• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

漫喫暮らしの若者に住居を提供!使命感があれば若い人は働いてくれる、という経営者的視点【第3回】

大家対談/ぽんこつ鳩子×火の玉ガールさん_画像 大家対談/ぽんこつ鳩子×火の玉ガールさん 著者のプロフィールを見る

2024/5/25 掲載

火の玉ガールさんとぽんこつ鳩子さんによる女性投資家対談の第3回です。前回は一般賃貸で10万円のお部屋が民泊だと35万円に値上がりする、そんなすごい相場が民泊にはあるというお話を伺いました。今回は鳩子さんのセミナーにはずいぶん若い方が参加されるというお話から始まります。詳しくお話を伺ってまいりましょう。

■父親の全面協力で18歳女子は別府に物件を借りた

ぽんこつ鳩子さん
前回お話したように、四国は民泊がすごく盛り上がっていましたが、その前に博多でもセミナーをやったんですよ。そこでも100人くらいに来ていただけました。

火の玉ガールさん
博多だったらそのくらい来るのは想像できますけど、すごいですね。不動産や民泊を勉強している人も多そうだし。

ぽんこつ鳩子さん
不動産でも民泊でも、セミナーってどうしても1万円くらいかかるじゃないですか。だから30代から50代くらいの方がいらっしゃるイメージがありますよね。ところがその博多セミナーには、18歳の大学1年生の女の子が来ていたんですよ!

火の玉ガールさん
それはずいぶん若い!最年少ですか?

ぽんこつ鳩子さん
そうですね。大分県の別府から1人でキャリーバッグをガラガラ引いて、泊まりがけで来ていて。大人としてはなんかちょっと怖いじゃないですか、家出かと思っちゃうし。

なんで来たのか聞いてみたら、お父さんから鳩子さんの本をもらったからなんですって。でも18歳だから物件は買えないし、借りられないじゃないですか。

どうするのって聞いたら、お父さんが全部支援してあげるから、いい物件があるなら買ってあげるし、借りてあげるよっていうことで全面バックアップしてくれたそうなんです。

それで1万円を渡されて、これで鳩子のセミナーに行って来いということだったそうなんです。

火の玉ガールさん
お父さんもサラリーマンよりは娘さんのそういう才能のほうを見出していたのかな。18歳っていうのがすごいね。その年令で民泊に気づく時点ですごいからね。

ぽんこつ鳩子さん
その子はセミナー後にDMをくれたんですが、別府温泉の近くで家賃15万円の温泉がついているところを借りて、そこで民泊をやることにしたそうです。

でも、めちゃくちゃ可愛い子だったんですよ。いっそ東京に来ない?って誘ったんですけど、東京は怖いから嫌なんだそうです。

鳩子さんは4月29日に浜松町でセミナーを主催

鳩子さんは4月29日に浜松町で大人数のセミナーを主催

登壇者は健美家のコラムニスト!

登壇者は健美家のコラムニスト!

■漫喫暮らしの若者にシェアハウスという住居を提供

火の玉ガールさん
東京に呼んでシェアハウスに住まわせようとしたの?鳩子さんて若者を支援することもしているもんね。若い子をシェアハウスに呼んで、資格を取らせて独り立ちさせたりして、面倒を見ていらっしゃるからすごいね。

不動産だと、ツナさんやポールさんが入居者を見つけてきて入れるお話が有名ですよね。あれの若いシェアハウス版じゃないですか。町でフラフラしている、その子の親の立場になったらとてもありがたい話ですよ。

参照→駅の浮浪者を自力で客付け!富山のツナさんの元祖クレイジーマインドと後輩大家に伝えたいこと【後編】

ぽんこつ鳩子さん
例えばお店に飲みに行ったときに接客についてくれた女の子が、実は漫喫暮らしだっていうのを聞いて、うちのシェアハウスに誘って住んでもらった事例がありますよ。

その子、18歳でちょっと家庭が複雑で、事情があって親御さんと一緒に暮らせないから児童養護施設に入っていた子なんです。

ファッションが大好きだから服飾系の大学に行きたかったんです。で、受験して受かったんだけど、お金がなくて諦めたそうなんです。それでも、どうしても東京に行きたいって言って、施設の人を説得して、一週間だけ行かせてもらったんですよ。

火の玉ガールさん
それでたまたま鳩子さんに出会ったの?

ぽんこつ鳩子さん
そうなんです。たまたま恵比寿で飲んでいたら出会って、どうやら家がないらしいって話になって。次の日、じゃあシェアハウス見においでよって言ったら、その子すぐ見に来てくれて、その日から住んでいます。

火の玉ガールさん
えぇー!?そのまま出てきちゃったということなんですか?

ぽんこつ鳩子さん
いや、そのままだとさすがにその子の立場的にも良くないので、施設の方と連携を取って、このシェアハウスに住んでいるということをちゃんと伝えて、心配をかけないようにしています。

そうしないと家出扱いになっちゃいますからね。ちなみにその子は一回も家賃を滞納したことがありません。

■使命感があれば若い人は働いてくれる

火の玉ガールさん
民泊の清掃が回らなくなったら、清掃業者がないと諦めるんじゃなくて、自分で会社を作って、清掃をやってくれる子をそこに入れて独り立ちさせているし、目線が経営者ですよね。

ぽんこつ鳩子さん
今年もシェアハウスの子で行政書士試験を受ける子がいます。いつもお願いしている行政書士が手一杯なので、今年受けてもらおうかなと思って。

火の玉ガールさん
ちゃんとそういう適性がある人材を見極めてやっているのがすごいと思います。

ぽんこつ鳩子さん
一般的に若い子って、楽をして稼ぎたいマインドが強いというか、あまり働きたくないんだろうなって、すごく思っていたんですよ。ところが実際は若い子って、そこに使命感があればバリバリ働きたがるんですよ。

目標がないからフワッとしているわけで、もう僕にしか、私にしかできない!みたいな何かに出会うと、ものすごく働くんです。

火の玉ガールさん
確かに。それを分かっていない大人が多いかもしれないですよね。健美家の読者の方って40代から50代とか、上めの世代の方が多いと思うんですけど、多分その世代の人も、今の子って一生懸命やりたくないんでしょって思っている人が多いと思います。

ぽんこつ鳩子さん
実際は全くそんなことないんですよ。自分にしかできない目的とか何かが欲しいっていうのをすごく感じます。だから、その子にしかできない役割を与えると、もう私なんか何にも言わなくても死ぬほど働くんです。それはお金のためじゃないんですよ。

火の玉ガールさん
鳩子さんからの信頼を感じて、自己肯定感がすごく上がっているんじゃないですか?

ぽんこつ鳩子さん
そうだと思います。でも、そうじゃないと一緒に事業はできないですよね。会社を立ち上げたり、何かの事業を任せたりは、どうしても信頼していないと任せられないし、正直失敗してもいいぐらいにも思っているんですよね。

あなたのやることは全部私が見ている、何かあっても私がリカバーできるから、もう好きにやってよって思っています。

火の玉ガールさん
さっき触れた清掃会社の例では、もともと大阪でお掃除をやっていた人を連れてきたんでしたっけ?

ぽんこつ鳩子さん
彼は民泊の清掃会社でバイトしていた経験があるんです。大阪と東京の民泊の清掃って、2倍以上値段が違うんですよ。

火の玉ガールさん
東京が高いってこと?

ぽんこつ鳩子さん
そう。対する大阪はめちゃくちゃ安いんですよ。そんな彼が大阪でくすぶっていたので、じゃあ東京にとりあえず1週間住み込みで来てみなよって誘いました。

こんなに東京の民泊は汚いんだよっていうのを見せていくと、やっぱり使命感が出てくるですよ。自分なら何かできることがあるんじゃないかってすごく思ってくれたみたいで。結局彼はこちらで清掃会社を立ち上げてくれました。

火の玉ガールさん
すごい。信用してやらせるっていう部分は、子育てに通じるものがありますね。聞きながら反省ですよ(笑)。

ぽんこつ鳩子さん
健美家さんのユーザーって、部長とか課長とか会社の偉い人が多いイメージなんですけど、最近は部下にちょっと話をしたらパワハラになっちゃうかもしれないから、皆さん困っているじゃないですか。

でも若い人って、信頼して使命感や目標を与えると、すごく良い働きをするから大丈夫ですよ。

■サラリーマン的思考から経営者思考への切り替え

火の玉ガールさん
なるほどね。そういう思考って前から持っていたんですか?

ぽんこつ鳩子さん
いや全くないですよ。民泊を始めた6年前とかは、めちゃくちゃサラリーマン的思考で、指示待ち人間だから何かを言われないとできないし、いつも誰かのせいにしたいと思っていて、何かあったときのために逃げ道を残しておくような人でした。

それが経営者になろうって思った時に、ちょっと頭の中を変えなきゃいけないと強く思ったんです。そこでビジネス系のYouTuberさんとか経営者さんが喋っているようなことを音声メディアとかで聞きまくりました。

火の玉ガールさん
経営者になろうって思ったのはどうしてですか?

ぽんこつ鳩子さん
結局、副業で民泊はやっていましたけど、自分がやっていることは経営者だって思っていなかったんです。でもコロナ禍でツイッターを始めた時に、いろんな人にそれって一つの会社だし、やっていることがもう経営者だよって言われたんですよ。

その時はもう私一人じゃなくて、自分のビジネスの周りに人がいっぱいいたんですね。もし私がポシャったら、この周りにいるみんなが不幸になる、みんなが無職になると思ったので、これは経営者にならなきゃいけないなって思ったので一生懸命勉強しました。

火の玉ガールさん
すごいですね、若い子に夢と希望を与えていますよ。

文字よりも音声メディアのほうが頭に入ってくる、と鳩子さん

文字よりも音声メディアのほうが頭に入ってくる、と鳩子さん

■民泊がうまくいっていない人はどういう人?

火の玉ガールさん
民泊を始めたい人はいっぱいいますけど、うまくいく人とうまくいかない人の違いってなんだと思いますか?

ぽんこつ鳩子さん
民泊のオンラインサロンをやっていて、250人くらい会員さんがいるんですけど、立ち上げられる人と立ち上げられない人がいますね。私1ヶ月に1回、希望者全員と面談するんですよ。

火の玉ガールさん
それもすごいですね。毎回何人くらいとやるんですか?

ぽんこつ鳩子さん
朝から晩まで15分ずつ、100人くらいとzoomで喋っています。それに必ず来る人は大体立ち上げますね。そういう人は、「何もできてないんですけど」って言いながらも毎月ちゃんと来てくれるんです。

逆に、最初の1〜2ヶ月は来るんだけど、その後来なくなっちゃう人は、やっぱり立ち上がらない人が多いです。

火の玉ガールさん
会員の250人はどんな層が多いですか?

ぽんこつ鳩子さん
副業をやりたい30代から50代のサラリーマンが多いですね。

火の玉ガールさん
大家さんもいるんですか?

ぽんこつ鳩子さん
中には大家さんや不動産投資家さんもたくさんいらっしゃいます。

火の玉ガールさん
不動産賃貸業をやっていても、民泊は全然やっていない人もいますよね。やっぱり大家さんの時間って民泊に比べてゆっくりなのかな。

私よりもずっと先輩で不動産賃貸業の歴が長い人でも、民泊とか宿泊業に手を出すのは今更遅いかな、でもすごく流行っているよね、って言う人もいて。すごく興味あるんだけど、今更どこで勉強すればいいのかわからない人がいっぱいいるんですよ。

ぽんこつ鳩子さん
なるほど。不動産をやられている人の中には、そういう動機で私のアカウントをフォローしたり私の本を買ってくれたり、サロンに入ってくれる方もいるのでしょうね。

(編集後記)
自分のシェアハウスを使って若者を支援している鳩子さん。それが自分のチーム作りにもつながっていて、経営者的視点が素晴らしいなと思いました。次回はいよいよ最終回、明日配信です。どうぞお楽しみに!(担当:T)

 

無料会員登録

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

ぽんこつ鳩子さん

ぽんこつ鳩子さんぽんこつはとこ

ぽんこつ鳩子
民泊経営、商社勤務OL
東京都在住

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □199×年
    誕生

    □201×年
    仕事に行き詰まり、休職して700日間の世界一周の旅に出る

    帰国後、シェアハウスと民泊をスタート

    □2020年
    コロナで大打撃、規模を縮小

    □2022年
    「令和の民泊サロン」を主宰

    □2024年
    都内に民泊14軒、シェアハウス4軒を経営

閉じる

プロフィール

火の玉ガールさん

火の玉ガールさん

不動産投資家
都内で夫と息子と3人暮らし

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □197×年
    徳島で生まれる

    □2011年3月
    東日本大震災後、旅行代理店の仕事が暇になったことから、FP等の資格試験の学習を開始。

    資格試験の勉強を通じて不動産投資の魅力を知り、2012年4月から本格的に不動産投資について学ぶ。

    □2013年1月
    最初の投資物件として東京都三鷹市に中古区分物件を購入。

    □2013年7月
    千葉県千葉市に中古区分物件を購入(2016年12月売却済)

    □2014年3月
    埼玉県川越市に中古戸建てを購入(2017年12月売却済)
    以後、戸建て、一棟と物件を買い増していく。

    □2017年
    東京都23区内に戸建て2棟購入
    うち、1棟をシェアハウスに改修後、一棟貸し賃貸

    □2019年8月
    東京都23区内に中古戸建購入

    □2020年
    東京都23区内に中古戸建を3軒購入
    2020年3月にサラリーマンを卒業

    □2024年現在
    大家業を中心に日々不動産活動に注力中

閉じる

ページの
トップへ