• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,872アクセス

売り時を決める3つの指針と「売り方」のコツ〜

徳田文彦さん_画像 徳田文彦さん 第13話

2015/2/2 掲載

■ 不動産投資では必須の「 出口戦略 」

前回のコラムでは、投資物件価格が高くなっていく際の投資戦略について書かせて頂きましたが、今回はその真逆のお話をしようと思います。

投資物件の価格が高くなっている現在、既に投資物件を保有されている方の中には、「 売却 」という出口戦略を見据えている投資家も多いと思います。かくいう私も、投資初期に購入した物件については、売却も見据えて、色々と戦略を練っています。

■ そもそも「 今 」、物件を売却すべきなの?

投資物件価格はここ2年ほど上昇していますが、それでも、そもそも「 今、物件を売却すべきなの? 」という問題があります。既に物件を保有している投資家の中にも、この点で迷っている方は多いと思います。

果たして、物件が高く売れたのはいいが、その後、「 今所有している物件よりも、利回りや入居率が高い物件を、購入できるのか? 」という問題があるからです。

実際に、元祖サラリーマン大家さんの藤山勇司さんのように、「 購入した物件は基本的には売却しない 」という投資家もいらっしゃいます。( 藤山さんと対談させていただいた際にこの件を伺ったところ、実際に殆どと言っていい...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 徳田文彦さん

徳田文彦さん

東京在住

□不動産投資家
□企業向け戦略コンサルティング

■ 経歴

□1974年生まれ

□1999年
慶應義塾大学卒業後、同大学院修了

□2006年
大手広告会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及した結果、エリアを厳選して高い入居率を見込める物件を購入し、 入居者募集や管理業務を徹底して効率化する投資手法に到達する

□2013年
サラリーマンをセミリタイア

□2014年
サラリーマン卒業後は、企業への戦略コンサルティング業務に従事

■ 著書

徳田さん本
5年で引退できるセオリー破りの不動産投資(ぱる出版)

ページの
トップへ