• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,772アクセス

不動産を買う前に最低限調べておきたい土地の特性。命あっての不動産投資。

極東船長さん_画像 極東船長さん 第62話

2018/9/21 掲載

北海道胆振東地震の翌日に、還暦となりました。60歳の誕生日は、地震の影響で北海道全戸が停電となった翌日、ロウソクの灯りが燈る自宅の食卓で夕食を食べながら迎えました。

今回の地震でオイラの所有物件での被害は、停電とRC部一部の罅割れなど、幸いにも限定されたものでした。これについては、どこに物件を建てているかで、被害が大きく変わってきます。

同じ札幌市でも、東区で液状化した場所では1キロ近くに渡り、1〜2メートルも陥没した場所もありますし、清田区では大規模な液状化現象で新築が傾いてしまったところもあります。

オイラが主にマンションを建てている札幌の中央区中心部は地盤が非常に良いので、被害はほぼありませんでした。

実際、今年竣工した14階の最上階の部屋では心配していたガラスの縦長花瓶さえそのままで、唯一、洗面所に立てていた電動歯ブラシが1本倒れていただけでした。

■ 不動産を購入するする前に最低限、確認したいこと

日本に住んでいたら、どこにいても地震と台風の自然災害リスクからは免れません。

海抜0地域、川の堤防近くや河川敷地、すり鉢状地の下方に位置する土地、活断層がある地域、火山灰を含んでいる山裾にある土...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 極東船長さん(きょくとうせんちょう)

極東船長さん

船長のブログ
極東船長の子供たちに伝えたいこと徒然

北海道の東の町在住
10棟300室の大家

■ 経歴

□1958年、北海道生まれ
高校卒業後、家業である漁業を継ぎ乗船、24歳から船長になる

□1993年(35才)
船の転覆を機に陸の仕事に就く。
収入が激減し、投資の勉強を開始。

□1995年(37才)
1棟目、札幌市内の中古APを購入(1DK×8戸、築5年)⇒売却

□1998年(40才)
2棟目、札幌市内の中古APを購入(1K×14戸、築10年)⇒売却

□2004年(46才)
3棟目、新築APを札幌市内に建てる(1DK×15戸、土地から取得して新築)⇒売却

□2005年(47才)
4棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1DK×10戸、築7年)⇒売却

□2005年(47才)
5棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1K2戸×2DK×4戸、築10年)⇒売却

□2006年(48才)
6棟目、札幌市内に新築APを建てる(1LDK×8室、新築)

□2007年(49才)
7棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×12室、築3年)

□2007年(49才)
8棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×20室、築4年)

他にも都内区分、中国区分、苫小牧の中古AP等、様々な物件の売買を続けながら、徐々に規模を拡大。

□2009〜2017年( 51〜59才 )
札幌市中央区にRCマンション11棟を新築(うち3棟売却済)

□2021年( 62才 )
所有物件
木造AP10棟
低層RCマンション22棟
高層 RCマンション 4棟
  合計39棟836室
無人HOTEL4棟→(撤退中)

総投資額110億超 
借入残80億  家賃7.5億 税引前CF2億 元利返済4億(利払い1,1億)
※HOTEL失敗の為返済比率が53.4%と高くなった) 売却済み20棟334室 売却益8.5億

※物件は常に売買しているため、タイミングによって変わります。

ページの
トップへ