• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

9,093アクセス

大家さんの税金にも影響?!平成29年から始まった新しい医療費控除とは

渡邊浩滋さん_画像 第24話

1.平成29年から大きく変わった医療費控除

確定申告真っ只中、資料整理と集計に四苦八苦している方もいらっしゃるでしょう。税理士事務所もこの時期は、毎年苦労しています( 笑 )。

さて、大家さんの確定申告は、賃貸の収入や経費だけを計算すればよいというわけではありません。サラリーマン大家さんなら、勤務先の給与収入やふるさと納税、株式投資もしているなら株式の譲渡損益など、すべて確定申告で計算をしていきます。

その中で、ちょっと面倒なのが、医療費の集計だったりします。医療費控除は、その年にかかった病院代や薬代などを、所得から控除してくれるものです。

医療費は、家族の分も含められるため、合計すると大きな控除になったりします。ただし、医療費の合計が10万円( その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額 )を超えた部分だけが、控除の対象になります。

つまり、家族合計の医療費が10万円を超えなければ、控除されないことになります。一生懸命集計した結果が、9万円程度で、集計が徒労に終わるなんてことも経験された方もいるのではないでしょうか。

実は、平成29年からこの医療費控除に新しい制度が加わりました。医療費控除の特例として、「 セルフメディケーション税制 」と言われるものです。今日は、この新しい制度について解説します。

2.セルフメディケーション税制とは

セルフメディケーションとは、WHO( 世界保健機関 ) において「 自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当すること 」と定義されています。

つまり、「軽度な病気は、お医者さんにかからずにお薬で治そう」ということです。これを推進することで、国の財政的に圧迫している医療費を削減することに繋がります。

そこで、平成28年度税制改正によって、医療費控除の特例が創設されました。その内容は、次のとおりです。

(1)平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間に自分や家族の特定一般用医薬品等購入費を購入したこと
(2)その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の健康診査や予防接種などを行っていること( ※ )
(3)特定一般用医薬品購入費のうちのうち、1万2,000円を超える部分の金額( 8万8千円を限度 )を控除額とする
(4)医療費控除とこのセルフメディケーション税制は併用できず、どちらかの選択になります


つまり、医療費が10万円を超えてなくても、一定の薬代が1万2,000円を超えるのであれば、控除の対象になるということです。

( ※ )人間ドックなどの健康診断・やインフルエンザなどの予防接種、メタボ検診やがん検診など。( 市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査は対象になりません )。

3.特定一般用医薬品とは

セフルメディケーション税制の対象となる特定一般用医薬品とは、スイッチOTC医薬品と言われるものです。

OTCとは、Over The Counterの略で、カウンター越しで購入する薬ということです。薬局のカウンターの後ろにあって、薬剤師さんの説明がないと購入できない薬をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思います。

つまり、スイッチOTC薬とは、お医者さんから処方されるお薬と同じ成分が入っていて、一般の薬局でも市販されるようになったものを指します。具体的には、厚生労働省のホームページで対象となる品目が公表されています。

参照:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html

現時点で約1,500品目あります。CMなででおなじみの薬がいくつも入ってます。

この品目は、2カ月に1回更新されることになっています。新たにリストに追加された品目については、平成 29 年1月1日以降の購入であれば、リスト掲載前の購入であっても対象になります。

また、同じシリーズの商品でも対象になったり、ならなかったりします。例えば、私が愛用( ? )している「 バファリン 」は、「 バファリンA 」は対象リストには入ってませんが、「 バファリンEX 」「 バファリンプレミアム 」は対象に入っています。

成分の度合いによって異なるのでしょうか。なかなか一般消費者にはわかりづらいと思います。

4.特定一般用医薬品であることの証明

では、医療費の中から、セルフメディケーション税制の対象となる医薬品かどうかをどう判別すればよいのでしょうか?

薬局のレシートと厚生労働省のリストを見比べながら判別するとなると、気が遠くなりそうです・・・。もちろん、そんなことがないようになっています。

平成29年からセルフメディケーション税制の対象となる医薬品を購入すると、レシートに対象商品である旨の記載があったり、対象商品の項目の頭に●や★マークがつくようになっているのです。

5.医療費控除かセルフメディケーション税制どちらが有利か

どちらか有利な方を選択していくので、その判断をしなければなりません。具体例をあげて比較してみましょう。

(1)合計所得金額800万円、医療費15万円(うちセルフメディケーション税制対象が7万円)の場合

○医療費控除 15万円−10万円=5万円
○セルフメディケーション税制 7万円−1万2,000円=5万8,000円
⇒セルフメディケーション税制の方が有利

(2)上記の例で、合計所得金額150万円の場合

○医療費控除 15万円−(150万円×5%)=7万5,000円
○セルフメディケーション税制 7万円−1万2,000円=5万8,000円
⇒医療費控除の方が有利

このように、税制ではどちらを適用した方が有利になるという選択があります。それには数字で判断するしかありません。これは、不動産投資をするにあたっても大切なことだと思っています。まずは医療費から、その練習だと思ってやってみてください。

ちなみに、来年の申告時期に判断することになりますので、ドラックストアーなどの領収書はそれまでにしっかり取っておくようにしましょう。

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

健美家不動産投資コラム

プロフィール

■ 渡邊浩滋(わたなべこうじ)さん

渡辺税理士

税理士・司法書士・大家
渡邊浩滋総合事務所代表

サイト「大家さんの知恵袋」

■ 経歴

大学在学中に司法書士試験に合格

大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当

商社を退職後、税理士試験に合格
その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する

資産税専門の税理士法人に勤務した後、2011年12月、独立開業

税理士の視点と大家の視点からアパート経営を支援するために活動し、税理士・司法書士のワンストップサービスを提供している

2011年、「行動する大家さんの会」を設立

2013年、「一般社団法人 大家さんの道しるべ」代表理事就任

資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演、セミナー講師等、幅広い分野で活躍中

2017年からは日本全国の大家さんを救うべく、フランチャイズ展開を開始。
同じ志を持つ税理士を求めている。

■ 主な著書


大家さん税理士による 大家さんのための節税の教科書(ぱる出版)


大家さんのための超簡単!青色申告(クリエイティブ ワークステーション)


「税理士」不要時代(経営者新書)

ページの
トップへ