• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

投資初期に純資産を増やすための投資手法とは

鉄筋たてたろうさん_画像 鉄筋たてたろうさん 第5話 著者のプロフィールを見る

2021/9/23 掲載

こんにちは。鉄筋たてたろうです。前回のコラムでは、都内新築RCにチャレンジするスタートラインに立つために、まず純資産5,000万円を持つことが必要なことを説明しました。

また、純資産が複数のバランスシートで構成されることと、会計上と金融機関評価上のバランスシートが異なることを説明しました。

今回のコラムでは、不動産投資のパターン別に、バランスシートにどのような影響があるか、投資初期段階ではどの投資パターンを選択すれば純資産の積み上げができるのかについて説明したいと思います。

■ 金融機関評価バランスシートの特徴

融資審査において、銀行は会計上のバランスシートに修正を加えて評価します。主には、会計上では取得価格をベースに不動産が評価されているのに対して、金融機関独自の評価方法で不動産の価格を修正し評価されます。

一般的な金融機関は、新規取得不動産の評価方法を「 収益還元評価 」か「 積算評価 」のどちらか、もしくは両方のバランスを見て評価すると言われています。しかし、すでに所有している不動産の場合、ほとんどの金融機関が「 積算評価 」をベースにして評価しています。

既存物件の収益力は、滞りなく借り入...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 鉄筋たてたろうさん

鉄筋たてたろうさん

不動産投資家
起業家

note:鉄筋たてたろうはどう生きてきたのか
ツイッター:@tatetaro


■ 経歴

□1985年
福岡県生まれ

□2004年
上京、東京大学理科二類入学
在学中に勉強をして経済系の資格を取得

□2008年
就職

□2012年(27歳)
独立・起業
仕事を通じて不動産投資に出会う
1,2億円の中古マンションを購入(1棟目)

□2013年(28歳)
富山に中古マンションを購入
千葉に木造アパートを新築

□2014年(29歳)
千葉に鉄骨マンションを新築

□2015年(30歳)
東京23区の土地から新築RC投資へシフト
以後、都内のRC物件を中心に規模を拡大

□2021年(36歳)
本業の他に不動産関連の会社を数社経営
社員70名、合計年商35億

ページの
トップへ