• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,674アクセス

NHK赤鬼荘取材記-主婦が不動産投資に興味を持つ時代-

渡辺よしゆきさん_画像 第51話

全国の赤鬼荘ファンの皆様、こんにちは!( 居るのか? ) 貧乏零細子だくさん大家のよしゆきです!(#^.^#)

さて、今回は特別企画! なんと赤鬼荘にNHKの取材が入った事を受けまして「 赤鬼荘取材記 」をお送りいたします〜!

※全国のBBAファンの皆様( いや、だからいるのか? )申し訳ございません。今回はBBAのお話はお休みです。

■ 赤鬼荘がNHK「 シブ5時 」へ出演?

奇跡の「 赤鬼荘地上波初登場 」の事の発端は、健美家華子さんから届いた一通のメッセージでした。

華子さん
「 よしゆきさん、実はNHKさんから赤鬼荘の取材をしたいとのお申し出があるのですが・・・ 」(#^.^#)

よしゆき
「 はぅ!? 赤鬼荘の取材ですか?? 取材して大丈夫ですかね?? 赤鬼荘は基本的に失敗談ですよ? 」(; ・`д・´)

華子さん
「 はい。不動産投資の華やかなりし今だからこそ、失敗談を取材したいとの事なんです 」

ふむ。そうかそうか。( ←何様? )「 失敗談を世に出したい 」というところが私の想いと重なることから、ここは一も二も無く取材をお受けすることにしました!

その番組は水曜日の午後5時よりNHK総合( 1チャンネル )で放送中の「 シブ5時 」という主婦層向けの番組。まずは一度、ディレクターの方とお会いしてお話をする事になりました。

■ 不動産投資失敗の代表者よしゆき

すると、いや〜さすがはNHK!

私のことを事前に良〜く調べあげており「 赤鬼荘事件 」はもとより、「 ヒツジ騒動 」や「 BBA事件 」など、世に出ているほぼ全ての「 よしゆき情報 」は網羅されているご様子です。


赤鬼荘から山へと帰ったヒツジ

取材の趣旨のご説明を受ける中で、私は今の不動産投資の過熱具合とそれに対する私の抱く危惧をお話ししました。するとディレクターさんは、こう続けたのです。

ディレクターさん
「 番組の視聴者は主婦層なんですが、その主婦層にも不動産投資への関心が高く、番組に特集して欲しいとの要望が多いんです。そこで、本当に不動産投資が儲かるのかどうかを現場の方に取材したいなとなりました。

長嶋修先生にマクロ的な解説を頂きつつ、成功大家さんとして山岡清利さんをご紹介し、失敗しちゃったな〜という方の代表例としてよしゆきさんに是非出演して頂きたいのです! 」

よしゆき
「 ・・・。失敗の代表例。うんそうだね。人に言われると何か腹立つけど間違ってない。間違ってないよ・・・。でも、現地取材との事ですが、赤鬼荘は想像より遠いですよ? 覚悟は出来てますか? 」(;´Д`)

ディレクターさん
「 もちろんです! ロケハンはどんなヘンピな山奥にも行きます! 大丈夫です! 」

よしゆき
「 どんなヘンピな山奥・・・、いや何か人に言われると腹立つな。まぁ細かいことはいーや! とりあえず行きましょう! 」(-_-;)

■ 恐るべし、赤鬼荘の呪い!?

こうして何はともあれ取材当日を迎えました。

まずは、ワンボックスカーに乗った取材班の皆さんが文京区のみまもルーム事務所にお越しになり、現在の物件の規模や、何故大家さんになったのかという、私個人についての取材を受けました。

大家さんとしての仕事を見てみたいとのお申し出もあり、一度自宅に寄って掃除道具( 大家さんの最も主な仕事ですw )やらステージングの材料やらウエルカムボックスの材料やらをロケ車に積んで頂く事になりました。

通常でしたら自家用車にそれらを満載し、片道1.5〜2時間の孤独で過酷なドライブなのですが、今回はロケハン運転手付きでラッキー

あ、そうだ! どうせだったら全国賃貸住宅新聞の永井編集長にも声かけて、一緒に行こうかな? なんてピクニック気分でウキウキワクワク。自宅から道具を引っ張り出してスキップしながらロケ車に積んだその時・・・


ガシャーン!


と突如響く轟音。。。なんと、さぁ出発のその時にロケ車が通りすがりの車にブツケられてしまったのです!



代車が来るのが2時間以上掛かるという事になり、まさかまさかの自家用車での赤鬼荘行きが決定・・・


お、恐るべし!赤鬼荘の呪い!(; ・`д・´)


まぁともかくも気を取り直して、ブツブツ言いながらも道はスムーズに流れ、1時間半で赤鬼荘に到着しました。

■ 赤鬼荘を「 青色 」に塗り変えた理由

じゃじゃーん! 全世界初公開! 全賃新聞の永井編集長越しに見えるのが元赤く、現在は青い「 赤鬼荘 」なのです!( ややこしいわ! )





何故青に塗ったのかというと、赤鬼ばかり取りざたされては青鬼が可哀そうでしょ。という事で青に塗りなおした訳なのです!

・・・
・・・

って理由じゃ皆さん納得されないと思いますので真実をお話ししますと( 汗 )、赤鬼荘は山の中の集落にポツンと存在している関係から、ひじょ〜〜〜に虫が多く住民さんが困っていました。

私も掃除のたびに大変な苦労を強いられます。そこで、虫の寄りづらい色を調べたところ、なんと「 青 」。日本の花に青いものが少ないことから、日本の虫は青を視認し辛い事が判明したのです!

赤鬼荘を青に変えてからというもの虫の数が減ったように思えますので、もし虫でお困りの大家さんが物件の塗り直しをお考えでしたら「 青 」がおススメですよ〜!

さて、そんなこんなで赤鬼荘にカメラが入り、現地にて伝説の赤鬼荘事件のあらましをお話しし、それでもリカバッて今ではしっかりと利益を出していることをお話ししました。

そして最後には、

「 賃貸経営は決して楽じゃありません!
片手間で儲かるっていうのは嘘です!
辛いことも多くあります。

しかし、一方でそれらを乗り越えれば、しっかりとお金を残すことが可能な事業です! 」


という事をお話をし、赤鬼荘での取材は無事に終わったのです。

■ 主婦が不動産投資に興味を持つという時代

どれだけの放送がされるかは分かりませんが、私の詳しい話や今は青い「 赤鬼荘 」の映像を見てみたいという( 奇特なw )方は6月14日午後5時よりNHKを是非ご覧ください!!

それにしても、主婦の方が不動産投資に興味を持っているときき、時代も変わったものだと感じました。不動産投資家としても、常に情報をアップデートして、市場に応じた動きをしなければいけませんね。


不動産は、買って終わりではなく、そこからが始まりです!


ということで、以上、今回は特別篇「 赤鬼荘取材記 」をお送り致しました!(^^)/




健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 渡辺よしゆきさん

よしゆきさん

「空室率75%のおんぼろアパートを満室にしたブログ!」
よしゆきさんのツイッター
よしゆきさんのメルマガ

■ 経歴

現在アラフォーの貧乏零細子沢山兼業大家さんです^^

1973年
東京生まれ

2004年
店舗兼住宅取得

2006年
不動産投資の勉強を始める。浦田健さんや藤山勇司さん、長嶋修さんの著作により多くの基礎知識を得る

2007年
競売により埼玉県越谷市に戸建を落札(表面利回り18%)

2010年
競売物件による賃料収入+鬼のような節制で資金を貯め、 埼玉の山奥にある空室率75%の廃墟寸前アパートを現金一括購入。 1R8戸(表面利回り28%)

しかしこのアパートで・・・7日目にして床下浸水の瑕疵が発覚、 40日目にして2人しか居なかった入居者様のお一人が居室内でお亡くなりになりΣ(゚д゚lll)、 90日目にしてアパート一帯が土砂災害警戒危険区域の選定検査を受ける。(;゚Д゚)!

が、数々の困難を乗り越え、 アパートを再生し8ヶ月で満室に導く。

2011年1月
「行動する大家さんの会(AOA)」を大家さん仲間と共に創立。(初回の勉強会で早くも会場費用自腹の危機を迎える・・・Orz)

2011年5月
全国大家ネットワークに参加
東日本大震災被災者の方を空室に受け入れる運動 「住まいりんぐ」及び「借り住まいの輪」に賛同。現在も被災者の方をアパートに受け入れている。

2011年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを授賞するというラッキーパンチが炸裂する(TへT

2012年3月
茨城県水戸市にRCマンションを取得。 店舗3戸、1DK×4戸、2DK×8戸(表面利回り24%)

2012年6月
新感覚の管理会社「みまもルーム」へ 外部アドバイザーとして参加

2012年7月
東京ビックサイトにて行われた「賃貸住宅フェア2012in東京」にて 講演

2012年9月
土地活用ドットコムのアドバイザーとなる

2012年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを2年連続授賞。史上初の二連覇を達成するというマサカのラッキーキックが炸裂!^^;

AOA勉強会やその他の勉強会にて 自身の経験を伝えるセミナーを多数開催。

「全国賃貸住宅新聞」「家主と地主」「日経新聞」などのメディアにも「汗をかく大家」として多数掲載されている。

■ 所有物件

2013年現在
3棟24室賃貸中

■ 著書

よしゆきさん本

「新米大家VSおんぼろアパート【赤鬼荘】-満室までの涙の240日」(ごま書房新社)

■ 投資に対する考え

「貧乏、暇なし、子沢山」と、元々の属性が低い(年収280万程度)為に 「地に足の付いた堅実な投資」をコンセプトとする。

「弱者の戦略」を練った結果、 実績を積むまでは現金購入を念頭に投資を展開。 競売戸建⇒築古地方アパートとじっくりと実績を積む。

次の段階として、資産の拡大へ。 状況が整った為に2012年に借入れにより物件を取得。しかし返済比率を30%未満に抑える事を重要視する事から地方都市での投資となった。

長期計画から、次の物件は「利回りが低くても近隣の物件」を取得する事を目標とし 年内を目処に購入予定。

また次のステージを目指し、法人による物件取得を模索中。 一方で大家業と言う狭義を飛び出した活動を模索。

様々なボランティア活動の他「この世界をどうやって楽しくしていくのか?」を 同じ目線で「今」を生きる多くの人達と一緒に考え、活動する。

NPO法人「みんなの森」へ賛同し、福島の子供達を東京都下の森への キャンプに招待する活動にも賛同、参加。

ページの
トップへ