• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

16,057アクセス

家賃6千万円でセミリタイヤした俺たちの日常〜赤井誠×岡元公夫対談(1)〜

大家対談/岡元公夫×赤井誠さん_画像


今回の対談にご登場いただくのは、27年間勤めた会社を去年、セミリタイヤされたばかりの赤井誠さんと、5年前に銀行員を辞め、現在は大家兼コンサルタント業を行う岡元公夫さんです。偶然にも、不動産投資を始めた時期も(9年前)、家賃収入も(約6,000万円)もほぼ同じというお二人。辛口トークの中にも、成功へのヒントが溢れる熱い対談となりました。


■今からお金のために働く気はありません


赤井さんは去年、27年間勤めていた会社をセミリタイヤされましたね。約9カ月のセミリタイヤ生活を経験されて、今の感想はいかがですか。


もしかしたら、燃え尽き症候群のようになってしまうかなという不安もあったのですが、今は、本当に辞めてよかったと思っています。


長期で南の島に遊びに行けるのも嬉しいby赤井さん


それはよかったですね。顔色もすごくいいですよ(笑)。会社を辞めて、何か新しく始められたことはありますか?


特にないですね。以前は2つあるうちの法人の一つをリノベーションの会社にしたいという希望がありましたが、商売として考えると利益を出すのが大変ですし、自分自身も忙しくなるのでやめました。まあ、いっかという感じです。


そこは大事ですよね。何のためのセミリタイヤなのか。自由な時間、やりたいことをやる時間、家族との時間を確保するために会社を辞めたはずなのに、前よりも時間に追われるようでは、本末転倒です。


もうお金のために働く気はありません。お金が欲しければ、27年間も勤めた会社を辞める必要はなかった。今日も妻と話したんです。家もあるし、車もあるし、子供も成長したし、海外旅行も年に3〜4回行けるし、あとは健康なら十分すぎるよね、と。今から、それ以上のものを求めて忙しくしようとは思いません。

■大家はラクちんだけど、探せば仕事はいくらでもある


私は銀行を辞めたあと、1年間くらいブラブラしていましたが、すぐに飽きて今の会社を作りました。赤井さんはセミリタイヤされた後も、旅行のとき以外は休みませんよね。ブログを見ても、毎日のようにアパートに出かけて、トイレの詰まりを直したり、壊れたアンテナを直したりと、非常に行動的です。


私はいつも体を動かしていたいタイプなんです。物件に行っても掃除をして終わりということはなくて、草を刈ったり、どこか直したりと、仕事を始めてしまいます。大家はラクちんといいますが、やろうとすればいくらでも仕事はあります。今年の繁忙期も用事が多くて、会社員時代はどうやって両立していたんだろうと不思議になりました(笑)


物件に行っても作業員のふりをして、大家だと名乗らないという人もいますよね。赤井さんは、大家としてごあいさつされますか?


しますよ。入居者さんの声をきくいい機会なので、「何か困っていることはありませんか?」と声をかけます。2月に雪かきに行った時にも、テレビが映らないという部屋があったので、屋根に上ってアンテナの修理をしました。


作業を通じて入居者さんとのコミュニケーションも図れる

■体を動かす大家は銀行員から見ても印象がいい


投資家が自分で修理をするなんて、投資効率としておかしい、という人もいますが、そのあたりはどう考えますか?


もちろん、プロに頼むという方法もあります。でも、それでは次の日になるかもしれない。私はオリンピックの時期にテレビが映らない日が一日でもあるなんてありえないと思ったので、「一番早く直してあげられる方法」として、自分でやっただけです。


私も自主管理ですが、入居者さんのために何かして、「ありがとう」といってもらうことが、やりがいになるということはありますよね。


わかります。というのも、私は会社員時代に技術開発の現場にいたんですが、エンドユーザーの声を聞く機会がなくて、いつも使ってくれている人のレスポンスを知りたいと思っていたんです。


自分の作った商品の感想などがわからないんですか?


はい。セキュリティーが厳しく、会社の中で何をやっているかを他言できない環境でした。ですから、大家になって、入居者さんと直接触れ合えることは嬉しいです。「ありがとう」と言ってもらうことは、私にとってお金以上の価値があるんです。


そういう大家の「誠意」を、入居者さんは意外と見ているものですから、積み重なることで、長期入居にもつながるのではないでしょうか。それに、銀行員もそういう話には敏感です。この人は事業としてしっかりと取り組んでいるなと感じてもらえば、印象がよくなります。


そうだとうれしいですね。


S銀行、O銀行などのアパートローンは、モノとカネで融資するかどうかを判断します。それに対して、事業性のローンはまず、ヒトありきなんです。この人はお金をしっかり返せるだろうかという部分が非常に重要で、その次にモノとカネがついてきます。

■ケンカする時間が、人生の中でもったいないと思う


セミリタイヤして一番よかったのは、昼まで寝られることという人は意外と多いんです。赤井さんの起床時間は何時ですか?


妻が週に3回パートに出ていて6時半に起きるので、私も7時には起きますね。彼女には無理をして働く必要はないといっていますが、自分で自由に使えるお金がほしいといってずっと働いています。私の収入や家賃収入を使うのと、自分で稼いだお金を使うのでは、気持ちが全然違うみたいです。


奥様はお仕事もされているのに、不動産のリフォーム等もお手伝いしてくれるそうですね。


自分から進んではやってくれませんが、誘えば一緒に来て手伝ってくれるので、助かります。


話し相手というか、理解者がいるというのは、セミリタイヤ生活を楽しむためのポイントかもしれませんね。赤井さんは奥様と仲が良いことで、大家仲間でも有名ですが、ずっと恋人どうしのような関係を続けるために、工夫されていることはありますか?


よく、「仲が良くていいですね」と言われますが、自然と仲が良いわけではなくて、そうなるように心掛けているんです。人生で一緒にいる時間が一番長いわけですから、相手にはできるだけ、機嫌よくいてもらいたい。そのために、どうしたら喜んでもらえるかなといつも考えています。


夫婦で出かけたハワイ旅行でのワンショット


口では言えても、なかなかできないですよ。


私自身もサプライズを仕掛けるのが好きで、この間、ハワイに行った時も、妻に内緒でムスタングのオープンカーを借りて、ホテルの前まで迎えに行きました。妻はカローラか何かで来ると思っていたみたいで、ものすごく驚いていました。


奥様は相当、喜ばれたでしょうね。


そうですね。結婚25周年ということで特別な演出をしたんですが、内緒で準備してくれていたことが嬉しかったみたいです。20才の頃に知り合ったので、妻もずいぶん年をとったなと思うこともありますが、そんなことを言っても誰も得をしませんし、彼女のいいところを見るようにしています。


そうやって、奥様を大事にしているから、不動産投資についても協力してくれるんでしょうね。


ケンカする時間が、人生の中でもったいないですから。でも、それがわかったのは40代に入ってからですよ。ひとつは不動産のおかげかもしれません。今までもそれなりに給料をもらっていましたが、サラリーマンですから、自分がお金を稼いでいるという意識も強かったと思うし、不動産に比べれば金額はしれています。不動産でお金に余裕ができると、心にも余裕ができますよね。



○ 次回以降のテーマ
第2回、【 シェアハウスの行方と競売、税金の話 】
第3回、【 怪しげなコンサルタントが多すぎる 】
最終回、【 年収が低いなら低いなりのやり方がある 】


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 岡元公夫さん

岡元さん

岡元さんのコラム
岡元さんのブログ

年はアラフォー。
亡き父と2代続けての元メガバンカー。
銀行員時代は、東証一部上場の大手不動産会社から 個人の大家さんまで、融資主体に幅広く担当。 実家は祖父の代からの小規模ながらの大家さん。

□ 経歴

2004年
実家の跡を継ぎ、東京城北エリアでマンション・アパート・戸建を取得開始。

2008年2月
不動産賃貸業の修行の為、不動産開発・運営会社に転職し、プロパティマネジメントの責任者となる。

2009年10月
不動産収入が年間6,000万円ほどになり、デッドクロスもクリアできる目途がついたことから、サラリーマンを卒業。

2011年
東京エステートバンク株式会社(東京房屋®)を設立。国内・台湾・中国の投資家・会社経営者の方にコンサルティングを行っている。

□ 所有物件

築35年RCマンション
1LDK×4戸、2K×8戸

築20年RCマンション
1R×10戸

築13年鉄骨マンション
2LDK×6戸、2DK×6戸

築5年木造アパート
1R×5戸、2DK×2戸

登記上築52年(実態は新築同様)
木造戸建  2LDK×1戸

区分所有マンション 2LDK×1戸

築古戸建て2戸

合計11棟45戸、駐車場12台、バイクガレージ26台
家賃年収約6,000万円

□ 著書

岡元さん本
元手100万円から! 気軽で手ごろなマンション投資で年800万円稼ぐ方法(明日香出版社)

■ 赤井誠さん

赤井さん

赤井さんのコラム
赤井さんのブログ

□ 経歴

196X年 横浜生まれ

北海道大学大学院卒業後、某電機メーカーに就職。知識ゼロからはじめて10棟65室の大家になる。年間家賃収入は約6,000万円。

2013年8月
27年間勤めた会社をセミリタイヤし、専業大家に。

□ 所有物件

2005年
福岡市アパート 
1DK×10戸
2008年売却済み

2006年
仙台市アパート 利回り17%
1K+ロフト×10戸
2012年売却済み

横浜市マンション 利回り11%
1K×23戸

2008年
横浜市アパート 利回り11%
1K+ロフト×6戸

横浜市アパート 利回り11%
1K+ロフト×8戸

2009年
横浜市戸建て 利回り15%
4SLDK+サンルーム

2010年
横浜市アパート 利回り13%
1K×8戸

2010年
横浜市アパート 利回り20%
1K×4戸

2011年
横浜市マンション 利回り15% 
1K×10戸,1LDK×1戸

2011年
横浜市マンション 利回り15%
店舗,1LDK

2012年
杉並区区分マンション 利回り16%

2012年
柏市アパート 利回り20%
1K+ロフト×10戸
2013年売却済み

2013年
藤沢市パーキング 利回り25%
30台

2013年
横浜市戸建て 利回り14%
1LDK

合計10棟65戸、駐車場30台
家賃年収約6,000万円

□ 著書

赤井誠
ゼロからの不動産投資(すばる舎)

ページの
トップへ