• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

15,859アクセス

女性たちよ! 家族のピンチに備えて貸家を買おう!

大家対談/黄金ガール×加藤ひろゆきさん_画像


前回に続き、加藤ひろゆきさんと黄金ガールさんのお二人の対談をお届けします。最終回の今回は、これから不動産投資を始める方へアドバイスや注意点、そして、なぜ二人が不動産投資で成功できたのか? その秘訣などについて話し合いました。


■ アドバイスは本を読むことと、無料セミナーに気をつけること


入居者さんにはどんなサービスをしていますか?


ウェルカム・バスケットには生活必需品だけでなく、ロクシタンのアメニティセットなど、もらってうれしいものを入れています。ロクシタンは外国に住んでる叔父からのもらいものなんですけど、女性なら嬉しいじゃないですか。ちなみにバスケットは内見のご家族の子供さんがいたずらしないように、チュールレースで覆ってリボンで結んであります。


無料で手に入れたものでお金を生むって、究極のキャッシュフローじゃないですか。それに、レースのウェルカム・バスケットなんてゴージャスで、黄金様らしいですよ。


うふふ。あと、シングルマザーとその御母堂様が戸建てに入居していたとき、お子さんの誕生日に図書券を送ったら、とても喜んでくれました。シングルマザーの彼女がすごくがんばっていたので、応援したくなったんです。


ステキな大家さんですね。これから不動産投資を始める方へアドバイスをお願いします。




本をたくさん読むことと、無料のセミナーには気をつけることでしょうか( 笑 )。怪しい話も多いですから。



確かに。無料セミナーは手を挙げさせたりして、洗脳っぽいなと思うものもあります。あとは、変なコンサルタントにも要注意ですね。変なコンサルタントに引っかかる人は、勉強はよくできるんだけど、決断力がないというか、サラリーマン的な考え方が染みついている人が多いですよ。

知り合いの大家さんが、有名コンサルタントの紹介で物件を買った後、まわらなくなってしまい、困って相談したら、「 うちは買うまでのコンサルタントで、その先のことは関知しない 」といわれたそうです。毎月、高いお金を払っていたのにって、相当、ショックを受けていましたよ。


気の毒ですよね。私も聞きましたが、金額も大きかったので、相当悩んだみたいです。無事に損を出さずに売却できたからいいものの、売れずに持ち続けることになったら、どうなっていたか。もちろん自己責任ですけど、人を見る目って、大切だと思いますね。


そこも直感ですよね。日頃からたくさんの人や不動産に会う中で、直感って磨かれていきますよ。

■ 結婚前に小さな戸建てを買って嫁入り道具に


今、何十年もローンを組んで、高いマンションを買っている独身女性が増えているといいます。でも、私はそれもいいけど、結婚前に現金で安い小さな戸建てを買って嫁入り道具にするといいと思うんです。

少しでも家賃収入があれば、家族に何かあったときに、きっと助けになってくれます。結婚はゴールだと思っている人が多いけれど、人生は結婚してからが長いですし、うちもそうでしたが、色々なことがありますから。



嫁入り道具に戸建てですか。ナウいですね。本についていうと、同じ本でも読み手のセンスで、学べる内容が全然違うんですよね。例えば、ワタクシはキヨサキ先生の「 若くして豊かに引退する方法 」が一番役に立ちました。あの本の309ページに、不動産投資で成功する方法が書いてあります。でも、面白くなかったという人もいるんですよね。



あと、図書館で借りるとかはダメですよ。私も繰り返し読んで、線を引きながら大事なところを学びました。ワタクシは夏になると893が経営する海の家で、読書をするんですが、海の家の親父さんに、「 あなたが一番マジメだ 」といわれます。景気のいい話をしていた人たちも、1〜2年するとみんないなくなる。やっぱり不動産の力は絶大ですよ。


私も、海外旅行に行ってブランドのバッグを買うなら、そのお金を貯めて戸建てを買った方がいいと思うんです。最初に家を買えば、そのキャッシュフローでエルメスだって買えます。娘にも、そういう話はときどきしています。加藤さんは、これから物件を買う方にはどんなアドバイスをしますか?


いい物件を探すことが大事。いい物件がないないといいますが、探せば出てきます。去年買った無傷の300坪は、知り合いの不動産屋に謄本をとってもらい、売主さんに交渉したんですが、2回断られて、3回目で売ってもらうことができました。

ワタクシは一棟目を買う時、80棟見て、5回買付を入れて、5回目に買えました。買えないという人は、物件を見る数が圧倒的に少ないですよ。20棟見れば、相場がわかってきて、価格の落とし所も見えてきます。

それと、マッハで走ることですね。ワタクシも初期の頃は、車の燃料を満タンにして、移動時間を最低限に抑えて、たくさんの物件を見ました。あとは根性と情熱。これが揃えばいい物件に必ず出会えます。

■ アクションを起こす。レスポンスがいい。この二つは大事


黄金さんの成功要因は何だと思いますか?


成功かどうかはわかりませんが、バカみたいに好奇心が旺盛なのがいいのかなと思います。加藤さんの本を読んだときも、本にメールアドレスが書いてあったので、すぐにメールしました。街を歩いていて行列を見かけたら「 何の行列? 」と必ずききますし、いつでも思いついたら即行動です。あとは、直感に従って動いてきたのもよかったのかもしれません。




そうそう。黄金さんは本を読んでメールをくれたんですよね。いい本を読んで、著者の連絡先がわかったときは、絶対に連絡した方がいいですよ。ワタクシも「 大空のサムライ 」を読んで坂井三郎先生に速達で手紙を出したら、次の日に電話がかかってきました。

坂井先生は、自分の体験を語り継いでくれる人を探していたのかもしれない。何かを感じたらアクションを起こす。レスポンスがいい。この二つは大事かもしれないですね。


私は、失敗もいっぱいしているんですよ。高額セミナーに行ったけど、何の役にも立たなかったということもありました。怪しい投資話にのりかかったこともあります。ただ、どれも小さい失敗だから良かったんです。致命的な失敗でなければ、やり直しはききますから。


その点、戸建ては金額も小さいですし、がんばれば現金で買えるので、致命的な失敗はしにくいですよ。家と車の買い方で、人生って大きく変わってきます。安い家に住んで、安い車に乗って、浮いたお金で貸家を買えば、人生がラクになります。


不動産投資に出会っていなかったら、主人を穏やかに見送ることもできなかたっし、今みたいに楽しく過ごすこともできなかったと思うんです。戸建て投資という手法を教えてくれた加藤さんには、本当に感謝しています。これからも、よろしくお願いします。


いやいや。あまりほめないでくれたまえ。これからもお互い、体に気を付けていい物件を買っていきませう。





勉強熱心で、行動力があるお二人。そこに様々な人生経験で磨かれた人を見る目や直感力が加わり、不動産投資での成功につながっているのですね。名残惜しいですが、お二人の対談は今回が最終回。何度でも読み返したい素晴らしい対談でした。加藤さん、黄金さん、ありがとうございました。

○ 全5回のテーマ
第1回、【 フェラーリ生活から無収入になった悲しい理由 】
第2回、【 詐欺師を見分ける方法と成功者の特徴 】
第3回、【 無借金で資産が増えていく戸建て投資の面白さ 】
第4回、【 富を維持するために大切なことと私にとっての幸せ 】
最終回、【 女性たちよ! 貸家を買って家族のピンチに備えよう 】


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 加藤ひろゆきさん

加藤ひろゆきさん

激安不動産投資家
加藤さんのコラム
加藤さんのブログ

□ 経歴

1965年生まれ。北海道出身。北海道在住の随筆家兼激安不動産投資家。

大学卒業後、某大手外資系企業に勤務。その後、渡米しハリウッドで俳優を目指す。
マドンナやジャネット・ジャクソンのミュージック・ビデオ、ホンダやコカ・コーラのCM、映画などにも出演。出演本数、約50本。

約6年間、アメリカ合衆国の芸能界に挫折して1997年に帰国。
その時の所持金は、たった200ドル。

帰国後、3年間のフリーター生活。その後出版社のサラリーマンとして生活をはじめたが、 2006年1月に支店が閉鎖。

これを期に、専業大家にナル。

■ 黄金ガールさん

黄金ガール

黄金ガールさんのコラム
黄金ガールさんのブログ

□ 経歴

1986年
会社を興す。ヨーロッパより、弦楽器の輸入販売。バブル景気に乗って順調に売り上げを伸ばす。

1997年
長女が誕生。
自宅RC区分を購入。

2001年
数年前から体の不調を訴えていた夫の病気が、「脊髄小脳変性症」と判明。その後進行、2004年頃から寝たきり状態。要介護5.障害手帳1級

2004年〜2006年
アルバイトと預金をくずしながらの、「水飲み百姓」状態が続く、 危うく「百姓一揆」を起こしそうな時に、不動産投資に出会う♪

2006年
1月 川口市 RC造ワンルーム×10戸と店舗1戸を購入
2月 豊島区 区分1戸を購入
8月 新座市 戸建3SLDK
  川口市 区分3DKを購入

2008年
6月 横浜市 木造アパート4戸購入
10月 熊谷市 戸建購入
11月 埼玉 区分購入

2009年以降も戸建てを中心に物件を買い進める

2011年3月、闘病を続けていた夫が死去

2011年〜
アパートを売却し、戸建て投資で資産を拡大中


ページの
トップへ