• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,120アクセス

【不動産投資本】橘玲氏の新刊『幸福の「資本」論』

不動産投資本/書評 ニュース

2017/06/21 配信

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』や『貧乏はお金持ち』などを通じ、投資家に多くのインスピレーションを与えてきた橘玲氏の最新刊が、今回紹介する『幸福の「資本」論――あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』
51OUs7dKKdL人口は減り、ブラック企業がはびこる2017年の日本で、人が「幸せ」を感じながら生きるために必要な要素が今回のテーマである。

不動産投資家が、時には大きな借金をして、家賃収入というキャッシュポイントを増やすことを目指すのは、「幸福」のため。それは、初心者であっても、上級者であっても、変わらない事実だろう。

そして、書籍を始め、世の中にはそのため(不動産投資で成功するため)の情報は溢れている。しかし、不動産投資で経済的自由を得ることが、そのまま「幸福」につながるとは限らない。

・お金が幸せの条件なら、「不幸なお金持ち」が存在するのはなぜか?
・貧しくても幸せな人がいるなら、そうでない人には何が足りないのか?
・お金があるのに、満たされない気がするのはなぜなのか?

上記の疑問に、答えを出すことは、誰に取ってもそう簡単ではないだろう。しかし、本書を読めば、これらの疑問を解決できるはずだ。それも、ポジティブシンキングのような「心の持ち方」や、長財布を持てといった「おまじない」ではなく、誰にでも理解できるロジックで、である。

著者は、幸福の3つの条件として、@自由、 A自己実現、B共同体=絆をあげる。そして、それを支えるのが、@金融資産、A人的資本、B社会資本、であるとし、これらの組み合わせから生じる「人生の8パターン」がそのまま、日本人の「幸運」のパターンにあてはまると述べる。

ここまで読んで、読者は自分が今、どのパターンの人生を歩んでいるのかを知り、自分が目指す幸せのパターンと現実のパターンとのギャップ等を、理解することができる。そしてそれは、自分を目指す場所へと向かわせる地図になる。

本書で紹介される「幸運」は、決して華々しいものではなく、「生きるのに困らない」「こんな人生なら悪くないか」と感じられるような地に足の着いたものだ。だからといって、希望がないわけでない。

それは、世界的に見れば、「この時代の日本に生きられることが特権」であり、いま幸福を感じられなくても、自分の手でそれを築ける環境にあることこそ、何よりの恵みであるという事実が、本書の端々から感じられるからだろう。

「『幸福』は、しっかりした土台の上に設計するべし」とは著者の言葉。本書は、これから土台を築くという人にとっても、土台の上に「幸福」を築きたいという人にとっても、大切な指南書となる一冊である。

著者は別の著書で、不動産投資に対して否定的な見方を述べている。今回も、不動産投資に関する直接的な記述はない。それでも、本書が「大切な一冊」となる不動産投資家は、多いのではないだろうか。

――――――――――――――-

紹介した書籍を健美家会員の中から抽選で5名様にプレゼントいたします。ご希望の方は応募フォームよりご応募ください。

・2017年6月21日(水)〜2017年6月28日(水)の間、応募を受け付けます。
・応募は日本国内の方のみ(発送は国内のみ)とさせていただきます。
・ご応募はお一人様1回限りとさせていただきます。
・当選の発表は商品の発送をもって替えさせていただきます。 (商品の発送は6月下旬を予定しております)

※健美家のユーザ会員登録はコチラから

健美家編集部

プレゼントの受付は終了しました

健美家サイト会員登録で最新コラムやニュースをチェック!

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

ページの
トップへ