• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,743アクセス

13年で家賃年収1億4千万円の松田ひであきさんが35才で大家を目指した理由【第1回】

大家対談/松田ひであき×赤井誠さん_画像


今回の大家対談は、赤井誠さんをホストに、赤井さんの友人で関西大家の会会長の松田ひであきさんに登場いただきます。13年前のサラリーマン時代に不動産投資を始め、現在は約1億4,000万円の家賃年収があるという松田さん。二人の話題はまず、松田さんが35才で不動産投資を始めたきっかけや、その背景にあった家庭環境、そして共通点も多い二人の過去の生き方等を中心に展開しました。



サラリーマン時代に始めて、13年で家賃年収1億4,000万円に

赤井誠さん
松田さんとはブログを通じて知り合って、もう長いお付き合いになりますよね。普段はブログネームのゴンさんと呼ぶことが多いんですが、今日は松田さんと呼ばせてください。

松田ひであきさん
よろしくお願いします。

赤井誠さん
松田さんは不動産投資を始めて13年ということですが、今、所有物件と家賃収入はどのくらいあるんですか?

松田ひであきさん
一番多い時は26棟あったんですが、かなり売って、今は10棟・170室くらいです。家賃収入は1億4,000万円弱で、返済比率は約23%。10棟のうち8棟は札幌の物件です。調達金利の平均は約0.5%です。

赤井誠さん
相当固い経営をされていますね。そもそも、松田さんが不動産投資を始めたきっかけはなんですか?

松田ひであきさん
親の影響が大きいと思います。うちの親はそれこそマネーリテラシーがゼロの人でした。僕が幼い頃、父が知人に1,000万円を借用書無しで貸して、家を抵当に入れられたことがあります。結局、貸したお金は戻ってきませんでした。

よく知らない取引先の人とお酒を飲みに行った時に、「 こんなことやりたいんだ 」と熱く語られて、父が「 それいいね。お金を貸すよ 」と言ってたみたいです。そういう父親の姿を見て育ったので、小学校のときからお年玉をもらってもゲーム等は買わずに、大学生までずっと貯金していました。

赤井誠さん
それは僕も同じです。ただ、中学に入ったときにどうしても一眼レフカメラが欲しくて、そのときに小学校6年間で貯めた貯金から10万円を下ろして、10万円でカメラを買いました。それ以外はすべて貯金です。

松田ひであきさん
親がそういう人だと、お金に対して無意識にシビアになりますよね。人に簡単にお金を貸しちゃいけないとか、自分のお金は自分で貯めようとか、子供の頃から思っていました。

母はできた人で、父親のことは一切責めないんですが、子どもなりに、父がまた騙されたってわかるんですよね。悪い人たちって、あそこから取れたとなったら、何度も来るんです。詐欺師は今も昔も同じですね。

だから僕は大学を卒業する時には1,000万円くらい貯めていました。お年玉の他に、学生時代にミニストップでバイトしていたお金もすべて貯金していたんです。ある意味、金の亡者だったと思います。当時は自分もマネーリテラシーがなかったので、アルバイトして貯金すること以外、お金を増やす方法を知りませんでした。


グリーン会議中の二人(左が松田さん、右が赤井さん)

小さい頃は母親の後ろに隠れているような子どもだった

赤井誠さん
僕も中3で親父が倒れてから、家のお金がなくなったのがわかりました。学校は私立だったので公立高校に移ろうかと考えたんですが、その学校は学年で1位になると授業料が免除になったんで、勉強して1位をとりました。

大学も私立は無理だから国立、しかも、浪人する余裕もない。それで、僕は数学、物理、化学には自信があって、その比率が高いのが北大だったので、一発で受かると北大を受けました。予備校も行っていません。本を読んだり参考書を買ったりして、自分で勉強しました。

松田ひであきさん
そうだったんですね。僕は小さいころ人間嫌いというか、対人恐怖症だったんです。大学も、植物の相手にしていればいいだろうという理由で農学部( バイオテクノロジー )を専攻しました。就職の時も人と関わらなくていい仕事が良いかなと考え、ガス会社の研究所勤務を選びました。

赤井誠さん
そういうふうに見えないですね。過去に、人間関係で失敗したんですか?

松田ひであきさん
小さい頃から母親の後ろに隠れているタイプだったんです。幼稚園のときに友だちに「 一緒に帰ろう 」と誘われても、「 ごめん、縦笛忘れたから取りに帰るわ 」と、1人になるために嘘を付いていたくらいです。気を遣うのがしんどいんですよね。人にどう思われているのかを気にし過ぎていたのかもしれません。

赤井誠さん
わかります。僕も高校時代、おふくろが先生に、「 君のところは成績はいいんだけど、全然目立たない大人しい人だよね 」といわれていましたから。

松田ひであきさん
ええ!そうなんですか。今からはまったく想像できないですね( 笑 )。

赤井誠さん
大学時代も今とは違って、女の子ともまったく喋らなかった。男子校だったから、18歳まで女性と喋っていないじゃないですか。大事な6年間、男だけなんですから。

松田ひであきさん
それで今になって、ゆがみが出ているんですね( 笑 )

赤井誠さん
そんなことないですよ( 笑 )。その当時は、このままだったら結婚できないという悩みがあって、超ナンパ師みたいな友だちに相談したんです。「 どうやって女の子に声をかければいいの? 」って。僕は教えられたことは学ぶタイプだから、その彼に習った通りにして、少しずつ女性に慣れていきました。

若い時から自信満々だったわけではない


松田ひであきさん
じゃあ、若い時から今のように自信に満ち溢れていたわけじゃなかったんですね。

赤井誠さん
全然違います。昔の方が老けていたと思います。

松田ひであきさん
僕も今となっては普通にコミュニケーションができますが、若い頃は女性ともまったく喋れませんでした。男性とも似たようなものです。

人のことは信じない。自分で確認しないと気が済まないんです。だから家電の取扱説明書とかも、小さい隅の下の方の字も、すべて読みます( 笑 )。賃貸業も数字しか信じないという気持ちでやってきました。

赤井誠さん
意外です。不動産のときも、緊張しながら話しているんですか?

松田ひであきさん
ビジネスと割り切るといけるんです。ロジカルに考えると、何を話せばいいかわかるじゃないですか。不動産賃貸業をはじめてからは、予想に反して、人との付き合いが重要というか、アナログな業界だったと気付きました。

これまで自分が避けてきたものに対して、色々やっているうちに、意外と自分もコミュニケーション取れるんだと気付かされたのは、大きな発見でしたね。

赤井誠さん
逆にいうと、僕らはロジカルに不動産屋と交渉しますよね。感情に訴えて買うとか、そういう感じではない。数字で話をする。理屈が大事。

松田ひであきさん
僕は人生全般、そうなんです。あまり感情で動くことはない。大企業に就職して、結婚して子供が生まれて、家を買う。そういう世間のいわゆる中流家庭が目指すしあわせに自分を合わせて、レールにとりあえず乗っかっといたらいいかという感覚でした。そういう意味では、35才くらいまではあまり抑揚のない人生でした。

赤井誠さん
僕もそうです。誰かが決めた成功例に乗っかっていました。勉強して、いい大学を出て、いい会社に入って、偉くなる。それが一番正しい生き方だと教えられて、自分も信じていました。

その考えを子供にも押し付けて、息子たちにも中学受験をさせました。その頃はまだ不動産投資はやっていなくて、俺はこのやり方でここまで来たんだから、お前らも正しい生き方をしろよと思っていたんですね。

松田ひであきさん
すごくよくわかります。

サラリーマンの未来に不安を感じていた時、「金持ち父さん・貧乏父さん」に出会う

赤井誠さん
でも、途中から不動産の世界に入り、いろいろな人と出会って、俺の考え方は間違っていたかもしれないと気が付いたんです。実際に、すごく狭かったと思う。それが間違っていたと気づいたことで、息子たちとの関係もよくなりました。

不動産の世界では中卒も高卒も関係ない。本人に実力があれば、こいつは俺より上だと認めてもらえます。例えば船長を見ていたら、何とか大学卒とか意味がないってわかるじゃないですか。


極東船長(左)と赤井さん(右)

松田ひであきさん
確かに。船長のこと、みんな、尊敬していますもんね。

赤井誠さん
僕のいた会社の研究所って、全員大学院卒なんです。昔は、その中でどうやって偉くなっていくかというのが僕の生き方でした。狭い世界で上を目指すプレッシャーって、すごいものがあります。とても残念ですが、自殺した人もいました。

松田ひであきさん
僕も大学を卒業して、一部上場企業に入って、中流家庭と言われるゾーンに乗っていたんですが、それがしあわせなのか、わからなかった。35才の時、50、60の上司を見ると、正直、やりがいを感じない働き方というか、そこに夢を感じることができませんでした。

それで、自分も40才くらいになったら、研究職から外れて、やりたくもないようなところに行くんだろうか? とかぼんやり考えました。そんな時に、「 金持ち父さん・貧乏父さん 」を読み、「 こんな世界があるのか 」と、ガツンと来たのを、今も鮮明に覚えています。それが2005年の夏で、35才の時でした。


編集後記
同じくらいの時期に不動産投資を始め、交流を続けてきた赤井さんと松田さん。堂々とした成功者に見えるお二人が、子供時代は裕福ではなかった、若い頃は自信がなかった等の共通点を持っていたのは、意外な気がしました。ご自身の力で、道を切り開いてきたのですね。対談は全5回。明日の続きをお楽しみに。


全4回のテーマ
【第1回】13年で家賃年収1億4千万円の松田ひであきさんが35才で大家を目指した理由
【第2回】一棟目は2億3,000万円の札幌物件。たかが利回り、されど利回り
【第3回】公売、競売物件の再生なら今でも高利回りが可能
【第4回】2年でセミリタイアした理由。二度とやらないと決めた投資法
【最終回】売れるものしか買わない。重視すべきは規模ではなく「税引き後利益」

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■松田ひであきさん

sauza

不動産投資家
奈良在住
ブログ:脱サラ大家が目指す経済的自由への旅立ち



■主な経歴

□197×年、奈良に誕生

□199×年
大学卒業後、サラリーマンとしてメーカーの研究所で働く

□2005年
ロバート・キヨサキの「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで衝撃を受ける
その後、書店に並ぶ不動産投資関連本をほぼ読破。売物件の現地調査を繰り返し行う

□2005年12月
宅地建物取引主任者を取得

□2006年03月
1棟目、2棟目を同時に購入

□2008年05月
14年間勤めた会社を退社
資産管理会社を立ち上げて法人化、専業大家となる

□2009年05月
少額短期保険代理店資格を取得

□2009年11月
関西大家の会を設立

□2014年03月
物件購入の傍ら、一部の物件を売却
家賃収入が1億円突破

□2014年10月
二社目の資産管理会社を設立

□2015年07月
複数売却の結果、実質無借金状態になる

資産ゼロから始めて、不動産投資への集中投資で「キャッシュフロー」が全ての支出(修繕費や税金支払、ローン返済、生活費一式)よりも多い状態、「経済的自由」を作り出す

□2019年
公売、競売を組み合わせながら、「税引き後利益」を重視した不動産投資を実践中

■所有物件

□01. 2006/03
札幌マンション1(A)号(26戸)、利回り15.8%

□02. 2006/03
札幌マンション2(B)号(26戸)、利回り15.3%

□03. 2007/02
長崎アパート(12戸)【売却済】

□04. 2008/06
大阪マンション1号(14戸)【売却済】

□05. 2008/06
兵庫マンション(12戸)【売却済】

□06. 2009/03
新築区分マンション(1戸)【売却済】

□07. 2009/11
千歳アパート(8戸)【売却済】

□08. 2009/12
大阪市ビル(3戸)【売却済】

□09. 2009/12
奈良区分マンション1号(1戸)【売却済】

□10. 2010/09
低層区分マンション(1戸)【売却済】

□11. 2011/06
特殊区分マンション(1戸)【売却済】

□12. 2011/07
大阪戸建1号(1戸)【売却済】

□13. 2011/11
奈良区分マンション2号(1戸)【売却済】

□14. 2012/02
大阪マンション2号(10戸)利回り18.1%

□15. 2012/07
奈良戸建1号(1戸)【売却済】

□16. 2013/01
任売戸建(1戸)【売却済】

□17. 2013/03
大阪戸建2号(1戸)【売却済】

□18. 2013/03
大阪マンション3号(4戸)【売却済】

□19. 2013/10
札幌マンション3号(19戸)利回り26.0%

□20. 2014/03
札幌マンション4号(28戸)【売却済】

□21. 2014/07
公団区分マンション1号(1戸)利回り18.0%

□22. 2015/01
公団区分マンション2号(1戸)【売却済】

□23. 2015/02
京都マンション1号(7戸)利回り24.0%

□24. 2016/01
札幌マンション5号(43戸)利回り11.8%

□25. 2018/02
札幌マンション6号(新築12戸)利回り10.6%

□26. 2018/08
札幌店舗(1戸)利回り7.8%
□27. 2019/01  札幌マンション7号(16戸)利回り14.0%
□28. 2019/05 札幌マンション8号(12戸)利回り20.0%
現在所有合計:10棟173室(区分1室含)
満室家賃収入:約13,200万円/年

<保有免許>

・宅地建物取引主任者
・甲種危険物取扱主任者
・甲種高圧ガス製造保安責任者
・普通自動車免許
・中型自動二輪免許
・少額短期保険募集人




■ 赤井誠さん

赤井さん

専業大家 ブログ:ゼロからの不動産投資と0円世界旅行

■ 主な経歴

196X年 横浜生まれ

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職
2013年に退社し専業大家となる

不動産投資セミナーの講師等でも活躍

■ 主な所有物件

□2005年
福岡市アパート利回り20%【売却済】

□2006年
仙台市アパート 利回17%【売却済】

横浜市マンション 利回11%【売却済】

□2008年
横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 新築 利回り11%
1K+ロフト×8戸

□2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

□2010年
横浜市アパート新築  利回り13%
1K×8戸

□2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
1K×10戸,1LDK×1戸

□2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

□2012年
杉並区区分マンション 利回り16%【売却済】

□2012年
柏市アパート 利回り20% 売却済み

□2013年
藤沢市パーキング30台 利回25%【売却済】

□2014年
横浜市テラスハウス 利回り13%
1LDK x 2

□2015年
横浜市アパート 利回り9%
2DK x 8戸

□2016年
横浜市マンション 利回り11%
2DK x 4戸+ 7LDK シェアハウス

□2017年
横浜市アパート 利回り14%
2DK x 4戸

□2018年
横浜市アパート新築 利回り9.6%
1LDK+ロフト x 2戸

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り9.6%
1LDK+ロフト、店舗

□2018年
横浜市アパート新築中 利回り7.6%
1K x 15戸

知識ゼロからはじめて17棟114室
年間家賃収入は約1億800万円

ページの
トップへ