• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

8,029アクセス

実録!宅建試験!宅建資格の意義とは?

渡辺よしゆきさん_画像 第55話

さて、宅建業の社長として「 宅建資格持ってないのはハズいよ〜な〜!? 」(;´Д`)と一念発起して資格取得に向けて猛勉強をするも、呆然となすがままに試験が終わってしまったエピソードをご紹介した前回。

参照:実録!宅建試験!よしゆき編 序章

自己採点の結果ですがなんと!! 1点足らずで見事不合格。発表も当然にそれにならって不合格となりました・・・( 涙 )

そして今回は、初の宅建試験に不合格となったその後のお話でございます。



頑張ったものの受からなかった事を良い事に( ? )平成28年の私は宅建の「 た 」の字も発する事なく不動産屋の社長としての仕事に没頭しました。試験のプレッシャーのない毎日。

そりゃー毎日が朗らかでしたよぉぉぉぉ〜!( 笑 )

仕事もそれなりに順調でしたし、家族との時間も積極的に増やせました。そんな年が明け平成29年。年明け早々に大きな売買も決まり、まさに絶好調! 宅建資格なんて( 事務所に一人専任の宅建士が居れば )カンケーない!

宅建のバーカ! バーカ!( 以下自粛 )

・・・と当時の私は自分自身を欺いておりました。

「 平成27年宅建士の乱 」に敗れ、敗走した私はいつしか心を病み( 笑 )、宅建試験に背を向け続けていたのです。

振り返ると、それまでの私は宅建資格を軽視していたフシがありました。何故ならそれまでに接した宅建士の方の印象が「 プロ 」として幼稚に思えていたからです。( 全国の宅建士の皆様申し訳御座いませんw )

例えば、私がド素人時代のこと。物件を購入しようと最大手不動産会社の宅建士( 当時は取引主任者だったが便宜上宅建士に統一します )から物件の説明を受けるという機会がありました。

まだそれは重説に入る前の、本当にあたりをつける程度の話し合いだったのですが、その席上で元付の最大手不動産会社の宅建士の方が物件を指し、「 鉄骨造り 」と繰り返し説明していたのです。私は何の気なしに、ある質問をしました。

よしゆき
「 鉄骨造りという事は重鉄ですよね? 見たところALCにタイル貼りだと思いますが、目地をキチンと切ってますかね? 」(´・ω・`)

すると、首から宅建士証をぶら下げた若い宅建士の方がその隣に座るご上司に対して、こう言ったのです。

若い宅建士
「 ALC? ALCってなんのことっすかね??? 」
(*'ω'*)アジアチャンピオンズリーグ・・・?

慌てた上司はその宅建士さんの太もも辺りを、そこそこ音が聞こえるほどのインパクトでグーパンチ( 笑 )

ベテラン宅建士
「 バカっ!外壁のことだ! 」
(;´・ω・)アジアチャンピオンズリークはACLダ!

そうやって部下を恥ずかしそうに注意した上司は、この後自ら、身を乗り出して物件の説明をし始めました。

よしゆき
「 え? マヂなの? 宅建士ってこの程度なの? 宅建試験てALCも知らないで受かる試験なんだ( ´艸`)ヘェェェェ〜 」

このとき、私がそう思ってしまったのも、無理からぬ事ではないでしょうか。だって当たり前でしょ?

自分の扱う商品も知らないで、普通は商売できませんからね!!
( #`―´)

また、私の周りには宅建士資格がなくとも唸るように稼ぐ「 不動産屋 」さんも数多くいらっしゃいました。

「 宅建なんて持っていても売り上げには繋がらないよ! 」
( ゚Д゚)

彼らは口にこそ出しませんが、背中ではそう語っているように見えました。事実、資格の有無をものともせずに、己の実力のみを頼りに業界を生き抜いておられる先輩は少なくないのです。

こうした事から、もしかしたら私の中で「 宅建資格なんて実力には関係ない 」という、少し捻じ曲がったイメージが出来上がってしまったのかも知れません。しかし、その一方で、

宅建士になりてぇぇぇよぉぉぉぉ〜!

と叫びたくなるような事があったのも事実です。

例えば、お客様と商談をした時に私が不動産に関し、熱っぽく理路整然と話を続けたとします。するとお客様は深く頷き納得され、時には感謝さえされる訳です。この時、お客様は・・・

「 不動産って難しいですよね〜! 宅建試験ってさぞや難しかったでしょう? 」
(^◇^)

と、私が宅建士であることを前提にお話をされるのです!
( ;∀;)ハァァァァ~イ

そりゃそうでしょう。

☆ 不動産屋さん = 不動産のプロ ☆

プロならば、宅建士として資格を持っているのが当たり前!
お客様がそう思うのは当然なのです。

そして宅建士とは「 士 」、すなわちサムライです。不動産屋さんとして宅建を持っていない者はどんなに実力があろうと、それは素浪人、野伏どまり!

どんなに強がってみても、これは動かしようのない事実なのです。さらに、戦いに敗れ、立ち上がる事もせずに敗走を続けてしまった私は、もっと質が悪く、単なる落ち武者!!!


ええ。試験落ちましたけど、何か?

何時までたってもどんなに実力があろうと落ち武者!
いつしかそれが、私の中で強烈なプレッシャーとなっている事に気づきました。例えば取引先での打ち合わせの時、先方の宅建士と話し合ったとします。

先方の宅建士
「 ・・・で、よしゆき社長、例のアパートの件なんですけど 」

よしゆき
「 え?? 例のアパート??? 例のって、どれだっけ??? 」

先方の宅建士
「 えーと・・・すみません・・・この漢字、なんて読むんでしたっけ・・・ 」

よしゆき
「 え? これ??? ふつうに芙蓉ですけど。ふ・よ・う 」
(;´・ω・)ヘッ?マヂナノ?

バッカだな〜! 宅建士だったら読めない漢字くらい事前に調べておけよ( 宅建関係なし )! と心の中で笑い飛ばすも、それでも彼はサムライ! 私は落ち武者!

首から下げた宅建士証がチラリと見えると、その瞬間猛烈に私の中で羨望が湧くのです!

あと1点取れていたら・・・
( ;∀;)

またこれはなにも、取引先だけではありません。移動の電車の中でさえ宅建士証を首から下げた人がいると、ぼやっと無言で見つめている自分がいるのです!

もしかしたらそれは、単なる社員証なのかも知れませんが、当時の私は首から何かを下げている人を見かければ気づかないうちにボーっと羨ましそうに見つめていました。

あと1点・・・
あと1点取れていたら・・・
首からアレを下げていたのは奴じゃなくて、オレだったはずなのに・・・( たぶん何かが全て間違っている )


クッ、あと1点だったのに・・・

こんな事を繰り返していたある日、ハタと気づきました!
こもままじゃ不味い。そのうち首ごと、誰かの宅建士証をかっさらうかも知れない…。


嫌だ!このままでは一生負け犬のままだ!
俺は出来る!
俺はサムライになるんだ!!!(´;ω;`)ウゥゥ



たった1点足らずで宅建に落ちたという悔し過ぎる思いから逃げた1年間でしたが、コンプレックスを抱えながら惨めに生きるのは私の性に合いません( 笑 )

平成29年6月、宅建試験まではあと4カ月ほどの時間が残されていたその時、私は宅建試験へのリベンジを誓い再び立ち上がったのです!

【 よしゆき 今回の格言 】
立ち上がるまで時間が掛かってもイイよ! でも絶対に諦めんなよ! 約束だよ!


健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 渡辺よしゆきさん

よしゆきさん

「空室率75%のおんぼろアパートを満室にしたブログ!」
よしゆきさんのツイッター
よしゆきさんのメルマガ

■ 経歴

現在アラフォーの貧乏零細子沢山兼業大家さんです^^

1973年
東京生まれ

2004年
店舗兼住宅取得

2006年
不動産投資の勉強を始める。浦田健さんや藤山勇司さん、長嶋修さんの著作により多くの基礎知識を得る

2007年
競売により埼玉県越谷市に戸建を落札(表面利回り18%)

2010年
競売物件による賃料収入+鬼のような節制で資金を貯め、 埼玉の山奥にある空室率75%の廃墟寸前アパートを現金一括購入。 1R8戸(表面利回り28%)

しかしこのアパートで・・・7日目にして床下浸水の瑕疵が発覚、 40日目にして2人しか居なかった入居者様のお一人が居室内でお亡くなりになりΣ(゚д゚lll)、 90日目にしてアパート一帯が土砂災害警戒危険区域の選定検査を受ける。(;゚Д゚)!

が、数々の困難を乗り越え、 アパートを再生し8ヶ月で満室に導く。

2011年1月
「行動する大家さんの会(AOA)」を大家さん仲間と共に創立。(初回の勉強会で早くも会場費用自腹の危機を迎える・・・Orz)

2011年5月
全国大家ネットワークに参加
東日本大震災被災者の方を空室に受け入れる運動 「住まいりんぐ」及び「借り住まいの輪」に賛同。現在も被災者の方をアパートに受け入れている。

2011年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを授賞するというラッキーパンチが炸裂する(TへT

2012年3月
茨城県水戸市にRCマンションを取得。 店舗3戸、1DK×4戸、2DK×8戸(表面利回り24%)

2012年6月
新感覚の管理会社「みまもルーム」へ 外部アドバイザーとして参加

2012年7月
東京ビックサイトにて行われた「賃貸住宅フェア2012in東京」にて 講演

2012年9月
土地活用ドットコムのアドバイザーとなる

2012年12月
「FPコミュニケーションズ」主催 「金持ち大家さんアカデミー賞」にて最優秀賞MVPを2年連続授賞。史上初の二連覇を達成するというマサカのラッキーキックが炸裂!^^;

AOA勉強会やその他の勉強会にて 自身の経験を伝えるセミナーを多数開催。

「全国賃貸住宅新聞」「家主と地主」「日経新聞」などのメディアにも「汗をかく大家」として多数掲載されている。

■ 所有物件

2013年現在
3棟24室賃貸中

■ 著書

よしゆきさん本

「新米大家VSおんぼろアパート【赤鬼荘】-満室までの涙の240日」(ごま書房新社)

■ 投資に対する考え

「貧乏、暇なし、子沢山」と、元々の属性が低い(年収280万程度)為に 「地に足の付いた堅実な投資」をコンセプトとする。

「弱者の戦略」を練った結果、 実績を積むまでは現金購入を念頭に投資を展開。 競売戸建⇒築古地方アパートとじっくりと実績を積む。

次の段階として、資産の拡大へ。 状況が整った為に2012年に借入れにより物件を取得。しかし返済比率を30%未満に抑える事を重要視する事から地方都市での投資となった。

長期計画から、次の物件は「利回りが低くても近隣の物件」を取得する事を目標とし 年内を目処に購入予定。

また次のステージを目指し、法人による物件取得を模索中。 一方で大家業と言う狭義を飛び出した活動を模索。

様々なボランティア活動の他「この世界をどうやって楽しくしていくのか?」を 同じ目線で「今」を生きる多くの人達と一緒に考え、活動する。

NPO法人「みんなの森」へ賛同し、福島の子供達を東京都下の森への キャンプに招待する活動にも賛同、参加。

ページの
トップへ