• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,069アクセス

インフルエンサーという「扇動者(せんどうしゃ)」。サラリーマンを続けながら不動産を買うという道

斉藤国正さん_画像 斉藤国正さん 第16話

2019/8/19 掲載

私がTwitterの本格運用を開始して、1年以上が過ぎました。Twitterを始める以前は、ひっそりと誰にも見つからないようにサラリーマンと不動産投資をやっていましたが、現在はフォロワー数も約6,000となりました。

SNSに存在するインフルエンサーという扇動者


ところで、Twitterを開始してから、「 インフルエンサー 」という人種が存在することを知りました。インターネット、主にSNSで数万単位のフォロワーを要し、「 小規模なメディア 」とも言える影響力を持っているのが、このインフルエンサーです。

インフルエンサーの中には、「 サラリーマンをやめてフリーランスになろう 」と扇動する人たちがいます。不動産投資、株式投資、仮想通貨への投資を扇動する人の中にも「 不動産投資でサラリーマンを卒業しよう!」と扇動する人がいます。

そしてその言葉の裏には「 辛い 」サラリーマンをやめて「 楽な 」〇〇〇で生活をしよう。という隠しキーワードがあります。しかし、「 サラリーマン 」より「 フリーランス」 という働き方が上位というわけではありません。

「 サラリーマンの兼業大家 」よりも「 専業大家 」が上位というわけでもありません。また、フリーランスがサラリーマンよりも上位の価値があるわけでもありません。

共通しているのは「 どのように収入を得ているかを説明している 」こと。そもそも比較して上位下位の序列を作ること自体が無意味ですし、今の多様化の時代にあっては、「 個人の性格の多様性 」「 企業の多様化 」という組み合わせは天文学的数値となるでしょう。

インフルエンサーはなぜ扇動するのか?


それは「 インフルエンサー自身が利益を獲得するため 」です。Twitter上には様々な種類のインフルエンサーがおり、かれらが「 扇動 」即ち、あおる理由は「 自分が利益を獲得するため 」に他なりません。

例えば、仮想通貨への投機を扇動するインフルエンサーは、仮想通貨取引所から広告収入を得ています。自身も申し訳程度に投機していますが、インフルエンサーに煽られて、口座開設をする一般消費者1名ごとに〇〇万円と、仮想通貨取引所から広告収入を得ています。

転職をして年収を上げよう! というインフルエンサーもいます。

「 私は転職を繰り返して〇〇万円も年収を上げました! 」

と、転職を煽って、転職エージェントサイトに登録したら1名あたり〇〇万円という広告費を手に入れます。

サラリーマンを卒業して、ニートのような生活をしよう!と、扇動するインフルエンサーもいます。サラリーマンを卒業してブラブラするのがうらやましいか? ホラ、この情報を買って勉強すればサラリーマン卒業できますよ! と言って、情報商材を販売することで、利益を獲得します。

主に男性向けに「 異性にモテる 」ことを扇動するインフルエンサーもいます。異性とのコミュニケーション方法、外見の磨き方などのコンサルティングを販売して利益を獲得します。

それを言ったら広告宣伝自体が「 扇動 」ではないか?


まさに、私自身も「 サラリーマン兼不動産投資家 」というライフスタイルを扇動しています。あらゆる企業が売上高をUPさせるために、広告宣伝活動をしているわけですから、その全てを「 扇動 」の名の下に否定することはできません。

気をつけたいポイントは扇動者( インフルエンサー )がどうやってお金を稼ごうとしているのか? を見極めることだと思います。

誰もが憧れるようなライフスタイルの良い部分だけを「 情報 」として切り取って拡散させ、それに憧れた人を誘導して関連商品を売っているのがインフルエンサーだという事実を踏まえて、彼らをよくよく「観察」するべきだと思います。

無料セミナーの多くが、「 見込み客集め 」の手段であることもわかりきったことです。投資とは利益を獲得するための手段ですから、他社の利益になるように行動をしてはいけません。

不動産投資でも「 Win-Win 」と、きれいごとを言う人も多いですが、私が購入している中古物件のほとんどは、売り主が投資金額を大幅に下回る価格で売却した物件です。

お手々つないで、みんなで仲良く利益をあげましょう。というのは甘い考えだと言わざるを得ません。損をする側に回っては絶対にいけません。

主体的に動ける投資家になろう


扇動者( インフルエンサー )に影響されることなく、自己中心的に意思決定をしなければいけません。不動産をいつまで経っても買わない人の特徴は、

〇区分がいいと聞けば区分の話を聞く
〇アパートがいいと聞けばアパートを探す
〇新築物件が良いと聞けば新築を買うべくセミナーに参加
〇セルフリフォーム再生がいいと聞けばそっちに手を出そうとする

結局、扇動者の意見に振り回されて、何も決められず、不動産を1つも買うことができないまま、いたずらに時間を浪費する人がいます。

買うことができた場合でも、割高な新築物件のセールストークを鵜呑みにしたり、土地勘もない地方の物件を仲介業者に勧められるがままに高利のローンを組んで買わされてしまいます。

情報をそのまま飲み込むのではなく、「 自分で選択・判断を下して 」実行する。

これが一番大切なのです。「 有名でフォロワーが多い人がこう言っているからそうしよう 」。これでは単に何も考えずに盲従( もうじゅう )しているに過ぎません。1回2回はうまくいったとしても、いずれは失敗してしまうでしょう。

自分自身への戒めとして


実は私も「扇動」されやすい性格です。学生時代には「 人気の職業である 」弁護士を目指していました。これは「 社会的ステータス 」という、社会通念・常識からの「扇動」を受けた結果で、今思えば、そもそも私は弁護士に向いていない性格でした。

今では年収や社会的な評価ではなく、ストレスが低くてローンが組みやすい大企業に就職しておけばよかったと思っています。

不動産に関しても、シェアハウスブーム、地方RCオーバーローン、複数法人など、様々なブームがありました。今生き残っている人たちは「 ブームに乗った人 」ではありません。「 独自の投資スタイルを守りつつ、変化もしてきた人 」達ばかりです。

私も一昔前のオーバーローンでたくさん借りて光速でリタイア!!!!という時代の流れに乗って負債を拡大して、調子に乗ってサラリーマンを辞めていたら、今頃どんな苦境に立たされていたかも分かりません。

ローンを組めない状態からスタートして、都心中古ワンルーム、再建築不可都内物件と、少しずつ物件を増やしつつ、サラリーマンも一生懸命頑張ってきたからこそ、今では子供の教育費には全く心配がない程までに拡大できたのかもしれません。
 
最後に、「 正しい不動産投資 」は投資家の数だけあるのだと思います。私を含めた扇動者に煽られることなく、皆さん自身が「 俺( 私 )の不動産投資 」を実行して頂きたいと思います。

私もサラリーマン卒業というフレーズに惑わされずに、堅実に不動産投資を拡大していきます!

プロフィール

■ 斉藤国正(さいとうくにまさ)さん



千葉県在住
年齢:40才
職業:ファンド運用会社勤務、不動産投資家
家族:妻と息子3人(小学校5年、6歳、4歳)
家賃収入 約1,200万円 
給与収入 8桁で成績によって変動

ブログ:サラリーマンと不動産投資
Twitter :SAT(勤め人不動産投資家)


大家列伝:前編・後編

■ プロフィール

□1979年
岩手県住田町生まれ

□2002年
早稲田大学法学部を卒業し、司法浪人

□2005年3月
司法試験受験をあきらめて、サービサー(債権回収会社)へ入社(給与350万円)
債権回収の現場を体験する中で不動産投資を知る

□2006年11月
知人と会社を設立し、ダブルワークを開始(副業給与120万円)

□2007年11月 
結婚後の新居を購入。人生初の不動産購入

□2008年1月
結婚

□2009年2月
長男誕生

□2010年9月
勤務先が倒産し、同業の銀行子会社のサービサーへ転職(給与700万円)

□2013年1月
ヘッドハントされて現在のファンド運用会社へ転職(給与8桁)

□2014年8月
次男誕生、同時期に国税による税務調査を受け、修正申告、約450万円を納付

□2015年3月
三男誕生、妻が実家の不動産会社を継ぐためにサラリーマン退職

□2016年6月
給与+家賃収入で税率が最高税率に達し重税に耐え切れず法人を設立し、個人所有1件を残してすべての不動産を法人へ売却

■ 不動産投資に関する経歴

□2007年11月
高田馬場徒歩7分(旧自宅)区分購入
金額2,700万円
※メガバンクから住宅ローンとして2,900万円借入
面積:40.8u(壁芯)
賃料:136,000円
利回り(管理・積立金控除後):5%

□2008年9月
白山徒歩7分(都営三田線)区分購入
金額730万円
※メガバンクから妻名義で510万円借入
面積:14.2u(壁芯)
賃料:81,000円
利回り(管理・積立金控除後):13%

□2011年2月 
落合南長崎徒歩2分(都営大江戸線)区分購入
金額560万円
※現金で購入
面積:12.14u(壁芯)
賃料:55,000円
利回り(管理・積立金控除後):10%

□2012年9月
荻窪徒歩6分(JR線)区分購入
金額560万円
※現金で購入(友人から借入)
面積:14.46u(壁芯)
賃料:58,000円
利回り(管理・積立金控除後):10.5%
※2017年に900万円で売却

□2013年2月
千歳烏山徒歩6分(京王線)区分購入
金額450万円
※現金で購入(知人から借入)
面積:12.46u(壁芯)
賃料:50,000円
利回り(管理・積立金控除後):11%

□2014年1月
市川・本八幡徒歩12分(総武線)テラスハウス区分購入
金額530万円
※現金で購入
面積:27.90u(土地)、37.18u(建物)
賃料:60,000円
利回り:13%

□2015年1月
船橋法典徒歩8分(武蔵野線)テラスハウス区分購入
金額480万円
※現金で購入
面積:30.17u(土地)、42.16u(建物)
賃料:50,000円
利回り:12%

□2015年8月
地下鉄赤塚徒歩12分(有楽町線)戸建購入
金額700万円(再建築不可)
※現金で購入
賃料:95,000円
利回り:15%

□2016年1月
馬込沢徒歩15分(東武アーバンパークライン)戸建購入
金額380万円
※現金で購入
面積:66.11u(土地)、48.08u(建物)
賃料:45,000円
利回り:13%

□2017年8月
新小岩徒歩27分(総武線)アパート(3DK×3戸)
金額1,820万円(再建築不可)
※ノンバンクで1,880万円借入
面積:111.30u(土地)、130.18u(建物)
賃料:192,000円
利回り:12%

□2017年10月
馬橋 徒歩12分(常磐線)テラスハウス区分購入
金額560万円
※日本政策金融公庫で580万円借入
面積:710u(土地持分8%)、53.76u(建物)
賃料:57,000円
利回り:12%
⇒購入後火事になり、更地にして売却

□2018年3月
新小岩徒歩20分(総武線)戸建購入
金額775万円(再建築不可)
※700万円をノンバンクで借入
面積:35.63u、35.54u(建物)
賃料:80,000円
利回り:12%

□2018年3月
新小岩徒歩20分(総武線)戸建購入
金額730万円(再建築不可)
※640万円をノンバンクで借入
面積:40.23u、49.68u(建物)
賃料:75,000円
利回り:12%

□2018年8月
一之江駅徒歩22分(都営新宿線)戸建購入
金額750万円(再建築不可)
※750万円をノンバンクで借入
面積:29.76u、40.10u(建物)
賃料:75,000円
利回り:12%

□2019年3月
2018年8月に購入した戸建住宅(775万円)の隣の土地を購入
金額900万円(再建築不可が再建築「可」に) 1,000万円を公的金融機関で借入
面積:40.49u

□2019年8月現在 12棟14戸、更地1所有、家賃年収は約1,200万円
手残りは5割程

ページの
トップへ