• 収益物件掲載募集
  • 不動産投資セミナー掲載募集
  • 収益物件 売却査定

2,771アクセス

【不動産投資本】芸人の矢部太郎さん書き下ろし「大家さんと僕」。大家さんは入居者との情を育めるか?

不動産投資本/書評 ニュース

2017/12/24 配信

お笑いコンビ、「カラテカ」の矢部太郎さんが書き下ろしたエッセイ漫画「大家さんと僕」(新潮社)が、10月の発売以来、好調な売れ行きを記録している。

とあるきっかけから、新宿区にある二世帯住宅の2階に住むことになった矢部さんに訪れた、87歳の女性大家さんとの出会い。

そして、戦前生まれという世代ギャップに戸惑いながらも、1階に住む彼女と次第に仲良くなり、お互い独り身の友人として、二人は温かい友情を深めていく。

お笑い芸人の矢部さんらしいコミカルなツッコミも随所に交えつつ、シンプルで優しい画風と相まって、とてもほのぼのとした気分にさせられる1冊だ。

スクリーンショット 2017-12-23 10.02.20

大家さんは、東京生まれの東京育ち。裕福な家庭に育ちながらも、戦争や疎開、そして離婚といった、さまざまな苦労を経験している。

タクシーで伊勢丹に通い、レストランから毎日の食料品まで、百貨店ですべてをまかなう豪快さを持ちつつ、派手な暮らしはしない。

「ごきげんよう」と、上品な物腰で誰にでも優しく接するが、物言いははっきりしていて、いかにも東京生まれらしい気風の良さが心地いい。

無茶な仕事をする矢部さんを心配したり、彼を家に呼んでお茶をご馳走したりと、懇意にしてくれ

...

この記事は会員限定です。
会員登録(無料)すると続きをお読みいただけます。

健美家会員のメリット

  1. 会員限定物件や非公開物件情報が見れる
  2. 最新のコラムニュース情報がメールで受け取れる

不動産投資ニュースのライターさんを募集します。詳しくはこちら


ニュースリリースについて

編集部宛てのニュースリリースは、以下のメールアドレスで受け付けています。
press@kenbiya.com
※ 送付いただいたニュースリリースに関しては、取材や掲載を保証するものではございません。あらかじめご了承ください。

最新の不動産投資ニュース

ページの
トップへ