• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,803アクセス

お化粧物件に騙されず、都心物件で堅実に収益を上げる方法

徳田文彦さん_画像 徳田文彦さん 第66話

2018/8/16 掲載

お盆の時期は、不動産投資界隈も一休みといった様子です。既に物件を持っている方は( 自分も含め )、不動産業者、工事関連の事業者がお休みのこの期間に、所有物件で不具合が発生しないよう、祈るばかりですね。

個人的には、設置済みエアコンに不具合が出ないで欲しいです。今年はどこのエアコン業者さんも多忙で、入居者さんをお待たせしてしまう事になるのはしのびないので…。

さて今回は、最近、私が検討している区分所有物件( 第65回のコラム参照 )の選び方や、どんなポイントに注意して探せばよいかについて、私が考えていることをシェアできればと思います。

■都心物件だからなんでも良いという訳ではない

前回お伝えしたのは、簡単に言うと、以下のような内容でした。


・都心の区分所有物件を金融機関のローンを使って購入
・物件保有中は、家賃でローンを返済し元本を減らす
・空室になったら、売却時に買値より高く売却する事により、元本返済分+αの収益を得る


税金面を考えると、物件保有中にはキャッシュフローはほとんど出ず、売却時にも数倍の額になるわけではないので、ハイリスクハイリターンを目指す方には向かない投資法かもしれません。

しかし、低金...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 徳田文彦さん

tokudasan

東京在住

□不動産投資家
□企業向け戦略コンサルティング

■ 経歴

□1974年生まれ

□1999年
慶應義塾大学卒業後、同大学院修了

□2006年
大手広告会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及した結果、エリアを厳選して高い入居率を見込める物件を購入し、 入居者募集や管理業務を徹底して効率化する投資手法に到達する

□2013年
サラリーマンをセミリタイア

□2014年
サラリーマン卒業後は、企業への戦略コンサルティング業務に従事

■ 著書

徳田さん本
5年で引退できるセオリー破りの不動産投資(ぱる出版)

ページの
トップへ