• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

11,578アクセス

買えない人に足りないのは「強い気持ち」【新春対談】

大家対談/四戸きみ子×加藤ひろゆきさん_画像


加藤ひろゆきさんと、四戸きみ子さんの対談の最終回です。買える人と買えない人の違い、自主管理の面白さ、家賃年収3000万円を超えた先に目指すもの、健康の秘訣・・・。楽しく資産を増やされてきた四戸さんの笑顔と成功の秘訣に、加藤ひろゆきさんが迫ります。


■ 皆、物件を買う前よりもハッピーになっています


今、全国的に物件価格が上がっていることもあり、不動産投資で失敗している人が増えているそうです。四戸さんの周りには、失敗した大家さんっていますか?


うーん、いません。皆、物件を買う前よりも色々な意味でハッピーになっています。どうして失敗しないかというと、買う前に勉強していますから。仲間の大家が物件を買って、直して、埋めてというところを見たり聞いたりして学んでいるので、大きく道を踏み外すことがないんだと思います。

あと、やり方もあるんじゃないですか。私もそうですが、私の周りのいる人たちは、最初は現金か、借りるとしても小さな金額から始めています。初心者がいきなり大きな借金をするのは、やっぱり危ないと思いますね。


大家になって大変なことはありましたか?


大家の悩みって、物件のことよりも、入居者さんのことが多いと思うんです。木造の場合、建物のトラブルは、なんとかなるので。ただ、入居者さんのことでも、大変だったのは滞納くらいですね。私は新しい方が引っ越してくると、すぐにあいさつにいって、「 何かあったら電話して 」と電話番号を渡しているんです。その方が長く住んでくれる気がします。

掃除や草取りに行ったときも、「 大家ですけど、困ったことありませんか? 」と声をかけています。自分の物件に住む人にはみんな、幸せであってほしいと思っているし、安心して暮らして欲しいので、できる限りのことはしたいんです。入居者さんどうしも仲が良くて、去年は入居者さんたちが主催する焼肉パーティーに招待してもらいました。夢のような気分でした。


入居者さん主催の焼肉パーティーでの写真


どんなことを話すんですか? 私は物件に行くのはたいてい、家賃が遅れている人の回収に行く時なので、「 食べるものがない 」とか、あまり明るい話題にはならなかった記憶があります。回収に行ったのに、弁当代を置いてきたこともあります( 笑 )。


加藤さんは優しいですね。私の場合は、何もなくても顔を出しているんです。一人暮らしの方が多いので、お年寄りのお部屋の隣の方には「 気にとめてあげてね 」とお願いしたりします。以前、「最近、食欲がない」と言っている入居者さんがいて、気になって電話したら、入院していたこともありました。

今、約70室ありますが、入居者さんの顔と名前はだいたいわかります。私の仲間もそういうやり方をしている人が多いです。加藤さんもそうですよね。入居者さんにニックネームをつけたりして(笑)。


そう。入居者さんにニックネームをつけると、なんだか愛着が湧いていいですよ。嫌なことをされても、あんまり腹がたちません( 笑 )。そういえば、四戸さんはお弟子さんにもニックネームをつけるのが上手ですよね。


そうなんです。たくさんのリフォーム仲間がいますが、ニックネームの方が仲良くなれる気がして、好き勝手にあだ名をつけています( 笑 )。屯田兵3号・4号さん、ルイさん、潜水大家さん、つっちーさん、林家たっちさん、ビッグワンさん、マーシー、マリリンちゃん。大人になっても、こんな風に呼び合うのって面白いでしょう?( 笑 )


みんな、ピッタリのニックネームですね。さすがです。ところで四戸さんは、管理会社は入れていないんですか?


札幌の物件は、信頼できる担当者さんに出会えたので、お願いしています。恵庭や千歳の物件は、自主管理です。電話はたまにかかってきますが、内容がどんなものでも、嬉しいですよ。電話の後で家に来てもらって、お茶を飲むこともあります( 笑 )。物件を札幌近辺に固めているのも、何かあったら自分で対応できるようにという気持ちからです。


そういえば、入居者の女性の一人が、よく四戸さんの家のリビングにあるマッサージチェアに座っているとウワサで聞きました( 笑 )。そういう大家さんって、あまりいませんよね。


こよみちゃんですね。彼女は私のリフォームの仕事を手伝ってくれることもあるんですよ。病気をしてリハビリ中の女性ですが、話していても楽しいし、助かっています。



■ 買えない人に足りないのは「 強い気持ち 」


これから始める人へのアドバイスをお願いします。


思い切って、早く持つことです。自分に縁のあるものは、少しくらい基準を緩めても買ったらいいと思います。戸建てなら、4棟持ったら5万円×4棟で20万円。20万円入るとお金がグルグル回りだすので、そこまではダダーッと買うのがおすすめです。

あと、買っている間はお金は残りません。税金や次の物件のリフォーム代に消えていくので、ゼロ。みんな、大家になってもお金が残らないと心配するので、「 買っている間はお金が残らなくて普通だから、心配いらないよ 」と言っています。がんばって4棟まで買って一息つくと、今度はお金が増えていく。まずはそこまで、進むことですね。


四戸さんの周りには、大家を目指しているけれど、まだなっていないという人もいますよね。買えない人と買える人の違いってなんだと思いますか?


2〜3年買えない人に足りないのは、「 強い気持ち 」です。加藤さんは、その人の性格を見て、私のところによこすじゃないですか。「 この人は四戸さんのところに行けば、何とかなるだろう 」という人を、送り込んで来ていますよね( 笑 )。

私は、そういう人の背中を押してあげるのも自分の役割だと思っています。決断力とか勇気って、その人の生まれ持ったものでもあると思うんです。でも、あまりに口だけの人には、厳しく言うこともありますよ( 笑 )。

■ 自分の分はもう充分。これからは子どもの物件を探したい


そういえば、四戸さんのご活躍を、元大工のご主人はなんと言っていますか?


応援してくれていますよ。最初、アパートのリフォームを頼んだ時は、「オレには無理。木造はやったことないから」と言っていたんですが、業者さんがやっているのを見て、「 木造ってラクだなあ。足らなければ足せばいいし、多ければ削ればいいんだから 」と言って、手伝ってくれるようになりました。


夫婦でリフォーム中

でも、60才の誕生日からしばらくは、家から出ようとしなかったんです。主人はもともと仕事が好きではないし、出かけるのも苦手なタイプなので、うるさく言わないと決めたんですが、毎月5万円渡していたお小遣いは渡さないから、自分でやりくりして、と伝えたら、3カ月で戻ってきましたね( 笑 )。

その主人は今、家事全般を担当してくれています。料理も上手で、洗い物もしてくれるし、本当に助かっています。我が家は普通とは違う逆転夫婦ですが、幸せですよ。若いときはケンカもしましたが、今は別れなくて良かったと思っています。


なるほど。勉強になります。これからもご主人と二人三脚で、物件を増やしていく予定ですか。


いいえ。10棟買えたので、自分の物件はもう充分。子どもが2人いるんですが、アパートをやりたいというので、今は子供たちのために探しています。あとは、若い人たちにがんばってもらえるよう、応援したいですね。


ところで、四戸さんは青汁とか飲んでいるんですか?


飲んでいません。でも、なぜか元気なの。私は趣味が登山なので、3つの仕事をかけもちしていたときも、休みになると山へ登っていました。冬の旭岳とか、黒岳とか、気持ちがいいですよ。身体を動かすのがストレスではなく、楽しみなんです。毎朝、子どもや主人のお弁当も作っていましたし、仕事の合間に家に戻って、夕飯の準備もしていました。


へ〜。すごいなあ。ワタクシは2014年に入院して、健康が何より大事だと痛感しました。命がなければ家賃も受け取れませんからね。これからも、お互いに健康に気をつけてがんばりましょう。


こちらこそ。私は、加藤さんの本に出会ったことで、人生が変わりました。10年前には、自分が大家になって、こんなに楽しく暮らしていることなんて、想像もしなかったんですよ。2016年も大家業や、若い人たちのお手伝いを楽しもうと思います。今年もよろしくお願いしますね。


加藤ひろゆきさんの新刊と四戸さんの差入れのお菓子を手に記念写真。「 お互いに、今年もがんばりましょう! 」


編集後記
「 この時期にしか休めない人たちもいるから 」と、年末年始もお弟子さんたちの物件を見に行くなど、忙しく過ごされた四戸さん。加藤ひろゆきさんはそんな四戸さんに、「 本当にアパート経営を始めてよかったですね 」と何度も話されていました。全3回に渡った2016年の新春対談は、今日で最終回です。四戸さん、加藤ひろゆきさん、ありがとうございました。


○ 全4回のテーマ
第1回【 地方のパート主婦が家賃3300万円の大家になれた理由 】
第2回【 大家界のマザーテレサの楽しみは弟子たちと行く「 変態ツアー 」 】
最終回【 買えない人に足りないのは「 強い気持ち 」 】


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 四戸きみ子(しのへきみこ)さん

八戸さん

四戸きみ子さんのブログ

□1952年
北海道斜里町生まれ。
高校卒業後、札幌で就職・結婚。

子育てのかたわら、一日に複数の仕事をかけもちし、貯金を増やす。
器用で何でもこなすが大成もせず、近所のおばさんに「器用貧乏」と言われる。

□2007年
加藤ひろゆきさんの『ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営』を読み、衝撃を受ける。

□12月
1棟目のアパートを購入
2DK×4戸(1,030万円)

□2008年5月
2棟目のアパートを購入
2LDK×3戸+1LDK×3戸(3,000万円)

□10月
3棟目のアパート購入
2LDK×4戸+1LDK×4戸(1,550万円)

□2009年2月
4棟目のアパートを購入
2LDK×10戸(1,630万円)

□2010年10月
5棟目、6棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,630万円)
2LDK×6戸(1,600万円)

□2011年7月
7棟目のアパートを購入 2LDK×8戸(3,680万円)

□2013年8月
8棟目のアパートを購入
2LDK×8戸(3,200万円)

□12月
9棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,600万円)

□2014年8月
10棟目のアパートを購入
2LDK×6戸(1,350万円)

□2016年現在
10棟68室を所有
家賃年収約3,300万円

弱点だった「器用貧乏」を生かせる大家の仕事に出会えてよかったと実感する毎日。

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん
加藤さんのブログ

大家・作家・随筆家。

ムービー・スターを夢見て、ハリウッドで200本のオーディションを受ける。マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ。ホンダやコカ・コーラのCMなどに出演していた。
米国スクリーン・アクターズ・ギルド(俳優協会)のメンバー。 渡米後六年間、頑張ってみたが、LA時代の後半は、芸能の仕事も激減、財務がタイトになり、ホームレスになる直前だった。乗っていたキャディラックを売却して、航空券を購入。残った200ドルを握り締めて玉砕寸前で帰国。

その後、つとめ人として再生を試みるが、アメリカナイズされた大和魂の受け皿はなく、挫折。うだつの上がらない人生から脱却するためには、不動産が必要だと感じた。安い中古車に乗って資金を貯め、大家業を目指し、激安アパート経営で再生。

現在の所有物件は一戸建8棟、アパート2棟、商業ビル1棟、貸店舗3棟、貸駐車場2区画、更地5区画。

CASHFLOW101のハンドル・ネームで、楽天ブログ(随筆)を、ほぼ毎日執筆中。
現在は北海道に住み、生きながら解放されることを目指している。晴れた日には土地の開拓、あるいは、マシンの走行実験を実施。雨の日には随筆を綴っている。

著書に
  • 「ベンツは20万円で買え!」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「ボロ物件でも高利回り 激安アパート経営」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「300万円で大家になって 地方でブラブラ暮らす法」
  • (ダイヤモンド社)
  • 「借金ナシではじめる 激安アパート経営」
  • (ぱる出版)
  • 「激安不動産を入手シテ豊かに暮らす方法」
  • (ぱる出版)
  • 「田舎で大家になってシンプルに暮らす101の方法」
  • (ぱる出版)
  • 「知られざる坂井三郎」
  • 一部寄稿(学研)

    ・メールアドレス
    cashflow101ss(at)yahoo.co.jp
    ・楽天ブログ
    http://plaza.rakuten.co.jp/investor101/
    ・HP
    http://cf101.chu.jp/

    ページの
    トップへ