• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

FIREを急いで迷走した過去。FX、情報商材の失敗に学んだ自分の適性。

大野靖弘さん_画像 大野靖弘さん 第10話 著者のプロフィールを見る

2021/11/25 掲載

こんにちは。やっさんです! 私は不動産経営を始めた時、明確に「専業大家になる」という目標がありました。具体的には5年でキャッシュフロー100万円を達成し、不動産賃貸業だけで生活していくというものでした。

その後、大家になってから3年でアパート4棟を買い、キャッシュフローは月に40万円ほどになりました。順調に進んでいるようにも見えますが、自分としてはもっと早く拡大出来るはずという思いがあり、目標までは果てしなく遠く感じました。

その当時は不動産の勉強だけでなく、自己啓発への投資も熱心に行っていました。それは目標達成の為には知識だけでなく、それを実現するための「 マインド 」が重要であると強く感じていたからです。

そんな時、ある転機が訪れます。その頃、ジェームス・スキナーさんの「 7つの習慣パーフェクトマスタープログラム 」という通信講座を受講していたのですが、その中で、「 仕事に関係なく、もっと自由に住みたい場所に住めばいい 」というフレーズを聞き、雷に打たれたような衝撃が走りました。

当時は仕事の関係で、札幌から70khほど、車だと1時間ちょっとかかる場所に住んでいました。すぐに妻に話をして、家族の以前からの願いでもあった、「 地元札幌に戻って子育てをする! 」という目標を実現させることに決めました。

それから数か月後、札幌に念願のマイホームを購入しました。価格は1,350万円の中古戸建です。築年数は私と同じ35年( 当時 )でしたが、リフォームされており日当たりや眺めも良く、札幌中を見た中で一番気に入った物件でした。

新居での新生活=引越しは、長女が小学校に上がるタイミングの6か月後に決めました。ただ、そこから職場へ毎日通うのは現実的ではありません。そこで、引っ越しまでにキャッシュフローを増やして、専業大家でやっていく決意を固めました。

当時のキャッシュフローは40万円。不動産投資を始めて3年かけて辿り着いた数字です。それを、専業大家になる為に、この先6か月で目標の100万円にする必要がありました。それは当時の私には「 大学時代のロン毛に戻す 」のと同じくらい達成困難な目標に感じました。

そこで妻に相談し、目標を100万円から70万円に下方修正する許可をもらいました。その代わり、何としてでもその目標を達成しようと、気合が入りました。

■ 3時半に起きて副業収入を目指すも1円も稼げず

ところがその固い決意のために、方向性がおかしくなり始めます。その当時、焦っていた私は、不動産だけでは間に合わないと判断し、FXの有料講座に入会して勉強を始めました。

それだけでなく、ネットで稼ぐ方法が載っているという情報商材を購入しました。FBを使った仕組みで中身をよく読んでもよくわからなかったのですが、目標を達成するためにやってみることにしました。

そこからは毎朝3時半に起床する生活が始まりました。そして会社に行くまでの時間をそれらの活動にあてました。必死なあまり、本来の道から大きく外れている事も気が付いていませんでした。( 不動産活動10年で唯一の迷走期です。やっさん迷走期 )



そうした生活を半年続け、期限の日が来ました。最終的な成果はどうだったかと言うと、それらでは1円も稼ぐことは出来ませんでした。

FXではお金を掛けないデモトレードでも思うように勝てず、実際の現金を投入するまでに至りませんでした。情報商材も同じで、時間を奪われただけでした。肝心の不動産も限られた時間をさらに他の活動へ分散してしまったため、その間、1棟も取得できませんでした。

どんなことでもそれを極めてお金を稼ぐのは大変な事なのに、甘かったです。その状態ではとても会社を辞められないので、新居には家族だけ先に引っ越してもらい、週末だけ私が通う生活を続けました。

正直、失敗でしたがこの経験があってよかったです。最短最速で「 お金を稼ぐ事 」だけを目標とするのではなく、「 不動産を通じて人間的にも成長する事 」。それが自分の目標なのだと考えるキッカケにもなりました。

半年間色々な活動をやってみて、「 やっぱり自分には不動産が一番合っている 」と感じたのも収穫でした。それからは、よそ見をせず原点の不動産賃貸業を精一杯やっていこうという覚悟が決まりました。

■ 心の声に正直にポジティブな決断を重ねていこう

ちなみに、私は大家になってから5年10か月で専業大家となりました。この間はとても長く感じましたが、今思うと時間やお金の余裕は無かったですが、家族で目標に向かって一致団結できたかけがえのない時間だったと思います。

ゴールは目的地に着いたところがゴールではなく、夢中で目標に向かってがんばっている一瞬一瞬そのものがゴールであり、大きな価値があると感じます。

そして、我が家もあれから時が経ち、築41年となりましたが、サイディングを貼り屋根を塗装し、カーポートを建て、庭も奇麗なガーデニングとなり、ますます気に入った空間となりました。土地値も上がっているので、実勢価格では2,000万円の価値はあるのではと思っています( 笑 )。

あの時、心の声に従って「 住みたい街に住もう 」と決断した事が、今の現実を作り出してくれました。今ご覧頂いている皆さまも、心の声に正直に、少しずつでもポジティブな決断を重ねていくことで、何かが変わるのではないでしょうか。


庭のラベンダー。家族と一緒に植物も70km引越しして元気に咲いています

今日も自分らしく。

やっさん

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 大野靖弘さん

大野靖弘さん

不動産投資家
札幌市在住
家族は妻と何か可笑しい三人娘の5人家族

不動産を通じて「自分らしく生きる」をテーマに活動中
不動産と筋肉の懸け橋になる事が目標

SNS:リンク一覧
健美家コラム:失敗告白


■ 主な経歴

□1980年誕生

□1987年(7才)
母を亡くす

□2002年(23才)
大学卒業後、外資系ブランドに入社

□2004年(24才)
父を亡くす
「人はいつ死ぬか分からない。その時に絶対に後悔しない人生を送らなくては」と強く感じる。
未来に希望が見出せず、2度の転職を経験するも、会社や国に頼る人生ではいけないと悟る

□2010年(30才)
結婚し子供も生まれて幸せを感じながらも、娘に100円の焼き鳥を買うのに躊躇する自分に猛烈に違和感を抱く

加藤ひろゆきさんの書籍を読み、大家になることを決意

□2011年(31才)
1棟目のアパートを購入

□2012年(32才)
2棟目のアパートを購入
年末に火事になる

□2013年
U
築古や新築のアパートで資産を増やす
U
□2017年(37才)
会社を退職し専業大家へ。
ここから築古戸建てを高利回りで再生する手法に挑戦

□2019年(39才)
不動産賃貸業で社会貢献出来ると気付き拡大へ舵を切る
中古RCを3棟取得

□2021年(41才)
これまでに、新築・中古アパート、築古戸建て、区分マンション、中古RCマンションなど29棟122室購入。
そのうちいくつか売却し、現在は計91室を所有し満室時家賃年収は約5,700万円以上。

不動産への恩返しの思いから、これから始めたい方へ向け、セミナー・スクール・交流会の開催の他、ブログ・Youtube・ラジオなどによる情報発信も行っている

ページの
トップへ