• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

56,303アクセス

再建築不可物件を買う理由〜リスクと闘う不動産投資part2〜

脇田雄太さん_画像 脇田雄太さん 第96話

2013/8/12 掲載

今日は、私の「 再建築不可物件 」についての考え方をご紹介します。

「 再建築不可物件 」というのは、例えば、接道幅が2メートル未満であるなど、法律上の要件を満たしていないため、文字通り、将来的にその建物を建て替えることができない( リフォームは可能 )物件という意味です。

こうした物件は全国的に数多く存在しており、ボロ物件投資で物件調査を行っていると、必ず出会うことになります。「 そんな物件をわざわざ取得するなんてとんでもない 」という人も多いのですが、私の考えは異なります。

なぜなら、再建築不可物件には、建て替えができない、融資がつきにくいというデメリット以上のメリットがあることも多いからです。



写真の戸建て( 通路の奥の家 )は旗竿地に建つ再建築不可( 接道幅2メートル未満 )物件です。約50万円で購入後、抜本的リフォームに約100万円を投入し、現在、約4万円で賃貸中です。既に総投資額は回収しました。

■ ボロ物件投資を行う上での問題点はあまりない

再建築不可物件の最も大きなメリットは価格の安さです。再建築不可物件は、同一条件の通常の物件と比較して、数割〜半額以上も売買価格が下がるケースが多...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 脇田雄太さん

健美家ニュース編集部
脇田さんのブログ

安定資産構築の「脇田雄太事務所」代表

専業大家

【 経歴 】

1977年生まれ。大阪府出身。
立命館大学 政策科学部卒業(2001年)。
在学中、通商産業省(現:経済産業省)、日本アイ・ビー・エム株式会社にてインターン後、新卒でリクルートグループ入社。
在職中、大阪府下に中古マンション1棟を購入したのを皮切りに合計7棟32室の投資用物件を取得し独立。
2009年から「脇田雄太事務所」代表として活動中。

『賃貸住宅フェア』『健美家セミナー』など、セミナー実績多数。毎日新聞・日経新聞(電子版)・雑誌等メディアへの登場も。

【 脇田さんの物件一覧 】

  • 1棟目
    大阪府の一棟売りマンション
    フルローンにより購入
  • 2棟目
    京都府の戸建賃貸
    現金購入
  • 3棟目
    長崎県の戸建賃貸
    現金購入
  • 4棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 5棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 6棟目
    長崎県の区分所有マンション
    現金購入

    現在も激安物件を中心に物件を増やしている。

    脇田さんの保有物件その1
    脇田さんの保有物件その2
    脇田さんの保有物件その3


【 脇田さんの著書 】



人生を切り開く「1億円」投資思考


前代未聞!? 30万円以下で不動産投資を始めて小金持ちになろう!


リスクと闘う不動産投資

【 DVD&MP3好評発売中 】


【 感銘を受けたこの2冊 】

ページの
トップへ