• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,202アクセス

純粋投資家タイプVS経営者・職人タイプ。自分の投資スタイルの見分け方とタイプ別・投資に向いた物件

徳田文彦さん_画像 徳田文彦さん 第63話

2018/4/20 掲載

最近、経済紙の記者さんに、自分の投資履歴を説明する機会がありました。その取材を受けて感じたのは「 自分の投資スタイルに合った物件を買う事 」の重要性です。

こう書くと当たり前のことに思えますが、投資初期にこれで躓いている方を多く見かけます。かくいう自分も、最初の物件で同じ失敗をしたことがあります。

最初の物件で失敗しても、二件目以降でリカバリーすれば致命傷にはなりませんが、一件目から躓かないに越したことはありません。

そこで今回は、「 自分の投資スタイルの見分け方 」と、「 タイプ別・投資に向いた物件 」について、書いていきたいと思います。

■ 純粋投資家タイプVS経営者・職人タイプ

以前、健美家さんのパーティーで たかおさん とも話したことがあるのですが、不動産投資家を見ていると2つのタイプに大別できます。

@純粋投資家タイプ
A経営者、職人タイプ

@の純粋投資家タイプとは、投資として見合うかどうか、を最も大事にして、不動産投資を行う方です。それも、現況有姿の物件の状態で、投資として見合うかどうか、を重視します。

物件をリフォームしてバリューアップしたり、大規模修繕をしたりすることには、あまり興味があ...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 徳田文彦さん

tokudasan

東京在住

□不動産投資家
□企業向け戦略コンサルティング

■ 経歴

□1974年生まれ

□1999年
慶應義塾大学卒業後、同大学院修了

□2006年
大手広告会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及した結果、エリアを厳選して高い入居率を見込める物件を購入し、 入居者募集や管理業務を徹底して効率化する投資手法に到達する

□2013年
サラリーマンをセミリタイア

□2014年
サラリーマン卒業後は、企業への戦略コンサルティング業務に従事

■ 著書

徳田さん本
5年で引退できるセオリー破りの不動産投資(ぱる出版)

ページの
トップへ