• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,249アクセス

オイラが物件売却の時期を判断する2つの基準

極東船長さん_画像 極東船長さん 第91話

2020/1/15 掲載

もう正月気分も抜けたと思いますが、この年末年始は有意義に過ごせたでしょうか。「 一年の計は元旦にあり 」 と言いますが、節目に一年の計画を立てるのはとても良いことだとオイラは思います。

不動産投資で思うような成果が出ていない方であれば、この年頭に、長期の投資プランの作成や見直し、直近の問題の抽出と修正などをすることで、軌道修正していくことができるでしょう。

これは特段正月休みにだけにすることではありません。例え上手く進んでいる投資プランであっても、年齢を重ね立場や生活環境、投資のステージが変わるたびに、新たな問題が起きますし、目標や目的も変わってきます。

不動産賃貸業は世の中に付加価値を提供できる立派な仕事だと思います。苦しいこともありましたが、世の中に付加価値を提供できる喜びと、不動産を好きという気持ちから、オイラも楽しく25年もやってこられたとのだと思います。

■ 9年前に売却した2棟目アパートは売って正解だったのか?

さて、すでに売却済みのオイラの1棟目と2棟目のアパートを売らずに持っていたらどうなったのかを検証する12月末のコラムの続きです。

参照:古き物件を訪ね物件の未来を知る--2棟の...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 極東船長さん(きょくとうせんちょう)

極東船長さん

船長のブログ:
極東船長の子供たちに伝えたいこと徒然

北海道の東の町在住
30棟800室の大家


■ 経歴

□1958年、北海道生まれ
高校卒業後、家業である漁業を継ぎ乗船、24歳から船長になる

□1993年(35才)
船の転覆を機に陸の仕事に就く。
収入が激減し、投資の勉強を開始。

□1995年(37才)
1棟目、札幌市内の中古APを購入(1DK×8戸、築5年)⇒売却

□1998年(40才)
2棟目、札幌市内の中古APを購入(1K×14戸、築10年)⇒売却

□2004年(46才)
3棟目、新築APを札幌市内に建てる(1DK×15戸、土地から取得して新築)⇒売却

□2005年(47才)
4棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1DK×10戸、築7年)⇒売却

5棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1K2戸×2DK×4戸、築10年)⇒売却

□2006年(48才)
6棟目、札幌市内に新築APを建てる(1LDK×8室、新築)

□2007年(49才)
7棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×12室、築3年)

□2007年(49才)
8棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×20室、築4年)

他にも都内区分、中国区分、苫小牧の中古AP等、様々な物件の売買を続けながら、徐々に規模を拡大。

□2009〜2017年(51〜59才)
札幌市中央区にRCマンション11棟を新築(うち3棟売却済)

□2021年(62才)
所有物件
木造AP10棟
低層RCマンション22棟
高層 RCマンション 4棟
合計39棟836室
無人HOTEL4棟→(撤退中)

総投資額110億超
借入残80億 家賃7.5億 税引前CF2億 元利返済4億(利払い 1.1億 ※HOTEL失敗の為返済比率が53.4%と高くなった)
売却済み20棟334室 売却益8.5億

※物件は常に売買しているため、タイミングによって変わります。

ページの
トップへ