• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

5,778アクセス

新築マンションの元請会社が資金難に!そのとき、現場では何が起きたのか!?

サラリーマン大家ゆめさん_画像 サラリーマン大家ゆめさん 第4話

2021/2/22 掲載

私のマンション建築失敗に関する連載コラムへようこそ。

私は2018年2月に2億4,000万円のマンションを建設するため、工事請負契約を締結しました。これまでのコラムでは、スケジュール通りに進まないトラブルや、契約書にないお金を請求された話などをお伝えしてきました。

この工事請負会社( 元請会社 )に関わったことで損失を被ったのは、施主である私だけでなく、下請会社も同じです。今回のコラムでは、元請会社が破綻した( しそうだった )ときに何が起きたかを紹介したいと思います。

■ 工事請負契約の利害関係者たち

まず、この工事の利害関係者を整理します。一棟マンションに限らず、戸建てやリノベーションなど様々な工事の請負契約には、( 規模にもよりますが )多額の資金と利害関係者が発生します。利害関係者は請負契約の中でそれぞれの利益を得ます。

・元請会社:工事受注金額と下請発注金額の差が利益
・下請会社:元請からの工事受注と納品物や作業費との差が利益
・金融機関:融資に対する金利が利益
・施  主:完成物の取得

この利益に基づいて、利害関係者は誠実に業務を行い、様々な業務や納品を行うことがすべての前提になります。



...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

プロフィール

■ ユメさん

ユメさん

サラリーマン大家
関西在住

note:不動産投資本当にあった怖い話
ブログ:夢が叶うか不動産投資
Twitter:@yumechoKM


■主な経歴

高卒で一部上場企業就職

組織の論理が優先される会社員に限界を感じ、不動産投資にチャレンジ

2棟購入後、2億4,000万円のマンションの新築にチャレンジするも請負会社が倒産、必死で状況を立て直す

不動産投資の失敗談やサラリーマン大家の気持ちを中心とした情報発信を行う

不動産投資失敗王を目指す(逆境を乗り越えて復活へ)

家賃収入約1,600万円
キャッシュフロー約650万円

ページの
トップへ