• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

6,792アクセス

出口戦略を描いた物件選びの方法-今から買うなら、損の出にくい物件を探すしかない-

徳田文彦さん_画像 徳田文彦さん 第70話

2018/12/10 掲載

みなさん、こんにちは! 相次ぐ、不動産投資絡みのニュース( 事件? )にも関わらず、投資物件の価格はあまり下がっていませんね。( 私が都内の物件を中心に探していることもあると思いますが )

不動産業者さんに話を聞いても、「 お客さんに紹介できる物件が本当にないんです 」と嘆かれる方が多い印象です。売り物件自体はあっても、「 自信を持ってお勧めできる物件がない 」ということなのでしょうね。

こういう時は、買い手であるお客さんの方が、ある程度リスクを引き受ける覚悟で、積極的に物件を探してくるしかないのかもしれません。

ただ、はっきり言って、今のマーケットには「 大儲け 」が期待できるような物件は滅多に存在しません。そうなると、次のような投資戦略しかとりえないと思います。

・安定したインカムを得ながら、売却時にはなるべくキャピタルロスが出ないようにする
・その結果として、インカムゲイン分くらいの収益を確保する


そして、このような投資を実行するには、3つの条件が必要になります。


@融資によるレバレッジ効果を受けられる物件であること( ハイリターンの投資ではない分、少しでも投資効率を上げる必要があります )
A
...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ 徳田文彦さん

tokudasan

東京在住

□不動産投資家
□企業向け戦略コンサルティング

■ 経歴

□1974年生まれ

□1999年
慶應義塾大学卒業後、同大学院修了

□2006年
大手広告会社に勤務しながら不動産投資を開始

多忙な合間を縫って効率的な不動産投資方法を追及した結果、エリアを厳選して高い入居率を見込める物件を購入し、 入居者募集や管理業務を徹底して効率化する投資手法に到達する

□2013年
サラリーマンをセミリタイア

□2014年
サラリーマン卒業後は、企業への戦略コンサルティング業務に従事

■ 著書

徳田さん本
5年で引退できるセオリー破りの不動産投資(ぱる出版)

ページの
トップへ