• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

12,276アクセス

コスパ最高!入居者も大家も嬉しい3つのプチ設備

山岡清利さん_画像 第74話

皆さん、こんにちは。満室研究所所長の山岡清利です。今回は、お金をかけず、入居者に喜んでもらえる気の利いたプチ設備を紹介します。

入居者様のライフスタイルは十人十色。様々な方がお部屋にお住まいになられますので、あまりレアな設備やとんがった設備を導入しても、お客様の心に響きませんよね。

それなら誰でも必要としている設備、しかもローコストのアイテムを設置した方が、入居者にとっても大家にとってもメリットがあるというものです。

顧客満足度が高まれば退去防止にも一役かうでしょうし、入居促進にも効果が期待できます。今回はそんなローコストで満室経営に役立つ気の利いたアイテムを3つ紹介します。

1、川口技研ホスクリーン



< なぜ必要なの? >

生活する上で洗濯は切り離せません。洗濯する度に晴天という人はいないでしょうし、大気の状態( 黄砂・花粉 )などを避けるために室内干しを強いられる場合もあります。

ちなみに札幌では、冬期に洗濯物を外に干したら凍ります! そんな時に、初めから室内物干し器が設置されていたら嬉しいですよね♪

< おすすめポイント >

@ツッパリ棒を設置されて壁に穴が開く事を回避できる
A悪天候、花粉警報中でも安心して室内干しができる
Bバーは簡単に外せるので生活感を消すことができる

< 注意点 >

ホスクリーン通常用は、天井が高い部屋向き。天井が低い賃貸物件は、バーの短いSSタイプが向いています。DIY設置の場合は、天井の下地に確実にネジ止めしましょう。

ホスクリーンは耐荷重以上の重さが加わると自己破損し、天井と入居者の命を守ります。そうした機能がないものは賃貸向きではありません。ホスクリーンなら不幸な事故を防止できます。



バーは簡単に取り外しできるので、バーを外してしまえば生活感を感じません。バーのバネが8kg以上の荷重で伸び、自ら壊れる事で事故や天井崩落事故を防止するわけです。こうした配慮は大家にうれしいですね。

2、カクダイ洗濯機ニップル



< なぜ必要なの? >

築古物件など洗濯機用の蛇口が普通のままで( 2層式洗濯機+ゴムホース式のやつ )、自動洗濯機のワンタッチ式ではない場合が大半です。

その場合、自動洗濯機用のネジ式ニップルをつけるわけですが、これが意外と難しく、適切に設置しないと漏水の原因となりますし、長年の使用でゴムの劣化やネジが緩む可能性もあります。

全自動洗濯機の場合常に水栓は解放している訳ですので、これは大変危険です。



写真は自動洗濯機用のネジ式ニップルです。設置は意外と難しく、コツがいります。振動に弱く、漏水する事があるので危険です。

< おすすめポイント >

@引越しして、すぐワンタッチで接続完了!
A止水機能付きなので漏水事故完全防止

< 注意点 >

製品はプラスチック製と金属クロームメッキ仕様の2種類があります。築古低家賃物件にクロームメッキタイプをつけると、そこだけ立派で「 浮く 」可能性があるので要注意です。

築年数やくたびれ感などを含め、総合的に判断すると良いでしょう。

3、ノーブランド コートハンガー



< なぜ必要なの? >

普通のコートハンガーです( 苦笑 )。これも、大変好評です。玄関付近にコートハンガーがあると、冬場はもちろん、オールシーズンすごく便利ですよね。

< おすすめポイント >

@頻繁に羽織るアウターを玄関付近に掛けておけるはやはり便利
A雪や雨に濡れたコート・帽子などを、その場で乾かせ便利

< 注意点 >

特段ありませんが、単身物件・ファミリー物件で設置場所を変えても良いでしょう。単身・ファミリー共、玄関付近は好まれます。ファミリー物件で広めの間取りなら脱衣所にも設置すると重宝されますよ。

まとめ

いかがでしょうか? どれも、ボルトオンで簡単に設置できる設備で、入居者様から気の利いた設備と喜ばれること請け合いです。派手な設備や高額な設備も良いですが、それって本当に入居者が喜んでいますか?

こんなプチ設備が複数ついていると、お得感も感じてもらえるのでおすすめです。コストをかけなくても、できることはたくさんあります。ちょっと冷静になって、顧客満足を考えてみてはいかがでしょうか?

次回もお楽しみに〜(^_^)/

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利

ブログ:報告ネット業務日誌

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。

■ 山岡さんの所有物件

2002年
  札幌市西区 新築木造AP 6戸

2003年
  札幌市中央区 新築木造AP 8戸

2004年
  札幌市豊平区 中古区分 1戸

2005年
  札幌市西区 新築木造AP 8戸

2006年
  札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント

・札幌がんばる大家の会会員
・北海道大家の会会員
・竃梹コ研究所役員
・J-REC メンバー
・エクシードXメンバー
・全国大家ネットワーク北海道支部

■ 講演実績

・健美家アカデミーセミナー
・さくら事務所エクシードXセミナー
・J-REC北海道支部セミナー
・賃貸住宅フェア2012in札幌
・賃貸住宅フェア2013in東京
・ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
・札幌リスティング協会セミナー
・潮産業株式会社セミナー
・北央信用組合セミナー
・清陽通商株式会社セミナー
・BUFFALO ITソリューションズセミナー
・日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか

■ メディア掲載歴

・北海道新聞
・フジサンケイビジネスアイ
・住宅産業新聞
・全国賃貸住宅新聞
・グローバルオーナーズ
・家主と地主
・常口アトム住宅新聞
・BIG tomorrow
・財界さっぽろ
・クオリティ
・PocketClub
・北海道文化放送スーパーニュース
・TV北海道けいざいナビ北海道

ほか

■ 著書



「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ