• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,545アクセス

【前編】北の大地発!加藤ひろゆきさんの激安物件を訪ねて

不動産投資の投スポ/物件訪問:加藤ひろゆきさん_画像 第6話



皆さん、こんにちは。投スポ編集部です。
今回の投スポは、北の大地の伝説の投資家、加藤ひろゆきさんへの直撃インタビュー。「 鬼のような指値 」「 労働力投入 」といった数々の名言を生みだした加藤さん、地元ではどんな大家っぷりを発揮されているのでしょうか? 
加藤さんの住む北海道・狭島市( 仮名 )から張り切ってお届けします!








北海道に着きました。夏だというのに、肌寒いです。早速、加藤さんとの待ち合わせ場所に向かうことにします。あ、加藤さんがいらっしゃいました。今日は実際に物件を見せていただけるということで、楽しみにしてきました。よろしくお願いします。


よろしく。よく来たね。ピーチ・ティー飲む?





ありがとうございます。これは、東京では見たことがないジュースですね。美味しいです。


よかった。じゃ、まずは去年買った国道沿いの更地に案内しよう。ところで、今乗っているこのクラウン・マジェスタ。新車で買ったら600万だが、中古車を60万で購入シタ。元々、高級車だから、造りはやはりしっかりしている。




大きな車体がカッコいいです。乗り心地もいいですね。ところで案内してくださる国道沿いの更地って、屯田兵さんたちと一緒にチェーンソーで開拓した土地ですよね。


うい。115坪。2011年の10月に売値の55%オフの¥●20万円で買った。
バブル期に入った買付価格は、¥●千二百万円だそうだ。
売主はタイミングを逃したと思う。
すぐ隣のテナントは家賃25万円で借りている。
この土地に、隣の建物と同規模の物件を建てると、そのくらいで貸せるだろう。
おっと、到着。この土地です。


「 やっぱりピーチティーはおいしいな 」byひろゆき

すっかりキレイな更地ですね。目の前は国道で、交通量もかなりあります。 ずっと放置プレイされて荒れていた土地とは思えません。


何年も「管理地」の看板が立っていたところ。
最初は雑木林状態だったが、木こりと屯田兵たちが木を切って、越冬した後、土木会社が整地してくれた。
皆、このひと手間をかけるのを嫌がる。
木を切った時点で、隣から譲ってくれないかという話が来たよ。

さて、次は通称・DEBU店長の物件を案内しよう。


最近、入居が決まった戸建物件ですね。


イエス。96年築で3P叶姉妹。
¥●50万円の売値にやや鬼のような指値を入れて買った。家賃は8・8万円。
劇団ひとり風味ナ店長が入居者さんを紹介してくれた。
ありがたいよ。さあ、着いた。




おお!まったくボロくない。むしろ立派な印象です。確か買った当初はカビだらけだったのに、リフォームでピカピカになっていますね。カッコいいです。


うふふ。じゃ、中も案内しよう。


玄関に内覧用のスリッパがありますね。真ん中に内また気味に置いてあるアンパンマンは、加藤さんのセンスですか?




いえいえ。誰かが置いてくれたのです。ファミリー向けの間取りだから、気を利かせてくれたのでしょう。ありがたい。ここ、トイレね。




この段ボールのメッセージボードは、加藤さんの作品ですか? 「 不凍液注入済 」というのは北海道ならではですね。


オレの字じゃない。テキサスっていう工作員がやってくれました。
みんな、本当によくやってくれる。2階も見る? 
この家、4LDKでクローゼットも広い。隣が畑だから日当たりもいい。



ほら、こうして木の枠を黄色にすると、温かみが出る。


本当ですね。北海道にはクリーム色がよく合います。実際、住宅街を通ると黄色い外壁のお宅が多くて、ヨーロッパの街並みのようです。それにしても、間取りも使いやすそうですし、水回りの設備もキレイです。どうして、この家がその値段で買えるんでしょう? 


中古が安いのは、買う人より売る人の方が多いから。
オレは買わないけど、このあたりは競売でも戸建が意外と出る。
地元の人が2,000万円以上かけて建てる、しかし、途中、財務がタイトになって手放す。逆に、借りる人は転勤族のサラリーマン多くて、お金はあるけど買う必要はない。
だから、貸家の需要はあると判断シタ。


なるほど。札幌に通いやすい立地もいいのでしょうね。そういえば、町内のアパートも満室のところが多いですね。


そう。この周辺は札幌市までのアクセスもよく、買い物にも困らない便利な田舎。
同じ北海道でも本当の田舎だと、こうはいかない。
かといって、札幌の市内も供給過剰でなかなか厳しい。
でも、そういう細かいことは地元にいないとわからない。
だから、よく知らない土地の物件を買うことは、オレは危ないと思う。


この続きは来週の【 後編 】で。後編では「 美人のお嬢様が住んでいた物件 」や、通称・「 卍結社物件 」なども登場します。お楽しみに。

追記:加藤ひろゆきさんのお顔のイラストは、健美家コラム著者の原田ミカオ先生の作品をお借りしました。ミカオ先生、ありがとうございました!

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 投スポ取材班

日夜スクープを追い求めて不動産投資業界を駆け回るフリーのジャーナリスト軍団。

不動産投資業界でウワサされるあんなことやこんなことの真相を確かめるべく、全国の事件(?)現場を取材している。

ジャーナリストの中には兼業で大家をしているメンバーも含まれるらしいが、その正体は不明。

ミーティングでの合言葉は「事件は会議室で起きているんじゃない。アパートで起きているんだ!」

ページの
トップへ