• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

21,098アクセス

残置物を安く処理する方法〜リスクと闘う不動産投資part5〜

脇田雄太さん_画像 脇田雄太さん 第99話

2013/11/11 掲載

ボロ物件を買う際、売り主様が高齢で室内を清掃できない等の理由から、売主様が使っていた家具や生活道具などの「 残置物 」が物件に残されたままで売られているケースがあります。

私は、年に何百棟単位の物件を見学していますが、体感値でいうとボロ物件全体の3〜5%程度は残置物が満載です。このような物件を、普通の人は敬遠するようです。

しかし、私にとっては「 お買い得物件を作るチャンス到来 」といったイメージです。手間暇はかかりますが、その分、物件の価格交渉を有利に行えるケースが多いからです。

■ 産廃処分の業者さんへ依頼すれば手間がかからない

残置物への一番オーソドックスな対処法は、地元の産廃処理業者さんにゴミの処分を依頼することです。インターネットで「 ゴミ処分・地名 」等で検索すれば、一般家庭向けのゴミ処分を請け負っている会社や店舗が複数見つかると思います。

2〜3社相見積りを取るだけでも、ある程度のコストダウンは可能です。通常、トラックが横付けできる物件であれば、トラックへの搬入費用を合わせ2t車一杯で2万〜3万円くらいで充分だと思います。

時間のある方は、その前にリサイクルショップに行ったり、職人さんや知人等に「 ご入用の物があればご自由にお持ちください 」と伝えることで、ある程度、荷物を減らせるかもしれません。

■ 職人さんに依頼して家具などを解体してもらう

2番目の方法は、その物件のリフォームをお願いする職人さんやリフォーム会社さんに対して、「 リフォームの前に残置物の処分をお願いできませんか? 」と依頼してみる方法です。

知り合ったばかりの相手にこのようなお願いをすると怪訝な顔をされるかもしれませんが、ある程度関係性のある職人さんやリフォーム会社さんなら、快く引き受けてもらえる可能性が高いと思います。

どうせ、リフォーム工事でもゴミは発生するのですから、元々ある残置物と合わせて処分していただけば効率的です。もちろん、ごみ処分の対価は見積りを依頼した上で支払うようにしてください。

私の経験からすると、産廃処分業者さんに依頼するより、業者さんにお願いした方が、安上がりなケースが多いと思います。

■ 自分でごみ焼却場へ持ち込む

3つ目の方法は、自分で物件所在の地方自治体が運営しているごみ焼却場へ搬入する方法です。通常は、100キログラムあたり600円とか、50キロまで200円といった驚くほどの低価格で処分が可能になります。

ただし、事前にごみを分別する必要がありますし、引き取ってもらえない品目も結構あります。また、自家用車を使うと、一度で運びきれなかったり、愛車を傷つけて結果的に高くつくということも考えられるので注意が必要です。

また、地方自治体によっては不動産投資を行う過程で発生したごみの搬入を認めていない場合もあるかもしれませんので、事前に物件所在の市区町村の担当部署へ事情を説明した上で、ごみを持ち込んでもいいかの確認を取ることをお勧めします。

ここで想定しているケースのごみは、家庭ごみか、事業系ごみか、の判断が曖昧であるため、後々のトラブルを避けるためにも、必ずこの手順を踏むようにしましょう。

■残置物のあった物件の実例



この物件は、初めて中を見学した際、室内に応接机や椅子・テーブルなどがそのまま残されていました。これらの残置物をそのまま引き受ける前提で、安く物件を取得できました。



【 リフォーム前 】
前オーナーが、新築時に設置されていたユニットバスを撤去し、倉庫に改造していました。



【 リフォーム後 】
物件購入後に、残置物と棚を処分し、ユニットバスを新たに設置しました。もちろん、その分の費用を差し引いて、安く買っています。

〜次回に続く〜

★お知らせ1

脇田雄太の新刊『 リスクと闘う不動産投資! 』が発売されました。

不動産投資、最大のリスクは「 無知 」と「 コスト管理 」。ボロ物件投資のリスクと真正面から闘う方法を具体的かつ詳細にお伝えします!



★お知らせ2

11/30( 土 )、健美家さんの主催で『 リスクと闘う不動産投資! 』出版記念セミナー&パーティを開催することになりました。

当日は、ワッキー式不動産投資で大家デビューを果たされた「 だっぺさん 」もゲストとしてお話いただきます。
☆だっぺさんの大家列伝⇒前編後編

出版記念セミナーの詳細・お申込みはコチラ⇒http://www.kenbiya.com/seminar/5706nqz

北海道、九州、四国、東海と、全国から参加のお申込みをいただいているそうです。皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!

プロフィール

■ 脇田雄太さん

健美家ニュース編集部
脇田さんのブログ

安定資産構築の「脇田雄太事務所」代表

専業大家

【 経歴 】

1977年生まれ。大阪府出身。
立命館大学 政策科学部卒業(2001年)。
在学中、通商産業省(現:経済産業省)、日本アイ・ビー・エム株式会社にてインターン後、新卒でリクルートグループ入社。
在職中、大阪府下に中古マンション1棟を購入したのを皮切りに合計7棟32室の投資用物件を取得し独立。
2009年から「脇田雄太事務所」代表として活動中。

『賃貸住宅フェア』『健美家セミナー』など、セミナー実績多数。毎日新聞・日経新聞(電子版)・雑誌等メディアへの登場も。

【 脇田さんの物件一覧 】

  • 1棟目
    大阪府の一棟売りマンション
    フルローンにより購入
  • 2棟目
    京都府の戸建賃貸
    現金購入
  • 3棟目
    長崎県の戸建賃貸
    現金購入
  • 4棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 5棟目
    長崎県の一棟売りアパート
    現金購入
  • 6棟目
    長崎県の区分所有マンション
    現金購入

    現在も激安物件を中心に物件を増やしている。

    脇田さんの保有物件その1
    脇田さんの保有物件その2
    脇田さんの保有物件その3


【 脇田さんの著書 】



人生を切り開く「1億円」投資思考


前代未聞!? 30万円以下で不動産投資を始めて小金持ちになろう!


リスクと闘う不動産投資

【 DVD&MP3好評発売中 】


【 感銘を受けたこの2冊 】

ページの
トップへ