• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,313アクセス

アクセントクロスの失敗事例。本当は教えたくない「木目柄壁紙」を使う際の注意点ーpart2ー

山岡清利さん_画像 第94話

皆さん、こんにちは。満室研究所所長の山岡清利です。

前回は、「 アクセントクロスの失敗事例。本当は教えたくない『 木目柄壁紙 』を使う際の注意点 」として、おすすめの壁紙と避けた方が良い壁紙を紹介しました。

今回は、木目柄の壁紙を施工する時の注意点をお教えしますね。本当は教えたくないのですが、今日だけ特別です( 笑 )

■ 縦貼り?横貼り?どっちで貼るの?


サンゲツTH-9394

例えばこのクロス、写真では横向きの木目ですよね。でも本来は縦柄で印刷されているのです。私は普通に縦貼りはせず、あえて横向きに貼っているのです。



本来は縦の板柄なので、職人さんに何も指示しないと、天井から床へと縦貼りで貼られてしまいます。

この貼り方ですと、天井が高く感じる事ができますが、室内の広がりを感じ難くなり、どうしても狭く感じてしまうのですよね。それに、縦の板目がなんとなくかっこ悪いのです(^_^;)

そのため、私は、下のように横貼りで施工しているのです。



こうすると板目が水平になり、部屋に奥行きが出て広く感じます。壁紙の貼り方ひとつでお部屋が広く見えるなら、やった方がいいですよね。

特に狭めの賃貸物件に向いている貼り方といえるでしょう。驚いた方もいるかもしれませんが、「 壁紙は上から下へと貼る 」という古い考えは、2019年には捨ててしまいましょう。

■ 壁紙に柄によっては、光の向きを考える必要がある!

画像を見てみてください。壁紙ですよ! このリアルさ、凄いですよね。板と板のつなぎ目の影や木目・節に至るまで、本当に精巧に描写されていて、触りたくなるほどリアルな壁紙です。


サンゲツTH-9390を天井に施工

この壁紙の特徴は、無垢材板張りの柄で、板と板のつなぎ目にV字の溝が描かれていることです。V字の谷の一面ですが、光が当たる面は明るく、逆に光が当らない面には影が描かれています。

これがこの壁紙のリアルさの秘密なのですが、リアルゆえに、向きを間違えないようにすることが大切です。日の入ってくる方向と影を合わせないと、落ち着かない感じになってしまうのです。下の絵を見ていただくとわかりやすいと思います。



このTH-9390の壁紙を貼るときは、部屋の中で一番陽の光が入る窓側を見つけ、その方向にV字のつなぎ目の影がくるように貼ります。私もこの壁紙を施工する時は、窓から差し込む光の向きを考慮しています。

廊下の天井に施工する場合、壁紙を廊下と並行に貼ることになるので、難しい場合もあるかもしれませんが、できるだけ光の向きを考慮して施工しましょう。

居室の場合、フローリングの向きと同じように貼ることになります。この時もできるだけ光の向きを考えて貼るといいでしょう。向きが合わなければ、別の壁紙にした方がいいかもしれません。

■ リピートを考慮しよう!


サンゲツRE-7511をリビング壁に施工

次に横貼りにするときの注意点です。このクロスは92.5cm幅で、本来は縦貼り施工で横板目になるように作られています。そのため、長く大きな壁に横貼りにすると、リピートが如実に出てしまいます。

リアルで素敵なのですが、赤い矢印のように同じ柄が連続で続いてしまうと違和感がありますので、長く大きな壁に使うのは避けた方が無難です。トイレや脱衣所などに使うとリピートが目立ちにくくて良いでしょう。

とは言っても、このスクラップウッド柄の質感は人気があり、上の画像のお部屋もすでにお申し込みをいただきました♪ やっぱり人気の壁紙ですね(^_^)

■ カタログだけではわからないことがある!

いかがでしたでしょうか? 木目1000番クロスのアクセントクロスの施工の技って意外と奥が深いのですよ。カタログだけではわからない事が非常に多いです。

現場で貼ってから、失敗に気付いたのでは遅すぎる!( 涙 )。このコラムを読んでくれた全国の大家さんの素敵なお部屋作りの参考になれば幸いです。

次回もお楽しみに〜(^_^)/

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 山岡清利さん

山岡清利

ブログ:報告ネット業務日誌

■ 山岡さんの年表

東京でWEB製作運営会社を経営しながら北海道への移住を計画、移住後の収入源確保のために不動産投資の道に進む。

当初の計画では5棟購入し札幌へ移住する予定だったが、市場の変化で遠方からの管理が難しくなり2006年に会社を売却、2007年に札幌に移住する。

得意のDIY技術を生かしたバリューアップリフォームや仲介業者へのアピール方法などを研究し、激戦区で満室経営を続けている。

現在は大家業のかたわら、不動産管理状況巡回報告サービス業「報告ネット」の代表として、札幌に物件を持つ本州の大家さんたち等をサポートしている。

■ 山岡さんの所有物件

2002年
  札幌市西区 新築木造AP 6戸

2003年
  札幌市中央区 新築木造AP 8戸

2004年
  札幌市豊平区 中古区分 1戸

2005年
  札幌市西区 新築木造AP 8戸

2006年
  札幌市中央区 中古木造AP 8戸+テナント

・札幌がんばる大家の会会員
・北海道大家の会会員
・竃梹コ研究所役員
・J-REC メンバー
・エクシードXメンバー
・全国大家ネットワーク北海道支部

■ 講演実績

・健美家アカデミーセミナー
・さくら事務所エクシードXセミナー
・J-REC北海道支部セミナー
・賃貸住宅フェア2012in札幌
・賃貸住宅フェア2013in東京
・ファクターナイン・小野寺燃料セミナー
・札幌リスティング協会セミナー
・潮産業株式会社セミナー
・北央信用組合セミナー
・清陽通商株式会社セミナー
・BUFFALO ITソリューションズセミナー
・日本不動産経営協会(ジャルマ)セミナー

ほか

■ メディア掲載歴

・北海道新聞
・フジサンケイビジネスアイ
・住宅産業新聞
・全国賃貸住宅新聞
・グローバルオーナーズ
・家主と地主
・常口アトム住宅新聞
・BIG tomorrow
・財界さっぽろ
・クオリティ
・PocketClub
・北海道文化放送スーパーニュース
・TV北海道けいざいナビ北海道

ほか

■ 著書



「遠方・地方・激戦区」でも満室大家になる方法

ページの
トップへ