人と犬1匹
□趣味はゴルフ、野球、読書、犬と散歩、旅行、廃墟再生
Twitter @sakimorirevo

・大家列伝「前編・後編」
・失敗告白「前編・後編」



■ 経歴

□1974年
福岡市にて誕生
小中高校と野球部
大学以降も草野球や壮年ソフトボールで今なお現役

□1996年
大卒後、○ヨタフォークリフトに就職。
13〜15時間労働で月に6日しか休日がなく、利益至上主義の雰囲気や飛び込み営業の辛さに悩む。
50歳の上司が同じ仕事内容だったことが決め手となり、わずか9ヶ月で退職。

人の為に命を賭ける仕事がしたいと一念発起し、1日16時間勉強し、公務員試験を突破し、消防士となる。

□2007年
たまたま加藤ひろゆきさんの本を読み衝撃を受ける。
加藤さんが不動産投資をするきっかけとなったと紹介されていた「金持ち父さん貧乏父さん」を読み、自分は完全にラットレースの中にいると気づく。
このまま何も行動しないのが一番のリスクと思い、不動産投資を始めることを決意。

□2008年
新築木造アパートと築古木造アパートを購入

とにかく利回りの高い物件を求め、築古物件を年に2〜3棟のペースで購入し続ける

□2017年
極東船長に「売却せよ」とのアドバイスを受ける。
売却してみると2年で3億以上の売却益が入った。
高利回りシングル物件を売り、好立地のファミリー物件を購入するという次のフェーズへ。

□2019年3月
20年勤めた公務員(消防士)を退職

□2020年

2008年から始めて45棟596室購入、12棟144室売却
現在は33棟452室を所有、家賃年収2億6,000万円
返済比率51.5%

ページの
トップへ