• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

人生は壮大なヒマつぶし。FIREの先の目的地を決められるのは自分だけ【最終回】

大家対談/ポール×極東船長さん_画像 大家対談/ポール×極東船長さん 著者のプロフィールを見る

2021/10/17 掲載

ポールさんと極東船長さんの対談最終回。「 やりたいことはもうやり尽くしてしまった 」というポールさんは、不動産投資を始めた時のように、毎日がドキドキワクワクに満ちた人生を取り戻せるのか? 最後までお見逃しなく。

■ お金持ちになったら命が惜しくなった

ポールさん
船長さんはバイク乗りでしたよね。最近、ハーレーには乗っていますか?

極東船長さん
去年、視界がぐるぐる回るような病気になってね。今は治ったんだけど、いつめまいがしてもおかしくないからバイクに乗るのはやめたよ。ハーレーも3台あったのを全部売った。改造費に450万円かかったのに、120万円にしかならなかったよ。

ハーレーって1950年以前のものはオリジナルパーツだと1,000万円くらいするのさ。1ドル360円だった時代は、ハーレーが家と同じ値段だったんだよ。オイラが生まれた頃は150万円あれば家が建ったけど、その当時でハーレーがだいたい120万円くらいだった。

ポールさん
僕も昔はよくバイクに乗っていたのですが、今は命が惜しくなって、ほとんど乗っていないんです。

ポールさんがカスタムしたバイク
ポールさんがカスタムしたバイク

極東船長さん
セーフティマインドだね( 笑 )。

ポールさん
ありがとうございます( 笑 )。昔は、「 いつ死んでもいい 」と思っていたんですが、お金持ちになったら命が惜しくなりました。そういえば前に安い車に乗っていたら、ふんどしから、「 ポールは金持ちなんだから、安全性の高い車にしろ 」と言われて、少し高い車を買いました。

極東船長さん
「 命の値段は平等 」っていうけど、実際はそんなことはないからね。病気をしたからわかるけど、元気に動き回れるのは当たり前じゃないんだよ。安全第一でお願いしますよ。

ポールさん
はい、気を付けます。

■ 空いているスペースがあれば貸したいと思うのが投資家

極東船長さん
それにしてもポールは何をやっても、それなりにできちゃうんだよね。おまけに行動力があるから、悩みながら少しずつ上達していく喜びみたいなものを感じにくいのかもしれないね。

ポールさん
はい、なんでもできてしまいます( 笑 )。そういえば前にふんどし王子に、「 ポールさんはすごい人だから、すぐにオレを追い抜いてどこかに行ってしまうだろう 」と言われたんです。僕が起業して上場したり、メガ大家になったりすると思っていたみたいです。

でも実際はずっと富山にいるので、「 ポールさん、すぐにどこかに行くと思ったのに、全然行かないね。ずっとオレのそばにいるね 」とか言われています( 笑 )。ニーノさんにも、「 ポールは何かやらないともったいない 」と言われています。

極東船長さん
何か事業をやってみればいいのに、ということだろうね。

ポールさん
そうだと思います。でも、事業家は背負うものが多くて大変そうです、僕には何かでっかいことをやっても、お金を溶かす絵しか思い浮かばないんですよ。

極東船長さん
またもやセーフティマインドだね(笑)。でも、それもポールだよ。不動産投資以外では、何が楽しかった?

ポールさん
ふんどし王子が富山の繁華街に店舗を借りて、「 インベスターラウンジ 」というお店を開きました。不定期でその店をオープンして僕も手伝わせてもらっているんですが、それは楽しいです。ただ、いつも使っているわけじゃないので、自分たちで時々使うより、転貸したほうが儲かるのに、とか考えてしまうこともありますが。

インベスターラウンジ開店 インベスターラウンジ開店

極東船長さん
ポールは赤井誠さんによく似ているよね。「 赤井さんみたい 」ってことは、やっぱり投資家としては正解な生き方だと思うよ。例えば、空いているスペースがあったら貸そうとするのが投資家としての正解さ。お金に関して非常に合理的なんだよな。

オイラも最初はそういう思考だったのだけど、チョビーと付き合うようになって考え方が少し変わったかな。彼は自分のやりたいことにどんどんお金を使うタイプ。もちろん、その分、稼ぐんだけどね。

今来てもらっているこの事務所は、自分で建てたマンションのペントハウスなんだけど、事務所と住まいと駐車場合わせると、毎月50万円くらいロスが出ている計算になるよ。それを、年間600万円捨てていると考えることもできるよね。

でも、今の価値観としては、札幌の中心部に住んで、自分の好きなようにこのスペースを使うことの方がメリットがあると感じるよ。これをもったいないから貸した方がいいと思ったら、いつまでたってもこういう生活はできないよね。

ポールさん
確かに、そうですよね。

船長の事務所内に飾ってある書
船長の事務所内に飾ってある書

■ 人生は壮大な暇つぶし

極東船長さん
ポールの虚無感っていうのは、急にたくさんの時間ができたことに対しての反作用なんだろうね。そういうことって一生考えない人は考えないけど、気になる人は気になる。オイラだって、「 何のために生きてきたのだろう 」とずっと考えてしまうよ。

結局、答えはなくて人生は壮大な暇つぶしさ。何が真実かは分からないけど、結局「 生きていることはゲーム 」と思って退屈しないようにゲームを続けるしかないよね。

ポールさん
なるほど。僕は「 人生一周してしまった感 」というか、やりつくした感はありますね。

極東船長さん
まだ30代だもんなあ。オイラは60を過ぎたけど、若い時に夢を追いかけて挫折したとか、漁業組合で苦労したとか、それこそ海の上で死にかけたとか、色々な経験をしてきての「 人生やり遂げた感 」なんだよ。

最近、釧路から札幌に越してきたんだけど、こうして事務所のベランダで景色を見ながらビールを飲んでいるだけで、すごく豊かな気持ちになるよ。Netflixを見るのも楽しいしね。もしも、これまでの経験をすっ飛ばして今の状態になっていたら、今の自分を保てるか分からないね。

うちは娘が3人で、ここ数年は相続の準備をしているんだけど、その悩みすらも、オイラにとっては「 悩める楽しみ 」だよ。

ポールさん
今、30代だったらどうですか?

極東船長さん
もしも今の状態で30代だったら、オイラだって次に何をやろうかと迷うと思うよ。年齢を重ねると親の介護のこととか、事業継承のこととか、またやることが出てくるんだけどね。何も悩みがないなんて、本当に贅沢なことだよな。

ポールさん
その通りだと思います。

■ 幸せは絶対的ではなく、相対的なもの

極東船長さん
今年、釧路から札幌に引っ越してきたけど、本当はもっと早く母親も一緒に来たかったんだよ。でも、母親が地元がいいというのでずっと道東にいたのさ。その母親がサービス付き高齢者住宅に入ったことで、札幌に越してきた。そういうのも含めて、人生は計画通りに行かないな〜と思うよ。

ポールさん
サービス付き高齢者住宅の利用料は高いですか?

極東船長さん
結構高いけど、オイラが長いこと母親のお金を運用していて、最初3,000万円だったのが、今は6,500万円になっているからね。去年の暴落の時に日本のREITを買ったんだけど、毎月配当が入るように決算期を分散したんだよ。

そしたら、それが4割くらい値上がりして、アメリカのREITと合わせて毎月30万円くらい入ってくる。それと会社からの給与と年金で50万円くらいあるよ。いま85歳なので使いきれないくらいだよね。

人生の成功って何だろう?とかオイラも考えるよ。オイラの場合、あれこれと戦略を立てて、自分の人生設計をやり切れれば成功だと思う。当然、誤差もあるから、そのブレの中にどう自分を置いていくかみたいなところだと思うね。

ポールさん
自分の人生設計ですか。

極東船長さん
幸せは絶対的ではなく、相対的なものだから、毎日が幸せだとどうしても薄まっていくものだよ。例えば、子供の頃にほしかったものを手に入れて、それを毎日「 嬉しいな 」と磨くことができる人は幸せだよね。だけど、手に入れた時点で普通の人は飽きちゃうんだよ。

あとはバランスだよね。いくらお金と時間があっても、対人関係や健康といったすべてがバランスしている時でないと、幸福感は維持できないよね。やっぱり一人でいるより、家族や仲間がいた方が楽しいって思うよね。

極東船長さんのギターの腕前は相当なもの
ギターの腕前は相当なもの

■ 自分にないものを持っている人間に惹かれる

ポールさん
僕もふんどし王子も、船長さんのような先輩の不動産投資家の方とお話しさせてもらって、色々なことを学べるのが楽しいです。僕たちは船長さんとお付合いさせていただいてもう何年も経ちますが、なぜ我々は可愛がっていただけるのですか?

極東船長さん
それはやっぱり、自分にないものを持っているからじゃないかな。若さだったり、精力だったり、純粋にうらやましいと思うよ。

ポールさん
僕たちは、若いうちにセミリタイアすることに価値があると思って30代で会社を辞めたら、毎日楽しいけれど、こんなにヒマになってしまいました。でも、船長さんから見たら、やっぱり若さにはそれだけ価値があるということなんですね。

極東船長さん
それはそうさ。朝まで酒を飲める体力とかね。まあ、二人は飽き性なんだろうね。そういう自分というものが分かったなら、それを受け入れるしかないだろうな。二人はインフルエンサーという役割もあるんだから、そういうことも含めて、発信していけばいいんだよ。「 この年ですべてを手に入れても苦痛ですよ 」とかね。

ポールさん
ふんどし王子が、「 できるかどうかわからなかったけれど、夢に向かっている途中は楽しかった 」と言っていました。確かにそうだった気がします。

極東船長さん
新しい目的地を探す時なのかもね。でも、目的地を決めるのは自分にしかできないんだよ。それが定まらないと、退屈はいつまでたっても収まらないと思うなあ。まあ、一言で言えば、君たちは「 贅沢 」なんだよ。

ポールさん
自分やふんどし王子の悩みが贅沢だというのは本当にそう思います。それを再確認できただけでも勉強になりましたし、船長さんも同じことで悩んだことがあると知って、励みになりました。しばらく迷子状態は続きそうですが、がんばって生きていこうと思います( 笑 )

極東船長さん
君たちなら、なんだってできますよ。今日は楽しかった。ありがとう。

ポールさん
こちらこそ、ありがとうございました!

ポールさん&極東船長さん


編集後記
直近の不動産事業についてのお話から、悩み相談、人生観まで多岐にわたりお話しいただきました。悩みながらも前に進み続けているポールさんと、常に挑戦を続ける船長さん。お二人がどんな選択をしながら人生を進めていくのか、これからも注目したいと思います。ありがとうございました。( 取材担当:アリ )

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ ポールさん

ポールさん

不動産投資家
富山県在住
家族は妻と娘

ポールさんのブログ


■ 経歴

□1983年
富山県に誕生

□2005年
大学を卒業後、養護施設の職員に
お小遣い欲しさに本業の傍らガテン系のアルバイトを始める
アルバイト中に血尿が出たことで別のお金儲けの道を探る

□2013年
吉川英一さん、ふんどし王子のブログに出会い、不動産投資家を志す
クルマを売却し、バーテンダーなどのアルバイトで頭金を貯める

□2014年
区分マンションを購入
中古一棟アパートを購入

□2015年
新築アパート完成
なかなか埋まらず、破産回避の為に始めたメルカリで500万円ほど稼ぐ

□2016年
高利回りだが、古くて空室率の高い物件を買い、DIYで直して埋める手法を確立
戸建、アパート、ビルなど、「価値より安い」ものを次々と購入

□2017年
融資を引いて買った所有物件のほとんどを売却、まとまったお金ができる

□2018年
会社に辞表を提出
ふんどし王子と世界一周旅行を行う

所有物件は戸建31戸、ビル1棟、アパート4棟
新築アパート3棟がまもなく完成予定
アパート完成後の家賃年収は4,000万円弱、CF2,000万円超を見込む



■ 極東船長さん(きょくとうせんちょう)

極東船長さん

船長のブログ:
極東船長の子供たちに伝えたいこと徒然

北海道の東の町在住
30棟800室の大家


■ 経歴

□1958年、北海道生まれ
高校卒業後、家業である漁業を継ぎ乗船、24歳から船長になる

□1993年(35才)
船の転覆を機に陸の仕事に就く。
収入が激減し、投資の勉強を開始。

□1995年(37才)
1棟目、札幌市内の中古APを購入(1DK×8戸、築5年)⇒売却

□1998年(40才)
2棟目、札幌市内の中古APを購入(1K×14戸、築10年)⇒売却

□2004年(46才)
3棟目、新築APを札幌市内に建てる(1DK×15戸、土地から取得して新築)⇒売却

□2005年(47才)
4棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1DK×10戸、築7年)⇒売却

5棟目、苫小牧市内の中古APを購入(1K2戸×2DK×4戸、築10年)⇒売却

□2006年(48才)
6棟目、札幌市内に新築APを建てる(1LDK×8室、新築)

□2007年(49才)
7棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×12室、築3年)

□2007年(49才)
8棟目、道東某市内に中古APを購入(1DK×20室、築4年)

他にも都内区分、中国区分、苫小牧の中古AP等、様々な物件の売買を続けながら、徐々に規模を拡大。

□2009〜2017年(51〜59才)
札幌市中央区にRCマンション11棟を新築(うち3棟売却済)

□2021年(62才)
所有物件
木造AP10棟
低層RCマンション22棟
高層 RCマンション 4棟
合計39棟836室
無人HOTEL4棟→(撤退中)

総投資額110億超
借入残80億 家賃7.5億 税引前CF2億 元利返済4億(利払い 1.1億 ※HOTEL失敗の為返済比率が53.4%と高くなった)
売却済み20棟334室 売却益8.5億

※物件は常に売買しているため、タイミングによって変わります。

ページの
トップへ