• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,259アクセス

「不動産投資でFIRE!」というRPGが面白いのはゴールするまで

極東船長さん_画像 極東船長さん 第127話

2021/9/14 掲載

オイラが一年の中で一番好きな9月になりました。9月が好きなのは自分が生まれた月というのもあるのですが、別な理由もあって、それは60年以上住んだ根室の9月が最高だからです。

根室半島は寒流が一年中押し寄せてくる地形ですので春から夏にかけては海霧が多く発生し、そのせいで夏でもストーブをつけるほど寒い日もあります。快適な気候の土地柄とは言い難い場所です。

それが9月になると一変して海霧の発生が収まり、湿度が低く晴れの日が多くて快適で過ごしやすい毎日が続きます。地元で獲れる正に旬の花咲蟹や秋刀魚もたいへん美味しい。そんな時期が9月でありました。

9月生まれのオイラのテーマソングは43年前、オイラが20歳の頃に発表されたアース・ウィンド・&ファイアー( Earth, Wind & Fire )のSEPTEMBERという名曲なのですが、この曲はずーっと自分の為にあると思ってきました( 笑 )

この曲を聞くと20歳の頃の自分に戻れるのです。
皆さんにもそんな一曲がきっとありますよね?



そのアース・ウィンド&ファイアーの「FIRE」というワードが最近のトレンドです。本来とは別な意味を持つファイアー「 FIRE 」ですが、最近はメディアや健美家のコラム等( オイラも一度触れてますが )で目にすることが多くなりました。

オイラの世代でいう「 アーリーリタイア 」とか「 セミリタイア 」と同義かと思うのですが、波乗りニーノ君が細分化して説明している内容を見たら、オイラの感じているものとは世代間ギャップがあり、少し違う意味合いもあるのかなと感じました。

参照:サイドFIREのススメ。FIREを目指す人が不動産を買う前にできること

若いFIREを批判する人も多いようです。事業の売却・株式投資・不動産投資等で成功し、30代でFIREという「 若隠居 」状態の若者は世間から見たら羨望の的です。一生働き続けなければならない状態の人から嫉妬や妬みを受けるのは仕方のないことかもしれません。

格差社会はますます広がっていきますから、成功者はひっそりと暮らさなければ無用なトラブルの種をまくことになるかもしれません。( ネットでの情報発信は個人情報を特定されない細心の注意も必要でしょう )

■ 何をしていいのか分からない症候群

不動産投資で「 FIRE 」をすることをどうとらえるか、価値観やそれによって何を得たいのかは人それぞれです。オイラが「 FIRE 」の価値を一言で表すとしたら、「 選択の自由 」という事になります。

しかし、言葉遊びになってしまいますが全てにおいて自由な人など存在しません。どんな人も必ず自由とバランスするように別な何か( 対価 )が天秤の片方にぶら下がってバランスしています。その「 別な何か 」をプラスに捉えられれば幸福と感じ、マイナスに捉えれば不幸と感じるように思います。

これも人によりますが、月に50万円を自由に使えるようになるなど、“あるレベル”になると資産規模やキャッシュフローの増加では幸福度は増加しなくなります。それに見合う何かを同時に増やしていかなければつまらない人生になってしまいます。

それは物よりも心の領域になってくるでしょう。投資と人生は時にシンクロし、時にパラレルで同時に時間を進むものかと思います。投資に、そして人生に、迷いつつも楽しむことは可能ではないでしょうか。

30代などの若い年齢でFIREしてしばらく時間が経過すると、「 達成感 」の反動からなのか、「 何をしていいのか分からない症候群 」に襲われることもあるかと思います。世間から見たら贅沢な悩みでしょうが、本人にしてみればかなり深刻なはずです。

天秤で「 自由 」のもう片方にある「 沢山の時間 」に幸福を感じないという事でしょうから、それを解消するには、幸福に感じる別な暇つぶしを見つけるしかありません。

持て余した時間を消化するためにもう一度リーマンに戻る、別な事業をする、ボランティア活動する、それでもやることが見つからないなら、今持っているものを全て捨て去って「 一から始める 」というのも人生を2度楽しめて良いかもしれません( 年齢のこともあってオイラはやりたくありませんが )。

ちなみに「 何をしていいのか分からない症候群 」で迷えるP―ル氏には、現在まで築いた財産の全てを「 ホームレスのおじさん救済財団 」に譲渡寄付してゼロから再度成り上がる人生をお薦めします。


何をしていいのか分かりません!

それで「 悩みがないのが悩み 」という状況はなくなると思います( 笑 )。ただ、途中であれこれ迷ったとしても、死の間際で「 つまらない人生だった 」とさえならなければ成功した人生なのではとオイラは思います。

■「 不動産投資でFIRE!! 」というRPGが面白いのはゴールするまで

皆さんが大好きな「 不動産投資でFIRE!! 」というリアルロールプレイングゲームは上がる直前が一番楽しいゲームです。

さらに言えば、ゲーム過程での紆余曲折が楽しいのであって、ゲームを上がってしまうと急速に楽しさを感じなくなるのは仕方がありません。そのゲームがつまらなくなったのなら、別なゲームを自分で創るか探すしかないのです。

新しいゲームは自分だけの事よりも人様に係わるものの方が、プレイ中の満足度は高いでしょう。もう既にお金と時間は手に入っているのですから、「 心の満足 」を追求することでしか達成感は得られないように思います。

オイラはおかげ様でFIREしてからも暇だとか何をしたらよいかとかは感じた事がありません。それはFIREしたのが50代初めという年齢も大いに関係しています。20代、30代、40代とそれぞれの世代での人生経験を全うできたからなのかもしれません。

ロバート・キヨサキ氏が本の中で「40代でリタイアできるのは極々稀な事だ」と書いていました。30代では更に希少でしょう。

だからと言って30代でのFIREを否定するつもりは毛頭ありません。30代で経済的自由と時間を持てるということは、「資本主義のゲームをクリアした」ということです。そこにマイナスの意味などありません。

■ 船上で言われて忘れられない言葉

「 悩みがないのが悩み 」「 金も時間もあるが何をして良いか分からない 」は、今の日本でFIREしているからこその平和な悩みだとも言えます。

オイラが初めてアース・ウィンド&ファイアーのセプテンバーを聞いていた20歳の頃、北太平洋で鮭鱒漁に漁船の甲板員として乗船していました。

漁網に沢山の鱒がかかり大漁になると、揚網作業が一日では終わらず、二日・三日と寝ずの作業が続くことがありました。いつ終わるかが想像も出来ず、眠い目をこすりながら働いていると、甲板長( ボースン )からこう言われました。

「 早く魚を処理して早く飯を喰って早く寝る事だけを考えろ! それ以外は考えるな! 」

この言葉が今でも脳裏にはりついています。SEPTEMBERを聞いていたらふと当時のことを思い出しました。もちろん、当時の自分はFIREのことなど知りもせず、考えもしませんでした。40年ちょっとで、人生とはこうも大きく変わるのですね。

プロフィール

■ 極東船長さん(きょくとうせんちょう)

極東船長さん

船長のブログ:
極東船長の子供たちに伝えたいこと徒然

北海道の東の町在住
30棟800室の大家


■ 経歴

□1958年、北海道生まれ
高校卒業後、家業である漁業を継ぎ乗船、24歳から船長になる

□1993年(35才)
船の転覆を機に陸の仕事に就く。
収入が激減し、投資の勉強を開始。

□1995年(37才)
1棟目、札幌市内の中古APを購入(1DK×8戸、築5年)⇒売却

□1998年(40才)
2棟目、札幌市内の中古APを購入(1K×14戸、築10年)⇒売却

□2004年(46才)
3棟目、新築APを札幌市内に建てる(1DK×15戸、土地から取得して新築)⇒売却

□2005年(47才)
4棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1DK×10戸、築7年)⇒売却

5棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1K2戸×2DK×4戸、築10年)⇒売却

□2006年(48才)
6棟目、札幌市内に新築APを建てる(1LDK×8室、新築)

□2007年(49才)
7棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×12室、築3年)

□2007年(49才)
8棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×20室、築4年)

他にも都内区分、中国区分、苫小牧の中古AP等、様々な物件の売買を続けながら、徐々に規模を拡大。

□2009〜2017年(51〜59才)
札幌市中央区にRCマンション11棟を新築(うち3棟売却済)

□2021年(62才)
所有物件
木造AP10棟
低層RCマンション22棟
高層 RCマンション 4棟
合計39棟836室
無人HOTEL4棟→(撤退中)

総投資額110億超
借入残80億 家賃7.5億 税引前CF2億 元利返済4億(利払い 1.1億 ※HOTEL失敗の為返済比率が53.4%と高くなった)
売却済み20棟334室 売却益8.5億

※物件は常に売買しているため、タイミングによって変わります。

ページの
トップへ