• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,524アクセス

騒音クレームを防げ! 洗濯機のガガガ音低減&原状回復費削減に役立つ便利商品って?

山岡清利さん_画像 山岡清利さん 第112話

2020/8/2 掲載

皆さんこんにちは、山岡清利です。今日は集合住宅における洗濯機の騒音問題がテーマです。

私の所有物件は木造アパートなので、どうしても洗濯機の音が建物内に響いてしまいます。日中でしたら入居者同士お互い様で問題ないでしょうが、深夜や早朝に動かすとやはり苦情が来ますね。

全員に配慮して欲しいですが、よそからの振動音が響いてこないので( マナーに気を付けているから )、自分の音もよそに響いていない( 建物が堅牢で騒音は出ないという認識 )と勘違いしている方もおられます( 苦笑 )

とは言っても、皆さん仕事や学業でお忙しいでしょうから、帰宅して洗濯をするとなると夜や早朝になってしまいます。しかし、これはご近所トラブルの元になります。

そうした不満が溜まりに溜まり、優良入居者様が退去してしまうこともありますので、大家としては無視できません。そして、建物の構造を変える事はできませんが、洗濯機の可動音を低減する事は可能です。

次に紹介するアイテムを洗濯機の足の下に設置すると、騒音問題の改善、そして退去後の原状回復費の削減にも役立ちます。具体的なやり方を紹介します。

■ 洗濯機用振動パッドを用意

SANEI株式会社( https://www.sanei.ltd/ )から販売されている洗濯機用の防振パッドを使います。洗濯機の足の下に敷くとウレタンフォームが床に伝わる洗濯機の振動を吸収して、振動音や駆動音が低減するというものです。

使い方は簡単で、洗濯機の足の下に敷くだけです。ポイントは黒い面を下にすること。簡単すぎますね( 爆 )。



SANEI株式会社 洗濯機用振動パッド( https://www.sanei.ltd/products/pw75/ )。だいたい1,000円くらいで販売されています。



厚みは13mmほど。黒い面は一見ゴムのようですが、ゴムではなくツルツルした素材です。一見すると滑るのではないか?と思いますが、実際に敷くと床にピタリと貼りついて動かなくなる不思議な素材です。

■ 原状回復費用削減にも効果あり

さらに、洗濯機を置く床がクッションフロア( CF )の場合、洗濯機の脚跡や、脚の樹脂がCFに色移りする事を防いでくれますので、原状回復時にかかる費用の削減にもなります。



私の住む北海道では、防水パンなしで、洗濯機を直接床に置くスタイルが一般的です。そのため、退去後にその場所を見ると、画像のように洗濯機の脚がクッションフロアに激しく食い込み脚痕が残っていることがよくあります。

樹脂の色移りは、前の住人の生活痕を強調させてしまいます。これは本当に見苦しい(^_^;) まぁ、次の人もこの上に洗濯機を置けば見えなくなるのですが、内見時の清潔感低下は否めませんね。( 苦笑 )



この振動パッドを正しく敷けば、こうした原状回復時の問題も解消できるわけです。大家として、1,000円のコストを払ってでも、入居ごとに設置する価値はあるように感じています。

入居者さんが、「 このアパートの大家は原状回復に厳しそうだから、敷金を取られないように気を付けて暮らそう 」と勝手にイメージして部屋を綺麗に使ってくれる効果も期待できます。

防水パンがある物件では使う意味がないかというと、そうではありません。この振動パッドを洗濯機の足の下に敷くことで迷惑な騒音を低減できます。ぜひ、使ってみてはどうでしょう?

いまどきの洗濯機のモーター音はずいぶん静かになったものの、どうしても脱水時などの振動音は大きくなりがちです。

この振動パッドを使えば振動が建物躯体に伝わる事を軽減してくれますので、木造や軽量鉄骨はもちろん、RC物件でも床スラブCF直貼りなどの工法物件の騒音対策として効果があります。

せっかく入居してくださったお客様が騒音トラブルで早期退去なんてことにならないように、大家としてできることをやっていきたいですね。次回もお楽しみに (^O^)/

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利さん

ブログ:報告ネット業務日誌

  • 札幌がんばる大家の会会員
  • 北海道大家の会会員
  • ㈱満室研究所役員
  • J-RECメンバー
  • エクシードXメンバー
  • 全国大家ネットワーク北海道支部

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。


■ 山岡さんの所有物件

□2002年
札幌市西区 新築木造AP 6戸

□2003年
札幌市中央区 新築木造AP 8戸

□2004年
札幌市豊平区 中古区分 1戸

□2005年
札幌市西区 新築木造AP 8戸

□2006年
札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント


■ 講演実績

  • 健美家アカデミーセミナー
  • さくら事務所エクシードXセミナー
  • J-REC北海道支部セミナー
  • 賃貸住宅フェア2012in札幌
  • 賃貸住宅フェア2013in東京
  • ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
  • 札幌リスティング協会セミナー
  • 潮産業株式会社セミナー
  • 北央信用組合セミナー
  • 清陽通商株式会社セミナー
  • BUFFALO ITソリューションズセミナー
  • 日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか


■ メディア掲載歴

  • 北海道新聞
  • フジサンケイビジネスアイ
  • 住宅産業新聞
  • 全国賃貸住宅新聞
  • グローバルオーナーズ
  • 家主と地主
  • 常口アトム住宅新聞
  • BIG tomorrow
  • 財界さっぽろ
  • クオリティ
  • PocketClub
  • 北海道文化放送スーパーニュース
  • TV北海道けいざいナビ北海道

ほか


■ 著書

山岡清利さん著書

「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ