• 完全無料の健美家の売却査定で、できるだけ速く・高く売却

×

  • 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集

「路線価否認」の最高裁判決が与える大家さんへの影響

渡邊浩滋さん_画像 渡邊浩滋さん 第92話 著者のプロフィールを見る

2022/5/2 掲載

令和4年4月19日に、相続税申告において路線価で評価した不動産を否認した国税と争っていた裁判で、最高裁判決が出ました。

結果は、納税者の敗訴。

判決の前の3月15日に口頭弁論が開かれました。最高裁で口頭弁論が開かれると、高い確率で下級審の判決がひっくり返ってきたことから、納税者の主張が認められるかもと注目されましたが、判断は変わりませんでした。

この裁判は一体何が問題だったのかを整理し、大家さんに与える影響を考えてみたいと思います。

1.事件の概要

不動産( 土地 )の評価を、路線価に基づいてするのは、通達に規定されています。路線価は時価の8割くらいで設定されています( 都心の不動産はもっと大きな開きがあることがあります )

この土地を賃貸していることで、さらに2割程度減額してもらえます。なぜそれが否認されるのか?

通達には、特例があって、
「 この通達の定めによって評価することが著しく不適当と認められる財産の価額は、国税庁長官の指示を受けて評価する 」
と規定しています。

相続税の評価は、時価で評価することが基本です。時価の求め方を通達に規定しているのですが、この通達( 路線価 )で評価することに不都合...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

※ 記事の内容は執筆時点での情報を基にしています。投資等のご判断は各個人の責任でお願いします。

アクセスランキング

  • 今日
  • 週間
  • 月間

プロフィール

■ 渡邊浩滋(わたなべこうじ)さん

渡邊浩滋(わたなべこうじ)さん

税理士・司法書士・大家
渡邊浩滋総合事務所代表

サイト「大家さんの知恵袋」


■ 経歴

□大学在学中に司法書士試験に合格

□大学卒業後総合商社に入社。法務部にて契約管理、担保管理、債権回収などを担当

□商社を退職後、税理士試験に合格
その頃、実家のアパート経営(5棟、全86室)が危機的状況であることが発覚。 経営を立て直すために自ら経営を引き継ぎ、危機的状況から脱出する

□資産税専門の税理士法人に勤務した後、2011年12月、独立開業

税理士の視点と大家の視点からアパート経営を支援するために活動し、税理士・司法書士のワンストップサービスを提供している

□2011年
「行動する大家さんの会」を設立

□2013年
「一般社団法人 大家さんの道しるべ」代表理事就任

資格専門学校の講師、賃貸住宅フェアでの講演、セミナー講師等、幅広い分野で活躍中

□2017年〜
日本全国の大家さんを救うべく、フランチャイズ展開を開始。
同じ志を持つ税理士を求めている。


■ 主な著書

渡邊浩滋さん:著書-1
大家さん税理士による 大家さんのための節税の教科書(ぱる出版)

渡邊浩滋さん:著書-3
「税理士」不要時代(経営者新書)

渡邊浩滋さん:著書-4
税理士大家さん流 キャッシュが激増する無敵の経営 (ぱる出版)

渡邊浩滋さん:著書-5
『 大家さんのための超簡単!青色申告 』【2021-2022度版 】

ページの
トップへ