• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

14,175アクセス

中古の「ペット可物件」を買って学んだこと

星野陽子さん_画像 第37話

人生で初めての一人暮らしも一年が経ち、だんだんと慣れてきました。家族が近くに住んでいますし、仕事などで忙殺されているので、思ったほど孤独ではないのですが、やはり同居人がいないことに寂しさを覚える時もあります。

でも、私には家族のようなワンコたちがいて、彼らに癒されています。お散歩に行くと、声をかけてくれる人たちもいて、そんなちょっとしたことでも、孤独感は薄れます。

最近はペットとしてイヌを飼う人より、ネコを飼う人の方が増えているのだとか。それは社会の変化も関係していて、イヌの散歩が負担となる高齢者や共働き世帯が増えているからだそうです。

さて、今回はそんな家族同様のペットを飼える賃貸物件について書いてみますね。私もペット可の物件を一棟持っています。購入前にペット可であることがわかり、色々な心配が頭をよぎりました。

「 部屋が汚されてリフォームにお金がかかるのでは? 」
「 鳴き声やニオイのトラブルがあるのでは? 」

それなのに、なぜペット可物件を買ったのかといえば、メリットもそれなりにあるからです。

・ペット可の賃貸物件がまだ少ないので入居者募集で差別化できる( ただしペットが苦手だったり、ニオイや鳴き声を嫌がる人は逃してしまう )
・イヌを飼っている人たちはコミュニケーションをとる人が多く、入居者さんたちの仲がよい
・上記のことから長期に入居してくれる人が多い


そんな感じで心配はありましたが、「 原状回復は入居者さんの責任だし・・・ 」と思って購入しました。

実際に所有してみると、かなり汚されたお部屋もありました。ある部屋のリフォームでは、フローリング、畳、襖などすべて取り換えなくてはならないほど荒らされていました。柱は一部噛まれて修復がほぼ不可能でした。

ただ、この入居者さんは、ペットのこと以外にも様々なトラブルを起こした人で、壁にも( パンチして? )穴を開けていて、タバコのヤニなどもひどく、ペットというより、ご本人の問題という気もします。

ペットに関係することでは、それが一番ひどい経験でした。その他には、たまにおしっこや糞が敷地内や廊下、エントランス、エレベーターにあったり、という程度です。

これらの問題については、「 共用部ではペットを抱きかかえる 」などという規約を作れば、ある程度は解決できそうです。抱きかかえることで、他の入居者に飛びつくなどの迷惑行為も防止できます。

実は、別の物件では、それよりも大変なことがありました。カビとヤニと犬の糞やおしっこのニオイなどがひどくて、丸ごとリフォームすることになったのです。しかも、その物件はペット不可の物件なのです!

その人は許可なく犬を飼っていた上に、ノラ猫に餌を与えていたため、敷地内に入ってくる猫が増えて大変でした。ルールなんて関係ないようです。先ほども書きましたが、やっぱり動物の問題というより、人の問題のような気がします。

さて、ペット可物件の募集条件ですが、「 ネコか小型のイヌ一頭まで 」、「 敷金が多め( 2カ月など ) 」というところが多いようです。私の物件では私が所有する前から決まっていたやりかたを引き継いでいます。

それは、「 ネコまたは小型犬など一頭まで 」という規約です。申込書には、動物の種類を書いてもらっています。また、敷金( 一カ月 )の他、ペット承諾料として家賃の一カ月を入居時にもらっています。

アメリカで妹が部屋を借りた際には、プールやジムなどがある、戸数が多い大型の物件だったせいか、事務所でペットのインタビュー( 面接 )があったそうです。どんな質問があったのでしょうか( 笑 )。

これからペット可の物件を作ったり、ペット用にリフォームをしたりするのであれば、次のような工夫があるといいと思います。

□ 床材
⇒汚れたところだけを交換できるタイルカーペットや、ペット対応床材( 爪をひっかけにくい、傷がつきにくい、滑りにくい )


□ クロス
⇒ペット対応クロス( 強度が高いのでキズがつきにくく、汚れに強い表面なので、水や中性洗剤で汚れをとれる )


自宅を新築したときは、犬のいる部屋には、犬が触れる位置のクロスは汚れるので、腰板をつけ、感電防止にコンセントの位置を高くしてもらいました。

ワンコたちとの旅行では、部屋におしっこをしたり、水をこぼしたりするのが心配。先日泊まった貸別荘では、フローリングがビニールのような素材で、水拭きできれいになるので、安心してゆったり過ごせました。


私の孤独を癒してくれる( 笑 )大切な家族たち

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 星野陽子さん

Yokoさん

職業:特許翻訳者、不動産投資家
独身( 家族は子ども2人と犬2匹 )
夢は旅をしながら仕事や投資をする 旅行投資家&翻訳者&作家になること。

ブログ:不動産投資と大家業

大家列伝【前編】
大家列伝【後編】

■ 星野陽子さんの年表

□2002年
不動産投資の勉強をはじめる。
最初に行ったセミナーはエクシード。

□2003年
東京都板橋区にワンルーム( 区分 )を現金( 440万円 )で購入。

□2004年
JR立川駅から徒歩12分のところに一戸建て( 4LDK、自宅兼オフィスだけれどもキャピタルゲイン狙い )を分離発注で建築。

□2007年
子育てや自宅の建築などで2002年以降、少し休んでいた不動産投資の勉強を再開。藤山勇司さんのセミナー、大家さんの物件見学会、IZUMI塾OBのセミナーや飲み会等に参加。この年、競売物件にも数回、挑戦したが、落札できなかった。買付を入れても一番手になれなかったり、銀行から門前払いされたりという状態が続いた。

□2008年
IZUMI塾第5期を受講し、同期生やOBと話すうちに、借金に対する心理的なハードルが低くなる。

東京都小平市にRC5階建てのマンションを購入
1階と5階は店舗。2階から4階は事務所、2DK、3DKの20戸
約3億円

Yokoさん

□2009年
2003年に購入した板橋区のワンルームを売却。一度も入居者が入れ替わらず、まさに不労所得だった。

□2010年
東京都三鷹市にRC4階建てのマンションを購入
3LDK×21戸
約3億円

Yokoさん

これまでの投資総額は約6億円

■ 著書


陽子さん本
「ユダヤ人と結婚して20年後にわかった金・銀・銅の法則50」(経済界)


陽子さん本
「ユダヤ人大富豪に学ぶ お金持ちの習慣」(総合法令出版)


陽子さん本
「貧困OLから資産6億をつかんだ『金持ち母さん』の方法 」(祥伝社)

ページの
トップへ