• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

7,528アクセス

外壁補修は入居促進のチャンス!建築当時の状態に戻すなんてありえない!

山岡清利さん_画像 山岡清利さん 第92話

2018/12/2 掲載

皆さん、こんにちは。満室研究所所長の山岡清利です。今回はせっかく外壁補修するなら、空室対策にも効果のある戦略外壁補修をしよう! というお話をさせていただきます。

実例として紹介する物件は、築14年の企画物の木造アパートで、窯業系のサイディングのため爆裂がひどく( 凍害で壁の腐食が激しい )、コーキングも裂け、チョーキングも発生していて、もう限界といった状況でした。

さらに、この物件は企画モノであるため、札幌市内には築年数も外観も設備も間取りもほぼ同じアパートが乱立されています。いってしまえば、どこにでもある物件なわけです。

今回の外壁補修では、単に建築当時に戻すという選択肢もあったのですが、せっかくコストをかけて補修するのですから、「 入居促進につながるようにしよう! 」と、塗装でごまかす補修ではなく、「 入居付けに強くなる外壁補修 」を行いました。そのポイントをお教えします!!

■ 金太郎飴的木造アパートの危険性



札幌市内には、1階が車庫で、2・3階が1DKの単身向けの木造アパートが、本当にあちこちに建設されていて、石を投げれば当たるような状態です( 苦笑 )。

企画モノの収益物件なので、1区画...

この記事は会員限定です。ユーザ会員登録すると続きをお読みいただけます。

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利

ブログ:報告ネット業務日誌

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。

■ 山岡さんの所有物件

2002年
  札幌市西区 新築木造AP 6戸

2003年
  札幌市中央区 新築木造AP 8戸

2004年
  札幌市豊平区 中古区分 1戸

2005年
  札幌市西区 新築木造AP 8戸

2006年
  札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント

・札幌がんばる大家の会会員
・北海道大家の会会員
・竃梹コ研究所役員
・J-REC メンバー
・エクシードXメンバー
・全国大家ネットワーク北海道支部

■ 講演実績

・健美家アカデミーセミナー
・さくら事務所エクシードXセミナー
・J-REC北海道支部セミナー
・賃貸住宅フェア2012in札幌
・賃貸住宅フェア2013in東京
・ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
・札幌リスティング協会セミナー
・潮産業株式会社セミナー
・北央信用組合セミナー
・清陽通商株式会社セミナー
・BUFFALO ITソリューションズセミナー
・日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか

■ メディア掲載歴

・北海道新聞
・フジサンケイビジネスアイ
・住宅産業新聞
・全国賃貸住宅新聞
・グローバルオーナーズ
・家主と地主
・常口アトム住宅新聞
・BIG tomorrow
・財界さっぽろ
・クオリティ
・PocketClub
・北海道文化放送スーパーニュース
・TV北海道けいざいナビ北海道

ほか

■ 著書



「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ