• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

16,637アクセス

地方のパート主婦が家賃年収3,300万円の大家になれた理由【新春対談】

大家対談/四戸きみ子×加藤ひろゆきさん_画像


2016年の最初のコラムは、加藤ひろゆきさんと、四戸きみ子さんの対談をお送りします。四戸さんは3つの仕事をかけもちして自己資金を貯めた後、札幌を中心に10棟のアパートを購入、年間3,300万円の家賃収入を得ている敏腕大家さんです。弟子たちとリフォームを楽しみながら資産を増やす四戸さんに、賃貸業を楽みながら成功するための秘訣をうかがいました。




■ 2007年からアパートを買い始めて、家賃年収3,300万円


皆さん、あけましておめでとうございます。CASHFLOW101こと、加藤ひろゆきです。

今日は2016年の最初を飾る対談ということで、今、札幌で一番勢いがあるとウワサされている四戸きみ子( しのへきみこ )さんに来ていただきました。

四戸さんは、ワタクシのブログにもときどき「 八戸( はちのへ )さん 」として登場する女性大家さんです。四戸さんのことを知らない方がほとんどだと思うので、まずは自己紹介をお願いします。



札幌近辺で大家をしている四戸きみ子です。1952年生まれのオバチャンです( 笑 )。不動産投資を始めたのは2007年。今はアパート10棟、全部で約70室を所有しています。月の家賃が約280万円で、返済は40万円くらいです。

もともと働くのも貯金も好きで、お金をコツコツ貯めていました。その先の運用をどうするか考えていた時に、加藤ひろゆきさんの1冊目の本を読み、「 コレしかない! 」と思いました。加藤さんの本で、ロバート・キヨサキの本をすすめていたので、それも読んでみたら、目からウロコが何枚も落ちました。




ええ!すごいじゃないですか。まさかこのルックスで、家賃年収が3,000万円以上あるとは誰も思いませんよ。カモフラージュですよ。そういえば、四戸さんは物件を買う前に、ワタクシに会いにきてくれたんですよね。


私は誰にでもペラペラと思っていることを話してしまうんですが、ある日、新聞の勧誘に来た人に、「 加藤ひろゆきさんという人の本を読んで、すごく面白かった 」という話をしたら、偶然にもその人が加藤さんの知り合いだったんです。それで、読売新聞を1年契約する代わりに、加藤さんを紹介してもらいました( 笑 )。


世の中狭いですよね。やっぱり、自分のやりたいことって口に出した方がいいですよ。どこでチャンスにつながるかわからないですから。あと、会いたい人には会いに行った方がいい。ワタクシも坂井三郎先生に手紙を書いて、お会いできたことを今でも本当によかったと思っています。


本当にそうですよね。北海道の方とは知っていましたが、まさか同じ街とは思っていなかったから、驚きました。


■ 不動産投資の仕組みを知った時、「 こんなにいいものはない! 」と思った


その後すぐに、物件を探し始めたんですか?


そうです。加藤さんにお会いしてすぐに、物件を探し始めました。最初はボロ戸建てばかり10棟以上見たんですが、傷んでいるものが多かったんです。考えた末に、マイホームを買ったときにお世話になった方に紹介されたアパートを買いました。2DK×4戸で1030万円。平成2年築で、利回りは20%です。




大きな買い物ですが、不安はなかったですか? 


全然なかったです。昔、保険で120万円を預けると6年で170万円になる商品があって、毎年買っていたんですよ。でも、ある時、生命保険会社が潰れて元本が減っちゃった。そのときに、「 お金って置いておくだけだと使わなくてもなくなるんだ 」と愕然としました。だから、不動産投資の仕組みを知った時は、「 こんなにいいものはない! 」って思ったんです。

だって、アパートは消えないのに、家賃が入ってくるんですよ。そうやって、納得して始めていますし、加藤さんのように実際に成功している人も見ていますから、不安なんて感じませんでした。ただ、家族には大反対されました。でも、1棟目を買ってしばらくして通帳を見せたら喜んでくれて、それからは応援してくれています( 笑 )。


よかったですね。それにしても四戸さんは普通の主婦なのに、アパートを現金で買えるお金を持っていたのがすごいですよ。


うふふ。私、働くのも貯金も大好きなんです。アパートを買う少し前までは、5時〜9時まで学校給食を作る仕事、10時〜16時までは建設会社の雑務、17時〜20時までは袋を作る会社の仕事をかけもちしていました。

主人がコンクリートに穴を開けたりする削孔( さっこう )大工だったので、生活費は主人の収入で賄って、私のアルバイト代は全て貯金していたんです。斜里町から札幌に出てきてからずっと働いていますね。妊娠中も働いていて、貯金はウン千万になりました。


すごいなあ。一日のうちに3つも仕事をかけもちする人なんて、聞いたことありませんよ。


でも、3つかけもちしている時、ばあちゃん( 母 )が脳溢血で倒れたので、その後は給食の仕事だけ残して辞めました。あの日、家を出るときに、ばあちゃんが「 行くのか? 」ってなぜか声をかけてきて、その日に倒れたので、予兆があったんでしょうね・・・。

ばあちゃんの世話の合間に出かけた本屋で見つけたのが加藤さんの本。いつも、「 24時間働けたらいいのに 」と思っていたので、大家になったらそれが叶って嬉しいです。アパートは24時間、休まずに働いてくれますから。




■ 配管工事以外のリフォームは基本的に自分でやります


確かにそうですよね。こうして、真っ昼間にお茶をしばきながら対談している間にも、家賃は入ってきます。ありがたいですよ。ところで、一棟目に買ったアパートは、すぐに満室になりましたか?


それが、4戸中3戸埋まった状態で買ったんですが、残りの1戸が10カ月も埋まりませんでした。不動産会社を何十社と回りましたが、私が一人で行っても、どこも相手にしてくれないんです。資料を渡すと、「 がんばります 」って言うんですが、それきりでした。

それでもめげずにマイソクを持って営業に行っていたら、アンパンマンショップの谷さん( 仮名 )という方が、「 僕がすぐ入れます 」と言って、本当に埋めてくれました。今でもよくしてくれますし、谷さんには本当に感謝しています。


いい物件でも客付けをしてもらえないと、家賃は入ってきませんから、不動産屋さんとの連携は重要ですよね。ワタクシも懇意にしている方が何人かいますよ。アンパンマンショップの谷さん、いい方ですね。今度、紹介してください( 笑 )。ところで、四戸さんはリフォームも自分でされるんですよね。


はい。アパートを買い始めてからは給食の仕事も辞めたので、私の今の生きがいはリフォームなんです( 笑 )。最初だけ業者さんのやり方を見て、次からは自分で直しています。床貼りは主人に頼みますし、天井もきついので人に頼むことがありますが、配管工事以外は基本的に何でもやります。




ワタクシも物件を買い始めた頃は労働力投入していたんですが、今は昔ほどやらないですね。BOYSと遊んでいる方が楽しくなりました。お恥ずかしい話ですが。


いえいえ。私はリフォームが好きだから、やっているだけです。プロの仕事を見ていたら間違えることがよくあるし、これなら自分でもできると思ったんです。業者さんに依頼する3分の1くらいの価格でできますよ。アパートを持つ前は、更年期で調子の悪い日があったけど、リフォームで忙しくしていたら、それも吹っ飛びました( 笑 )。


リフォームのやり方は、どうやって勉強したんですか?


最初は業者さんのやり方を見せてもらいました。ジーっと見ているとやりにくいでしょうから、お菓子やジュースを差し入れて、さりげない感じで見ていました( 笑 )。やってみてわからないときは、ジョイフルAKの店員さんに聞くと、丁寧に教えてくれます。リフォームは好きなようにやるのがコツですね。

よく誤解されるのですが、性格はマメなわけじゃないんです。ペンキ塗りの養生とかは嫌いなので、超テキトーです( 笑 )。築20年以上の物件が多いので、清潔感だけ心がけて、仕上がりは味があるくらいの方がいいと思っています。


編集後記
加藤ひろゆきさんの事務所で行われた新春対談は、四戸さんが差し入れてくださったお菓子とジュースを飲みながら、和やかな雰囲気の中で行われました。地方はリスクが高い、築古木造は埋まりにくい、素人のリフォームは効率が悪いといった定説を覆す四戸さんの投資スタイルには、加藤さんも感心しきりといった面持ちでした。この対談はあと2回続きます。お楽しみに。


○ 全3回のテーマ
第1回【 地方のパート主婦が家賃年収3,300万円の大家になれた理由 】
第2回【 大家界のマザーテレサの楽しみは弟子たちと行く「 変態ツアー 」 】
最終回【 買えていない人に足りないのは「 強い気持ち 」 】


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 四戸きみ子(しのへきみこ)さん

八戸さん

四戸きみ子さんのブログ

□1952年
北海道斜里町生まれ。
高校卒業後、札幌で就職・結婚。

子育てのかたわら、一日に複数の仕事をかけもちし、貯金を増やす。
器用で何でもこなすが大成もせず、近所のおばさんに「器用貧乏」と言われる。

□2007年
加藤ひろゆきさんの『ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営』を読み、衝撃を受ける。

□12月
1棟目のアパートを購入
2DK×4戸(1,030万円)

□2008年5月
2棟目のアパートを購入
2LDK×3戸+1LDK×3戸(3,000万円)

□10月
3棟目のアパート購入
2LDK×4戸+1LDK×4戸(1,550万円)

□2009年2月
4棟目のアパートを購入
2LDK×10戸(1,630万円)

□2010年10月
5棟目、6棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,630万円)
2LDK×6戸(1,600万円)

□2011年7月
7棟目のアパートを購入 2LDK×8戸(3,680万円)

□2013年8月
8棟目のアパートを購入
2LDK×8戸(3,200万円)

□12月
9棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,600万円)

□2014年8月
10棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,350万円)

□2016年現在
10棟68室を所有
家賃年収約3,300万円

弱点だった「器用貧乏」を生かせる大家の仕事に出会えてよかったと実感する毎日。

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん
加藤さんのブログ

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。 渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は一戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。

著書に
  • 「ベンツは20万円で買え!」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「300万円で大家になって 地方でブラブラ暮らす法」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「借金ナシではじめる 激安アパート経営」
  • (ぱる出版)
  • 「激安不動産を入手シテ豊かに暮らす方法」
  • (ぱる出版)
  • 「田舎で大家になってシンプルに暮らす101の方法」
  • (ぱる出版)
  • 「知られざる坂井三郎」
  • 一部寄稿(学研)

    ・メールアドレス
    cashflow101ss(at)yahoo.co.jp
    ・楽天ブログ
    http://plaza.rakuten.co.jp/investor101/
    ・HP
    http://cf101.chu.jp/

    ページの
    トップへ