• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

子供への事業継承がうまくいかない大家の共通点

渡邊浩滋さん_画像 渡邊浩滋さん 第73話 著者のプロフィールを見る

2021/4/2 掲載

不動産投資である程度の規模になってくると、賃貸経営をどう引き継がせるかに悩んでいる方が多いような気がします。「 子どもが賃貸経営に興味がない 」「 子どもに任せたいけど、心もとない 」とよく相談を受けます。

相続なんてまだまだ先、なんて考えているうちに・・・、ということはよくある話です。早いうちから、事業承継をするための心構えを知っておきましょう。

1.「 わかってくれている 」という勘違い

自分は賃貸経営をがんばって拡大してきた。その親の背中を見て育った子どもだから、「 自分と同じ気持ちで取り組んでくれるだろう 」と思ってないですか?

はっきり言います。
それは勘違いです。

まずは、その子供に対する幻想を捨てるところから始めましょう。

相続・事業承継が上手くいかない原因のほとんどがコミュニケーション不足です。「 こんなに価値観が違うのか 」。これまで会社の上司や部下、取引先に対して散々思わされてきたでしょう。

子どもなら価値観が一緒ですか?

長年同じ屋根の下に暮らしてきたから価値観が似てくることもあるでしょう。しかし、すでに親元から離れているお子さんはどうでしょうか。恐らく環境も変わって、考え方や価値...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

渡邊浩滋さん

渡邊浩滋さんわたなべこうじ

Knees bee税理士法人 代表

プロフィールの詳細を見る

経歴
  • □大学在学中に司法書士試験に合格

    □大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当

    □商社を退職後、税理士試験に合格

    その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する

    □2011年
    「行動する大家さんの会」を設立

    □資産税専門の税理士法人に勤務した後、2011年12月、独立開業

    □2013年
    「一般社団法人 大家さんの道しるべ」代表理事就任

    □2017年
    日本全国の大家さんを救うべく、フランチャイズ展開を開始(同じ志を持つ仲間を求めている)

    □2022年10月法人化
    税理士の視点と大家の視点からアパート経営を支援するために活動し、税理士・司法書士のワンストップサービスを提供している

    資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演、セミナー講師等、幅広い分野で活躍中

閉じる

ページの
トップへ