• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

13,911アクセス

富を維持するために大切なことと私にとっての幸せ

大家対談/黄金ガール×加藤ひろゆきさん_画像


前回に続き、加藤ひろゆきさんと黄金ガールさんのお二人の対談をお届けします。今回の注目は、お金の力で人生が左右された人たちの話。その他、お子さんへの不動産教育から、加藤さんのマイブーム、初めて明かされる黄金さんの将来の夢など、気になる話題が盛りだくさんです。


■ お金を稼ぐ方法ってたくさんあるんだとわかりました


よくできたお嬢様に、お金の教育をしていますか?


マイソクを見せたり、利回り計算をさせたり、一緒に物件を見に行ったりしています。たいてい、「 こんな汚い家、ヤダー 」とかいいますけど、興味はあるみたいです。小さいころは、「 ママー、○○ちゃんの家、旗竿地だったねー 」なんていうので、面白かったです。


家庭内図面舞踏会ですね。ステキです。ワタクシも姪のマッピに色々と教えているんですよ。「 どうしておじちゃんは会社に行かないでいいと思う? 貸家を持っているからだよ 」なんて話すと、「 ふーん 」なんていってきいています。


うちは父が自営業で資金繰りに苦労している姿を見ていたので、大人になってお金を稼ぐことって大変だなと思っていたんです。でも、実際にこの年になってみると、お金を稼ぐ方法ってたくさんあるんだということがわかりました。


お金に苦労している人って、一時的に稼ぐことはできても、富を維持できないんですよね。税金のことを考えているからなのか、入ってくるお金を経費として使いきっちゃう人が多いみたいです。



この間乗ったタクシーの運転手さんも、バブルがはじける前は5億円の売上がある会社を経営していて、豪邸に住んで、メルセデスに乗って、1,000万円のゴルフ会員権を2口持っていたそうです。あのお金で貸家を買っておけばよかったと嘆いていましたよ。


そうそう。この間、家賃収入が月に150万円あるという人にお会いしたんですが、職業はお蕎麦屋のお運びさん。実家が六本木にあって、六本木ヒルズを建てるときに土地と等価交換で部屋をもらったんだけど そこに住まずに貸しているんですって。大金が入ったとき、どう使えるかでその後の人生が決まってきますね。


黄金様は、どのくらいの規模まで買っていくつもりですか?


この先も戸建てを買っていきたいです。アンティークの仕事も続けながら複利でお金を増やしつつ、将来は青山あたりにビルを持ちたいという夢もあります。

この間、秋葉原に出かけた時に、鉄道模型の店で願かけの意味で、ビルの模型を買ってきました。「 黄金ビル 」と名前を書いて、看板にも一流企業のテナント名を入れて、ニヤニヤしながらイメージトレーニングをしてるんです、キャー言っちゃった、恥ずかしい。。。





偶然ですね。ワタクシも鉄道模型の家を持っていますよ。戸建てを塗る時に、模型を先にペイントして、それをペンキ屋さんに見本として渡すんです。「 KATO 」っていうメーカーが作っているんですよね。


そうです! その模型のビル「 カトー 」です。同じですね( 笑 )

■ 子供が大きくなったら海外に長期で滞在したい


加藤さんの最近のブームはなんですか?


土地の開拓。インドネシアに行った時に、大富豪が道路を造るところから始めるんだといっていて、それを北海道でやればいいんだと思ったんです。ロバート・キヨサキ先生のセミナーに出た影響もあります。不動産以外では、友だちとお茶をしばいて、くだらない話でワーワー騒いでいるのが楽しい。


私は青山にビルを持てたら、ペントハウスに住んで、その下に皆が集まって不動産の話をできるサロンを作りたいな。あとは今、娘が高校2年生なんですが、大学を卒業するころには、自主管理を卒業して、好きな国に長期で滞在できるようになりたいです。


好きな国ってどこですか? 満州?


暖かいところがいいです。あとはヨーロッパ。フランスやイタリアに長期滞在して美術館巡りや骨董品探しなんていいですね。


ワタクシは住むならLAですね。タイやバンコクは暑すぎるし、インドネシアは人が多すぎです。でも、これも家賃のおかげですね。日々の生活に困っていたら、こんな話、できませんよ。ところで、黄金さんは本を書かないんですか?


うーん。読みたい人がいるかしら。


本を書くと、車が欲しいとかバッグが欲しいとか、その手の物欲がなくなりますよ。文章で自分を表現できるから。それに、、読者から感謝されるのがすごく嬉しいですよ。全国に黄金さんみたいになりたい同じ立場の人がたくさんいると思うんですよ。その人たちのために何か書いたらいいですよ。




そういえばこの間も、ご主人が病気という奥様に相談されて、アドバイスをしました。その方は戸建ての大家になられて、デイサービスがテナントで入ってくれているそうです。そういう話を聞くと、少しでも役に立てたならよかった、と思いますね。

■ 一番つらかったのは夫の病気が治らないとわかったとき


これまでで一番つらかったのは、どんなときですか?


主人の病気がわかったときです。治るなら希望もあるんですが、治らない病気だといわれて、どうすればいいのかわかりませんでした。


嬉しかったことは?


最初の物件を買えたときは、本当に嬉しかったです。家賃収入が55万円で返済が26万円だったので、差し引き29万円が振り込まれたんですよね。頭ではわかっていましたが、銀行に通帳記入に行って、残高が増えているのを見たときは、「 本当にこうやってお金が入ってくるんだ 」と驚きました。希望が見えたという感じです。


治療費も相当、かかったんでしょう?


初めの頃は自宅療養でしたが、最後は施設に入っていて、毎月47万円かかりました。そのときは家賃が100万円あったのと、難病認定の年金が入ったのでなんとかなりましたけど、お金がなければ満足な治療も受けさせてあげられなかったと思います。


生命保険は入っていなかったんですか?


高度障害保健で900万円くらいは入ったと思います。主人のポリシーで、最低限の保険しか加入していなかったんです。実はこの金額って、死亡したときと同じ支払い額なんですよ。主人がこれを知ったときに「 僕は死んだも同然なんだ 」と手がつけられないほど荒れました。この時が一番大変でしたね。

■ 健康で家族の仲がよいのが何よりのしあわせ


入院中の講義で看護婦がいうには、人間ってコロっと死ぬ人はほとんどいないそうです。ワタクシも、こうやってブラブラしているから、元気でいられますけど、勤め人は大変ですよ。



この間、入院していたときも、病室からネクタイを締めてスーツを着て会社に通っている人がいました。資産を増やすことも大切ですが、健康と長生きが一番大切です。


それと、夫婦の仲がいいことね。お金があっても家族がバラバラだったら幸せとはいえませんよ。そういう意味でも、お金があるといいですね。夫婦の間で、お金が原因でケンカになることは多いでしょう。金持ちケンカせずは本当ですよ。その点、赤井さんは奥様と仲が良くてステキです。


そういえば赤井さんって、大学院時代から、国内の有名企業の奨学金をもらっていて、卒業後はそこに就職したんですよね。まさにエリート。野球選手でいう高橋由伸みたいなもんですよ。


そうですね。立派な人ですね、お酒を飲むと別人になりますが( 笑 )


あと、お金持ちって受け取り上手ですよね。ワタクシはよくチップを渡すんですが、貧乏な人ほど、遠慮して「 いいですよ 」「 乞食じゃないんで 」とかいうんです。その点、お金持ちは理由なんてなくても、「 え? いいの? ありがとう! 」とさわやかに受け取りますよ。




お二人の話から、お金の使い道が人生に与える影響の大きさがよくわかります。お金があっても家族が仲良くなければ幸せではない・・・。お金がなければ家族に満足な治療を受けさせてあげられなかったかもしれない・・・。たかがお金、されどお金ですね。次回はいよいよ最終回。お楽しみに。

○ 全5回のテーマ
第1回、【 フェラーリ生活から無収入になった悲しい理由 】
第2回、【 詐欺師を見分ける方法と成功者の特徴 】
第3回、【 無借金で資産が増えていく戸建て投資の面白さ 】
第4回、【 富を維持するために大切なことと私にとっての幸せ 】
最終回、【 女性たちよ! 貸家を買って家族のピンチに備えよう 】


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん

激安不動産投資家
加藤さんのコラム
加藤さんのブログ

□ 経歴

1965年生まれ。北海道出身。北海道在住の随筆家兼激安不動産投資家。

大学卒業後、某大手外資系企業に勤務。その後、渡米しハリウッドで俳優を目指す。
マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ、ホンダやコカ・コーラのCM、映画などにも出演。出演本数、約50本。

約6年間、アメリカ合衆国の芸能界に挫折して1997年に帰国。
その時の所持金は、たった200ドル。

帰国後、3年間のフリーター生活。その後出版社のサラリーマンとして生活をはじめたが、 2006年1月に支店が閉鎖。

これを期に、専業大家にナル。

■ 黄金ガールさん

黄金ガール

黄金ガールさんのコラム
黄金ガールさんのブログ

□ 経歴

1986年
会社を興す。ヨーロッパより、弦楽器の輸入販売。バブル景気に乗って順調に売り上げを伸ばす。

1997年
長女が誕生。
自宅RC区分を購入。

2001年
数年前から体の不調を訴えていた夫の病気が、「脊髄小脳変性症」と判明。その後進行、2004年頃から寝たきり状態。要介護5.障害手帳1級

2004年〜2006年
アルバイトと預金をくずしながらの、「水飲み百姓」状態が続く、 危うく「百姓一揆」を起こしそうな時に、不動産投資に出会う♪

2006年
1月 川口市 RC造ワンルーム×10戸と店舗1戸を購入
2月 豊島区 区分1戸を購入
8月 新座市 戸建3SLDK
  川口市 区分3DKを購入

2008年
6月 横浜市 木造アパート4戸購入
10月 熊谷市 戸建購入
11月 埼玉 区分購入

2009年以降も戸建てを中心に物件を買い進める

2011年3月、闘病を続けていた夫が死去

2011年〜
アパートを売却し、戸建て投資で資産を拡大中


ページの
トップへ