• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

13,441アクセス

気づけば7棟43室。不動産投資が僕に与えてくれたもの。

渡辺よしゆきさん_画像 第46話

皆さまこんにちは!
貧乏子沢山大家のよしゆきです(^^

クリスマスシーズンですね。サンタさんが来るのを待ちつつ、子犬のように元気に走り回る子供たちを見ながら、最近、しみじみと思うことがあります。それは、「 不動産投資を始めて本当によかった・・・ 」ということです。

2011年の7月に出会ったオンボロアパート赤鬼荘。そこから私の不動産投資の旅は始まりました。そんなに昔のことでもないのに、とても遠い思い出のように感じます。

購入時、空室率75%だった赤鬼荘は、所有権の移転後7日目にして床下浸水の瑕疵が発覚。それから790日にも及ぶ本人訴訟を行ったものの、結果は不本意なもので、この頃は苦しい思いを常に胸に抱えた状態でした。

また、40日目には2人しか居なかった入居者様のお一人が亡くなっているのが発見されました。これにより空室率は87.5%まで上昇。その後、土砂災害警戒区域の選定検査まで入ります・・・。

正直、アパートを買って最初の頃は、それまでの私の人生においてもトップレベルのアクシデントが続きました。でも、私は歯を食いしばりつつ、その困難を乗り越えて8カ月で満室にする事ができたわけです。

それはとても苦しい8カ月でしたが、その過程において、大家さんとして大きく成長できた事を思えば、いま思えばとても貴重な、何事にも代えがたい日々だったように思えます。

オカシイですよね? 次々と続いたピンチの連続が「 何事にも代えがたい日々 」だったなんて。(^^

でも、これは事実なんです。なぜなら、「 人は困難を乗り越えた時、一回りも二回りも大きくなれる 」から。赤鬼荘にまつわる数々の経験は、それをハッキリと体現してくれました。

赤鬼荘のアクシデントにも心を折らず、前に進んできた結果、私は様々な物件を購入することになりました。地方、都内、築古、新築、マンション、アパート、戸建て、借地、再建築不可・・・。

そして、気付けばゆっくりと、自分のペースではありますが、7棟43室を所有する事になっていたのです。

もとの収入が300万円以下だったため、家賃収入が本業の収入を上回るのに時間はかかりませんでした。贅沢に興味はありませんが、3人の子を持つ父としては、毎月の家賃収入が安心感につながっていることは間違いありません。

それだけではありません。私のような男が、「 行動する大家さんの会 」の創設メンバーとなり、更には全国規模の団体「 全国大家ネットワーク 」の活動に参加して、全国の大家さんを繋げるお手伝いをすることもできました。

これらの活動を通し、全国津々浦々、様々な場所の大家さんと交流を持てました。その結果、自分にとってかけがえのない存在といえる、「 人生の仲間 」たちと出会えました。

そして今年は、「 本当に大家さんの為に働ける不動産屋さんを創ろう! 」と数人の大家さん、不動産屋さんと協力し「 みまもルーム 」という管理会社を設立することにもなりました。

数年前までの私は、小さな町の小さな商店を継ぐ「 小さな世界の住人 」でした。壊れた時計を修理し、家電をお客様の家まで運び、お年よりたちの話し相手をする日々。そんな毎日を、自分なりに楽しんでいました。

しかし、あれから4年経った今、私の生活は大きく変わりました。あの頃も、家族の笑顔に囲まれた自分は幸せな男だと思っていました。でも、今はもっと面白くて、毎日がワクワクしています。

不動産投資を始めて、私にはどんどん新しい目標が生まれました。大家になる前は、まさか数年後の自分が、全国各地に夢を語れる仲間を持ち、不動産屋まで起業しているとは想像もしませんでした。


「 不動産には人生を変える力がある! 」


これはつい先日、酒席を囲い夢を語り合った際に、仲間の一人が呟いた言葉です。私だけではありません。多くの仲間が、不動産投資をスタートして、人生を大きく好転させました。

改めて考えると、不動産投資で得た一番の財産は、大人になっても夢を語り合い、お互いの夢を応援しあえる仲間ができたことかもしれません。

サンタクロースは、大人にはプレゼントを運びません。大人がハッピーになるには、自分自身が自分のサンタクロースになる必要があります。

そういう意味で、「 不動産投資をする 」という決断ができたことは、私が、私自身のために与えた過去最高の贈り物だったと思っています。

今では自分の人生の中心になったこの大切な贈り物を、これからも大切に育てつつ、これを糧に、たくさんの人生経験を積み重ねていきたいと思っています。

☆追伸
さて、健美家さんでコラムを書かせていただく事となり、はや3年。大変多くの皆様に「 面白い! 」と言って頂き、私は本当に幸せ者でした。毎月の連載は今年一杯となり、今後は不定期での掲載となります。

健美家に集いし投資家ならびに大家の皆様、3年間本当にありがとう御座いました!(*^_^*) 今年もあと1週間ですね。みなさま、メリークリスマス。そして、良いお年をお迎えください。

【 よしゆき今回の格言 】
不動産には人生を変える力がある!


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 渡辺よしゆきさん

よしゆきさん

「空室率75%のおんぼろアパートを満室にしたブログ!」
よしゆきさんのツイッター
よしゆきさんのメルマガ

■ 経歴

現在アラフォーの貧乏零細子沢山兼業大家さんです^^

1973年
東京生まれ

2004年
店舗兼住宅取得

2006年
不動産投資の勉強を始める。浦田健さんや藤山勇司さん、長嶋修さんの著作により多くの基礎知識を得る

2007年
競売により埼玉県越谷市に戸建を落札(表面利回り18%)

2010年
競売物件による賃料収入+鬼のような節制で資金を貯め、 埼玉の山奥にある空室率75%の廃墟寸前アパートを現金一括購入。 1R8戸(表面利回り28%)

しかしこのアパートで・・・7日目にして床下浸水の瑕疵が発覚、 40日目にして2人しか居なかった入居者様のお一人が居室内でお亡くなりになりΣ(゚д゚lll)、 90日目にしてアパート一帯が土砂災害警戒危険区域の選定検査を受ける。(;゚Д゚)!

が、数々の困難を乗り越え、 アパートを再生し8ヶ月で満室に導く。

2011年1月
「行動する大家さんの会(AOA)」を大家さん仲間と共に創立。(初回の勉強会で早くも会場費用自腹の危機を迎える・・・Orz)

2011年5月
全国大家ネットワークに参加
東日本大震災被災者の方を空室に受け入れる運動 「住まいりんぐ」及び「借り住まいの輪」に賛同。現在も被災者の方をアパートに受け入れている。

2011年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを授賞するというラッキーパンチが炸裂する(TへT

2012年3月
茨城県水戸市にRCマンションを取得。 店舗3戸、1DK×4戸、2DK×8戸(表面利回り24%)

2012年6月
新感覚の管理会社「みまもルーム」へ 外部アドバイザーとして参加

2012年7月
東京ビックサイトにて行われた「賃貸住宅フェア2012in東京」にて 講演

2012年9月
土地活用ドットコムのアドバイザーとなる

2012年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを2年連続授賞。史上初の二連覇を達成するというマサカのラッキーキックが炸裂!^^;

AOA勉強会やその他の勉強会にて 自身の経験を伝えるセミナーを多数開催。

「全国賃貸住宅新聞」「家主と地主」「日経新聞」などのメディアにも「汗をかく大家」として多数掲載されている。

■ 所有物件

2013年現在
3棟24室賃貸中

■ 著書

よしゆきさん本

「新米大家VSおんぼろアパート【赤鬼荘】-満室までの涙の240日」(ごま書房新社)

■ 投資に対する考え

「貧乏、暇なし、子沢山」と、元々の属性が低い(年収280万程度)為に 「地に足の付いた堅実な投資」をコンセプトとする。

「弱者の戦略」を練った結果、 実績を積むまでは現金購入を念頭に投資を展開。 競売戸建⇒築古地方アパートとじっくりと実績を積む。

次の段階として、資産の拡大へ。 状況が整った為に2012年に借入れにより物件を取得。しかし返済比率を30%未満に抑える事を重要視する事から地方都市での投資となった。

長期計画から、次の物件は「利回りが低くても近隣の物件」を取得する事を目標とし 年内を目処に購入予定。

また次のステージを目指し、法人による物件取得を模索中。 一方で大家業と言う狭義を飛び出した活動を模索。

様々なボランティア活動の他「この世界をどうやって楽しくしていくのか?」を 同じ目線で「今」を生きる多くの人達と一緒に考え、活動する。

NPO法人「みんなの森」へ賛同し、福島の子供達を東京都下の森への キャンプに招待する活動にも賛同、参加。

ページの
トップへ