• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,733アクセス

赤字アパートを相続した2代目大家の苦悩と学び【第3回】

大家対談/渡邊浩滋×赤井誠さん_画像 大家対談/渡邊浩滋×赤井誠さん

2018/3/26 掲載


税理士で2代目大家の渡邊浩滋さんと、息子さんたちへの事業継承の方法を模索中の赤井誠さんの対談3回目。渡邊さんが親からアパートを引き継いで、困ったこととは? 2代目大家にのんびりタイプが多いのはなぜ? 子供たちへの事業継承は何から始めればいい? 赤井さんが繰り出す数々の質問に、渡邊さんが答えます。

⇒前回:知恵は何よりの財産、自分の代で絶やすのはもったいない




大ゲンカを経て親から引き継いだ赤字アパートを再建

赤井誠さん
親から物件を引き継いだけど、まったくセンスがないという二代目って多いですよね。渡邊さんは二代目としては珍しいほど、うまくいっていると思うんですが、どのあたりに秘訣があるんでしょうか?

渡邊浩滋さん
うちは親が本当にダメ大家だったので、自分がしっかりするしかなかったんです( 笑 )。アパートの立地は悪くないのに、親が入ってくる家賃を全部使ってしまい、リフォームができなくて空室が増えるというひどい経営状態でした。

ある時、母に「 税金を払えない 」と相談されて通帳を見たら、残高がゼロ。そこからは建て直しのために私が経営を引き継いだのですが、親に入る生活費が半分になったことで、大ゲンカもしま...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 渡邊浩滋(わたなべこうじ)さん

渡辺税理士

税理士・司法書士・大家
渡邊浩滋総合事務所代表
ブログ「がけっぷち大家の挑戦」

■ 経歴

大学在学中に司法書士試験に合格

大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当

商社を退職後、税理士試験に合格
その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する

資産税専門の税理士法人に勤務する

2011年12月、独立開業

2011年、「行動する大家さんの会」を設立

2013年、「一般社団法人節税大家さんの青色申告会」代表理事就任

資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演等、幅広い分野で活動中

■ 著書


「大家さんのための超簡単!青色申告」


「税理士が教える 節税Q&A」

「行動する大家さんが本気で語る選ばれる不動産屋さん選ばれない不動産屋さん」

「Q&A固定資産税は見直せる」

「相続対策の常識ウソホント〜6人の専門家が導く正しい対策への道しるべ〜」

【2015-2016度版】大家さんのための超簡単!青色申告

「大家さん必携!ライフサイクルから考える賃貸住宅経営の税務Q&A」


■ 赤井誠(あかいまこと)さん

赤井誠

神奈川県在住
DIYと旅を愛する不動産投資家
赤井誠さんのブログ

■ 経歴

□196X年
横浜で誕生

□198×年
北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職

□2005年
不動産投資をスタート

□2013年
退社し専業大家となる

□2017年
家賃収入は約1億円


■ 著書

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

赤井さん2冊目
本気ではじめる不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ