• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

3,404アクセス

家族と仲介業者を巻き込んだ満室計画。コロナ禍でも行動を続けてよかった!!

サラリーマン大家ゆめさん_画像 サラリーマン大家ゆめさん 第10話

2021/5/30 掲載

新しい元請会社と契約を結んだことで、マンションの工事は順調に進みました。完成が見えてきた2020年1月初旬、元請会社社長、管理会社と話し合い、1月8日に「 入居者募集 」、3月10日に「 入居開始 」を始めることを決めました。

いよいよここまできたと、私の胸は高鳴りましたが、世の中はコロナ禍で、首都圏を中心に1月8日から緊急事態宣言が発出される状況になっていました。関西においても京都府、大阪府、兵庫県で1月14日から緊急事態宣言が発出されることになりました。

■ コロナの入居募集への影響

その時の私は、不動産賃貸に対するコロナと緊急事態宣言の影響について、次のような仮説を考えていました。

< コロナの影響( 予想 )>

  • リモートワークの浸透よる企業の転勤者向け引っ越し需要の縮小
  • オンライン学習の浸透による新学生向け需要の縮小

< 緊急事態宣言の影響( 予想 )>

  • 宣言下における外出自粛により、オンライン内見の重要度が高まる
  • 繁忙期のずれ( 1月2月の需要が3月にずれる )

私はこの仮説を検証するため、新築マンションの仲介主戦場となる最寄り駅や繁華街にある仲介業者15店舗に対し、セール

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ ユメさん

ユメさん

サラリーマン大家
関西在住

note:不動産投資本当にあった怖い話
ブログ:夢が叶うか不動産投資
Twitter:@yumechoKM


■主な経歴

高卒で一部上場企業就職

組織の論理が優先される会社員に限界を感じ、不動産投資にチャレンジ

2棟購入後、2億4,000万円のマンションの新築にチャレンジするも請負会社が倒産、必死で状況を立て直す

不動産投資の失敗談やサラリーマン大家の気持ちを中心とした情報発信を行う

不動産投資失敗王を目指す(逆境を乗り越えて復活へ)

家賃収入約1,600万円
キャッシュフロー約650万円

ページの
トップへ