• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

10,287アクセス

明渡訴訟に勝ちました!

脇田雄太さん_画像 第126話

以前のコラムで、「 迷惑行為常習者の入居者に対して明け渡し訴訟を起こしている 」とお伝えしていましたが、今回はその続報です。

参照:困った入居者( と連帯保証人 )

この迷惑入居者は、同じアパートの若い女性にストーカー行為を働いたり、一晩中ベランダでうがいをし、階下の洗濯物を汚し続ける等の迷惑行為を行う一人暮らしの男性でした。

裁判を起こすにあたり、自分の勉強のためと考え、あえて顧問弁護士には依頼せず自力で戦いました。苦労させられましたが、有意義な経験を積めたと、今は前向きにとらえています。

■ 長崎の裁判所で判決が出る

「 被告は、原告に対し、別紙物件目録記載の建物を明け渡せ 」。

判決主文の1行目にこの言葉を見つけたときは、驚きました。自分で裁判を起こしておいてナンですが、想定外の判決だったからです。というのも、複数の弁護士や司法書士等に事前に相談した際には、かなり厳しいことを言われていたのです。

「 入居者さんの居住権というものは相当強いので、多少の迷惑行為くらいでは『 退去せよ 』という判決を得るのは難しいのではないでしょうか・・・ 」。

そして、「 自分なら労力とコストのかかる裁判ではなく、いくらか金銭を支払って自主的に退去してもらえるよう交渉します。脇田さんもそうした方がいいのでは? 」と続けるのです。

確かに経済合理性からすればその通りなのでしょう。しかし、私は「 盗人に追い銭 」のようになるのは不本意でした。そのため、「 勝てない可能性が高い 」ことを認識した上で、自ら裁判を始めたのです。

■ 他の入居者さんの協力を得て裁判に臨む

問題の入居者さんは、物件を購入した当初からお住まいでした。しかし、当初は空室が多かったこともあり、「 他の入居者さんからクレームが出ている 」という話を聞くことはありませんでした。

ところが、物件を購入後、入居率が上がるにしたがって問題が顕在化していきました。新しく入居した入居者さんたちから、毎晩のように苦情の電話が寄せられるようになったのです。

「 2階のAさんが一晩中大声で歌っています 」
「 Aさんが物件の前で、大家さんの悪口を触れ回っていますよ 」
「 うちの娘が不審者にストーカーされて困っています。何とかしてくれないなら引越しを考えます! 」


大家として一番怖いのは、同じアパートの他の部屋に住む善良な入居者さんが迷惑行為に辟易して退去してしまうことです。

最初のうちは、注意をすることで改善を促そうとしましたが、残念ながら会話が通じるような状態ではなかったため、警察に相談することにしました。

警察に相談すると、警察官や刑事さんが現場に駆け付けてくれるので、その場では、一旦は騒動が収まるのですが、警察が帰るとまたすぐに騒ぎが起きるというようなイタチごっこのような状態が続きました。

そのため、仕方なく、裁判を起こして強制的に退去してもらう方針に切り替えることにしました。裁判では、この入居者さんがどれたけ周囲に迷惑行為を働いているか? ということを具体的に証明する必要がありました。

そこで、他の入居者さんのお宅を訪問して、これから退去を求める裁判を起こすつもりであることを説明し、その裁判で使用するため迷惑行為の詳細を記録してもらえるようお願いしました。

最初は、「 入居者さんたちが都合よく、大家の裁判に協力してくれるだろうか? 」と不安もあったのですが、真摯に事情を説明し、協力を求めたところ、多くの方が協力を約束してくださいました。

こうして私はラッキーにも、「 問題入居者さんを退去させるための裁判を共に戦う」という雰囲気を善良な入居者さんとの間で醸成することに成功しました( これは他の入居者さんの退去防止策にもなりました )。

そうして力を合わせた結果、「 被告は、原告に対し、別紙物件目録記載の建物を明け渡せ 」という判決文につながったのです。

■ 問題入居者には毅然とした態度で臨むべし

今回のことでわかったのは、問題入居者が存在した場合は、見て見ぬふりをしたり、お金で解決したりしようとせず、善良な入居者さんと連携して、正攻法で攻めていくのが一番だということです。

他の入居者さんの協力を得て裁判を進めていったおかげで、問題児の退去を実現できる見込みが立ちましたし、他の善良な入居者さんとの関係性も深まりました。とてもいい経験だったと思っています。

本原稿執筆時点で既に2週間の控訴期間が過ぎましたので、「 退去せよ 」の判決が確定しています。あとは自主的に退去していただけるか? 強制執行することになるか? 推移を見守っていきたいと思います。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 脇田雄太さん

健美家ニュース編集部
脇田さんのブログ

安定資産構築の「脇田雄太事務所」代表

専業大家

【 経歴 】

1977年生まれ。大阪府出身。
立命館大学 政策科学部卒業(2001年)。
在学中、通商産業省(現:経済産業省)、日本アイ・ビー・エム株式会社にてインターン後、新卒でリクルートグループ入社。
在職中、大阪府下に中古マンション1棟を購入したのを皮切りに合計7棟32室の投資用物件を取得し独立。
2009年から「脇田雄太事務所」代表として活動中。

『賃貸住宅フェア』『健美家セミナー』など、セミナー実績多数。毎日新聞・日経新聞(電子版)・雑誌等メディアへの登場も。

【 脇田さんの物件一覧 】

  • 1棟目
    大阪府の一棟売りマンション
    フルローンにより購入
  • 2棟目
    京都府の戸建賃貸
    現金購入
  • 3棟目
    長崎県の戸建賃貸
    現金購入
  • 4棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 5棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 6棟目
    長崎県の区分所有マンション
    現金購入

    現在も激安物件を中心に物件を増やしている。

    脇田さんの保有物件その1
    脇田さんの保有物件その2
    脇田さんの保有物件その3


【 脇田さんの著書 】



人生を切り開く「1億円」投資思考


前代未聞!? 30万円以下で不動産投資を始めて小金持ちになろう!


リスクと闘う不動産投資

【 DVD&MP3好評発売中 】


【 感銘を受けたこの2冊 】

ページの
トップへ